【コミカライズ化!】リンドバーグの救済 Lindbergh’s Salvation

旭山リサ

2-3 ★ 姉さん

 美術館を出て、街灯が照らす石畳の道をミミと並んで歩く。

 ――秋の夜は美しい。

 四季の中で、色の濃淡が最も鮮やかだ。けれどもミミと結婚してからは、周囲の視線や気配に敏感になったせいか、どんなに美しいものに心を奪われても、幸せなひとときに水を差す不穏因子ふおんいんしを見過ごすことはない。

「アル。気付いている?」
「ああ、気付いているよ。けられてる」
「やっぱり。ひまなのかしらねぇ?」

 俺たちの背後から、こそこそとした足音が聞こえる。振り返ると誰もいないが、先程からずっと、まとわりつくような視線を感じるのだ。

「誰だと思う? 記者かしら」
「暗くて分からないよ。二人ふたりいるような気がするけど。――ミミ、こっち」

 俺とミミは曲がり角から路地へ身を隠し、尾行者が追いつくのを待つ。突然俺たちの姿が消えたので、尾行者はうろたえているようだ。俺たちの隠れるところの近くまで来たので、暗がりから相手の面持ちをうかがう。黒い外套がいとうまとい、黒髪を二つに束ねた、あどけない少女だ。

「おい、きみ
「ひっ」

 彼女が逃げようとしたので、右手をつかんで引き留めた。

「さっきから俺たちをけていただろう? 君と、もう一人仲間がいるんじゃないかい?」
「か、勘違いです! ゲホッ、ゴホッ」

 少女は膝をつき、激しく咳き込み始めた。
 細い手首は熱を帯びていて、汗でしっとり濡れている。

貴女あなた、大丈夫?」

 ミミがかがんで彼女の背中をさする。
 俺は彼女の額の汗をハンカチで拭った。

「高熱だ。今すぐ病院へ連れて行こう」
「この時間は大抵どこも閉まっているんじゃないかしら。夜間診療の病院を探すのも一苦労ひとくろうよ、アル」

 ――確かに。今は地図も持ち合わせていない。

「一旦この子を宿へ。医者を呼んでもらおう」

「い、いえ、大丈夫……です」

 少女は息も切れ切れに真っ赤な顔で断った。これだけ体調が悪いのに、どうして俺たちを尾行などしていたのだろう。聞きたいことは沢山あるが、急病人を見過ごすわけにはいかない。俺は少女を両腕に抱えた。

「大丈夫よ、すぐにお医者様を呼ぶわね」

 ミミが優しく語りかけ、頭を撫でる。俺は少女を抱えたまま、路地から明るいところへ出た。月光が彼女の面持ちを照らす。

「この子、誕生会にいた女中さんだわ。私たちの挨拶の時に食器を割った……」

「あの子か! 仕事を抜け出してきたのかな」

「アル。この子の小指、入れずみがあるわ」

 ミミが少女の左手をすくいとる。
 花の模様だろうか。小指に入れ墨をするのは珍しい。

「行かないで……」

 少女がミミの手を握り返す。熱にうなされる彼女は何か言おうと、口を大きく開いたかと思うと、急にすぼめ、虚ろな視線でミミをじっと見つめた。その目から一筋の涙が零れ落ちる。

美名みな……ねえさん」

 少女の瞼がゆっくりと落ちる。
 眠る少女を抱えたまま、俺とミミは思わず顔を見合わせた。

「ミミを……美名みなねえさんと言った?」
「い、言ったわ」
美名みなには……妹がいたの?」
「いいえ……でも」

 ミミは数秒黙って考え込んだ。

「とにかく彼女をてもらわないといけないわ」
「そ、そうだね」

 ひとまず俺たちは、高熱にうなされる少女を宿へ連れて行くことにした。

【つづく】

「【コミカライズ化!】リンドバーグの救済 Lindbergh’s Salvation」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く