【コミカライズ化!】リンドバーグの救済 Lindbergh’s Salvation

旭山リサ

8-5 ★ 惻隠と愛憐の情

「トーマ殿下。私と妻にかけた嫌疑を撤回して下さい」

 トーマ殿下は無言で俺たちを睨んでいたが、目を細め、口元を三日月形に広げた。

「君は、自分が王子だと結婚前から知っていたのだろう?」
「存じていました」
「ミミさんが〝愛故あいゆえに〟と語ったのが仮に真実として、君には下心があったのではないかい? 何故、ミミさんに結婚を申し込んだのか。君も〝愛故あいゆえに〟と?」

 薄っぺらい感情論では一笑に付される。愛についてかせると心が空っぽな聖職者は多い。「おごらずつつしむ」ことを亡き養父にさとされたが、これだけは主張したい。無学むがくものでも愛について語ることはできるが、人心じんしんみにくさの前では、読書量に裏打ちされた知識と語彙力ごいりょくがものを言うと。

「社交界を追われた彼女の境遇に惻隠そくいん愛憐あいれんじょうつのったからです。私自身、王族からけ者にされたように感じていました」

 俺はミミの肩を引き寄せた。嘘偽りない本心だ。

「妻は他者からの同情が苦手です。彼女に出生を明かすのが遅くなったのは、私の愛は同情と共感に過ぎないと、疑いを抱いて欲しくなかったからです」
「貴方の言葉を信じます、アル」

 ミミは俺の目を見つめ、涙を拭った。

「私と妻への疑いは晴れましたか、トーマ殿下」

 トーマ殿下は否定も肯定もしなかった。沈黙を以て肯定したのか。

「こ……このふざけた葬式を思いついたのは、君なのか? アルフレッド・リンドバーグ」
「いや、私だよ、トーマ」

 ギョーム陛下は含み笑うと、ぎょっとするトーマ殿下から視線を逸らし、聖堂に集まった者たちへ一礼した。

「皆様にはご足労いただき申し訳ない。国の未来を憂いでこそ、チャールズを守る為の策なのです。何卒ご容赦とご理解をいただきたい。――チャールズ、お集まりいただいた皆様へご挨拶を」

 陛下に声をかけられたチャールズは、背筋をぴんと伸ばした。

 彼が眼鏡を外し、カツラを脱ぐと、あちこちから驚嘆の声が上がった。

「この度はご迷惑をおかけひ、誠ひ申し訳ございませむ」

 一番大事なところで噛みまくり。流石チャールズ、然れどチャールズ。天然の弟が笑いを取りにくるとは不覚な。ふき出さないよう必死でこらえた。

「この通りチャールズは無事です。身を守る為、彼は変装をしていました」

 ギョーム陛下は聖堂へ広く視線を渡らせながら語り始めた。

「皆様もご存じですね? チャールズに出された例の暗殺予告のことは」

 暗殺予告を指示したのは陛下本人だと、この場にいる誰が思うことだろう。

「既に犯人に目星はついています。確証を得る為に、アルフレッドに協力を求めたのです。アルフレッドはチャールズを教会に匿ってくれました。先程までのチャールズの変装も、アルフレッドの考えなのです」

 貴族達は誰もが「信じられない」と言った様子だ。

「父上」

 十代前半とみられる黒髪碧眼の少年がトーマ殿下に声をかけた。

「チャールズ殿下はミミさんと裁判で争ったのでしたよね?」
「そ、そうだよ、ヒース」

 ――この子が、ヒース殿下か。

「リンドバーグ司祭は、チャールズ殿下を教会に匿うことで、よしなに計らって欲しいことがあったのではないですか?」

 ――何も無いよ。だがこのガキ、馬鹿じゃないらしい。

「いいえ、何もございません」
「ただでかくまうわけがないでしょう。それとも先に謝礼しゃれいを受け取っていたのですか」
「いいえ、何もいただいておりません。彼は教会で奉仕ほうし活動に専念しました」
「チャールズ殿下が奉仕? 彼は奉仕の意味をご存じなのですか?」

 ――なんだこのクソガキ。チャールズがヒースを嫌いな理由がよーく分かった。俺も大っ嫌いだ。ああ神様、今だけこの醜い心をお許しください。

 チャールズは鋭い眼光でヒースを射貫いていた。

「ヒース殿下のお気持ちも分かります。私も最初、チャールズをかくまうのは気が進みませんでした」
「では、神の御心みこころに従ったのですか? ご苦労様です」

 目上の人間を小馬鹿にしたような口調。礼儀作法を叩き直せと言ってやりたい。

「チャールズ殿下は妻を苦しめました。私も司祭ですが人間です。けれども神学校では、私怨を遠ざけ、己を律することを繰り返し恩師に諭され、精神の鍛錬に努めて参りました。血縁者の不義、私の愛する妻への加害という俗世の大罪の前でも、許しを認めることができるか。主は私に試練をお与えになったのだと、精神美の昇華に心を入れて参ったのです」

 要は「許そうと結構頑張りました」なのだが、こういう生意気なガキを黙らせるには〝難解な発言〟が一番効く。その幼さでは理解できないことも、分かったフリをするのだ。

 案の定ヒース殿下は「なるほど」と一言呈した後は、沈黙に徹した。知恵をつけた自尊心の高いガキは「無学がバレる」ことを恐れると、急に黙る傾向がある。

「チャールズ殿下が来たことで、私も司祭としての未熟さに気付き、彼への考えが変わりました。チャールズ殿下は教会での奉仕を通して、誠の隣人愛に目覚めたようなのです」

「教会での生活は人生の転機となりました。兄上のおかげです」

 チャールズは俺へ歩み寄ると一礼した。

「ミミ。兄上とのご縁をくれた君に感謝申し上げます」
「お二人の良好な関係こそが、私の幸いでございます」

 こういう時、咄嗟に出るミミの言葉に育ちの良さを感じる。教養とは台本のない礼節なのだ。

「アルフレッドが、チャールズの為に動いてくれたことが嬉しい。これこそ兄弟のあるべき姿だ。腹違いというだけで、私たちも気苦労を重ねてきたからね。そうだろう、トーマ?」

 トーマと名を呼ぶ時、陛下は語気を強めた。彼の名が聖堂に反響する。

「チャールズが亡くなれば、アルフレッドが得をするときみは語った。アルフレッドが犯人でないならば、誰がチャールズの命を狙ったのだろう」

 ギョーム陛下は真犯人を見つめながら訊ねた。

【つづく】



次話は明日更新します!

「【コミカライズ化!】リンドバーグの救済 Lindbergh’s Salvation」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く