【コミカライズ化!】リンドバーグの救済 Lindbergh’s Salvation

旭山リサ

【ミミ】 春と夏の狭間 〈前編〉

 春と夏の狭間、私たち夫婦の日常は平穏そのものであった。チャールズが我が家に逃げ込んでくる前のことである。

 春は朧月おぼろづきの淡い光を頼りに語らい、初夏は川のせせらぎに耳を澄ましながら木陰で読書にふけった。緑豊かなこの町には美しいものが至る所にある。二人きりになると彼は私の手を握ってくれた。少しずつだけれど、夫婦らしい自然な触れあいができるようになった。

 ――それなのに、最近のつれなさと来たら、どうしたのかしら。

 アルは今までのように私にれてくれない。

「はっ、まさか私はまた会心かいしん一撃いちげきを喰らわしたんじゃ……」

 最近は寝相も良くなったと思っていたんだけどな。そういえば先日、寝ている間にアルを下敷きにしてしまった。あれが原因かな。

 ――重かったよね。ごめん、アルフレッド。

 夫の背中を見つめる。次の町議会の資料を我が家へ届けてくれた役員さんと、玄関先で楽しそうに歓談するアルフレッド。他者への態度は今まで通りだ。

 ――私の寝相だけが原因? うーん、何か違うような……。

 アルは何かを隠している。女の勘は当たるのだ。
 それから数日が経っても、アルのよそよそしい態度は変わらない。
 もやもやした気持ちを抱えながら、土曜日の朝を迎えた。

「ミミ。そろそろ時間じゃないかい?」
「え、ええ」

 今から町の婦人会に出かけるのだ。婦人会は度々、料理、裁縫、園芸の教室を開いている。「奥様も是非ぜひご一緒に」と誘われるのだが、私は「女性だけの集まり」に少々苦手意識があった。表ではお互いを褒め合っていても、裏でこそこそ陰口を叩いたりするからだ。社交界を出入りしていた頃は、凄まじいおんなのイジメと派閥争はばつあらそいを目にした。

 とはいえ司祭の妻として、時々は顔を出さなければならない。今日は園芸教室で、参加者は花の種をもらえるという。庭に華やぎを与える為に参加することにした。

「何の花の種をもらえるのかしら。楽しみだわ」
「ミミは花が好きだよね?」
「大好きよ。花は見ても育てても癒やされるもの」
「そういうミミの優しい心が俺は好きです」

   ――歯の浮くようなことを、さらりと言ってくれるのだから、もう。

「俺も午前中は少し出てくる。ナンシー、留守番を頼むよ」
「はい、かしこまりました」

 今日は書斎で溜まった仕事をこなすと話していたのに、なぜアルは出かけることにしたのかしら。

 食事を終えた私は出かける支度を始めた。「土いじりをするので動きやすく汚れても良い服で来てください」と事前に通達があった。庭仕事用の服を着て、玄関へ向かう。

「行ってらっしゃい、ミミ」

 二階の書斎からアルが出てきて、吹き抜けの柵に寄りかかる。

「帰りは昼頃になると思うわ」
「そっか。気をつけて」
「うん……」

 ――あのぎこちない笑顔、やっぱり何かある。寝相が原因なら、はっきり言えばいいのに!

 もやもやとした気持ちを抱えたまま私は家を出た。園芸教室が開かれる、婦人会長宅の庭園へ向かう。広い庭に何種類の花があるのか数え切れない。

「まるで天国のように美しいお庭だわ」

 夏の花々に囲まれた小道、砂利の敷き詰め方、天使や噴水の置き位置まで完璧ね。会長は庭造りの天才だ。花壇による仕切りをあえて設けずに、植物の特性や開花の時期を理解して庭を造っているという。会長さんの説明を一言一句聞き逃さないように手帳に記す。

「今日説明したお花の種を皆さんにお配りします。ステキな花を咲かせてくださいね」

 会長さんは種袋を一人一人へ手渡した。教会の庭が美しいのは良いことだ。皆さん、きっと心癒やされることだろう。早速植えようと帰路に就いた私は、書店の看板が目に留まり、寄り道することにした。

【つづく】



【第2幕】でツルリンが「雑草」と間違えて根こそぎ抜いたのは、ミミがもらった「種」が芽吹いたものでした。

プレイバックエピソード  
 2-4 ★ この世の誰よりも恐ろしい
【https://novelba.com/indies/works/936658/episodes/9926783】

「【コミカライズ化!】リンドバーグの救済 Lindbergh’s Salvation」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く