【コミカライズ化!】リンドバーグの救済 Lindbergh’s Salvation

旭山リサ

1-6 ★ 秋の月夜の睦言

「アル。何を隠しているの?」
「な、何も」
「チャールズと同じで、嘘が下手ね」
「チャールズより俺の方が、ずっと嘘は上手だよ!」
「アル。自分で墓穴掘っているの、分かる?」

 アルの背中へ手を回したけれど、彼はくるりと身をひるがえして逃れた。

「なんだか……とても甘い香りがするわ」
「お茶の香りだよ」
「お茶? わあっ、綺麗な夕日色。一体なんの茶葉なの?」
「め、珍しいものをいただいたから、ミミと飲もうと思って」
「そうなの。――すきあり!」
「あっ」

 私は彼が隠し持っていたものをすくいとった。

「あら、かわいい。この小瓶、ふたうさぎの飾りがついているわ」

 試しに蓋を抜いてみた。

「お茶と同じ甘~い香りがするわ。シロップ?」
「そ、そう! シロップ! 隠し味にと思ってさ」
「そうだったの。それにしてもなんて良い香り……ん? これ、どこかで嗅いだことがある気が……」
「ありふれた香りだよ」

 アルが私の手から小瓶を抜き取り、念入りに蓋を閉めた。

「さあ、冷めないうちに一緒に飲もうよ」
「そうね」

 私とアルは長椅子に隣り合って座ると、夜のお茶会を始めた。

「美味しい。身体がぽかぽかしてくるわね。お茶にお酒を入れた?」
「さっきのシロップにお酒が入っていたみたいだよ」
「なるほど。お酒を入れたお茶って美味しいのよね。これなら何倍でもおかわりできちゃうわ」
「そ、そんなにたくさん飲まない方が……いいんじゃないかな」
「どうして?」
「え、えーと、ほら? 利尿作用りにょうさよう?」

 ――突然、雰囲気の欠片もないことを言うんだから、まったく。

「アル。心ここにあらずといった様子だけど、どうしたの?」

 アルがうつろな眼差しで宙を見つめているので、彼の頬に手を添えて、注意をこちらへ促した。

「アルは酔いやすいものね。気分は悪くない?」
「いや……最高の気分だ。君が隣にいるから」

  アルは私を見つめると、紅茶を置き、急にキスをした。彼の逞しい腕が私の背中にまわり、抱きしめられる。そのまま長椅子にそっと押し倒された。

「アル。ちょ、待っ……」

 抵抗する間もなく、甘い香りのする口づけに酔いしれる。悪戯な彼の手が、綺麗にといた私の髪をあっという間に乱してしまった。

「アル。なんだか今日は……その……」
「どこか変?」

 アルはわざと私の耳元で囁いた。

「世界で一番愛しているよ、ミミ」

 ――こそばゆいったら。

 アルは椅子から立つと、寝そべったままの私を両腕で軽々と抱えた。

「どこに……行くの?」
「寝室。椅子の上は、君もいやだろう」
「うん」

 私は抱えられたまま、彼の胸に自らそっと頭をあずけた。

「俺は聖職者せいしょくしゃで、欲望を我慢してしまうくせがあるから……」

 月光に満たされた部屋の真ん中、純白のシーツの上にそっと寝かされた。

「酔ってでもいないと、不器用な愛しかたしかできないんだ」
貴方あなたが不器用だというなら……私はどうなの?」

  私の上におおい被さった彼のくちびるを、指先でそっとなぞった。

「私は生きることにも不器用で、首をくくろうとしたわ」

「君は賢くて、とても綺麗だ。誰よりも誰よりも」

 彼は私の頭を優しく撫でた。

 ――この人の目に留まる花で良かった。

 自ら散ろうとした私を救ってくれた彼に、生涯を通して愛を捧げたい。

「以前、欲しいものがたくさんあると話していたでしょう? ひとつでも私に叶えられる?」

きみでないと、ひとつも満たされない」

 アルは私の右手を絡め取り、優しく握る。

 「貴方あなたで満たされたいわ、アルフレッド」

 月明かりの部屋で、私たちは深い愛におぼれた。

  つがい睦言むつごとに耳を澄ましながら微睡まどろみに揺蕩たゆたう。

  永久とわに語り継がれる幸せな御伽噺おとぎばなしのように尊い夜だった。

【つづく】

「【コミカライズ化!】リンドバーグの救済 Lindbergh’s Salvation」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く