【コミカライズ化!】リンドバーグの救済 Lindbergh’s Salvation

旭山リサ

8-2 ★ 司祭と爆破

 此度こたびの災難は嵐のように我が身を襲った。
 司祭は毎日祈っているのに、神様は大層な試練をお与えになる。

 ――なんとしても逃げ出してやる。俺は絶対に死なないぞ!

 俺にはまだ生きる目的が山ほどあるのだ。

「ぐー、すー、すぴー」

 見張りの青年が居眠りを始めた。好機だ。 

 縄をほどけないか試行錯誤していると、どこからか大きなとどろきが二回聞こえた。建物がビリビリと揺れ、天井からほこりが舞う。眠っていた見張りが目を開けた。

「ふわわぁ……ケホッ、コホッ。な、なんだぁ?」

 またドーンッと一発落ちた。物置の外がなにやら騒がしい。扉の前を行き交う慌ただしい足音と、男達の怒号が聞こえる。どれくらいの広さの建物に悪党が何人いるのか分からないが、大きな問題が起こったようだ。

「一体何事だ? おい、ここから動くんじゃねーぞ」

 見張りの青年は、様子をうかがいに物置を出た。考えられるとしたら落雷による火事かな。消火に追われているのか見張りはなかなか帰ってこない。

「よし、今のうちに。だいぶ縄がゆるんできたぞ」

 だがまたも邪魔が入る。物置の扉が突然開け放たれ、見覚えのある禿げ頭が飛び込んできたのだ。俺を「生かしてはおけない」と言った悪党である。

「おい、司祭。おまえは人質ひとじちになってもらうぞ!」
「は?」

 この禿げは、やぶから棒に何を言い出すのか。

「俺を……何の交渉に使う気だ?」
「軍だよ! この屋敷を……近衛師団このえしだんが包囲してやがる!」

 ――近衛師団このえしだん? いや待て、ちょっと待て。冗談だろう?

「バ、バリーさん大変です!」

 見張りの青年が物置に戻ってきた。この禿げは、バリーというようだ。

「屋敷の塀が、爆破されました!」
「ば、爆破だとぉ?」
「兵が敷地に入ってきました! 玄関が破られるのも時間の……」

 青年の言葉を爆音がさらう。たった今〝玄関〟が破壊されたようだ。

「つ、捕まったら、しばり首ですよ」
「お、おまえは逃げ道を確保しろ。早く!」

 青年が物置を去った直後、逃げ惑う悪党共の悲鳴と罵詈雑言ばりぞうごんが聞こえてきた。だがそれらが急に静まる。あっという間に粛正しゅくせいされたようだ。俺のとなりで震えている、禿げバリーをのぞいて。

しばり首なんて御免ごめんだ!」

 バリーは鉄扉を閉め、内側から鍵をかけた。上着から折りたたみ式の小刀を出し、冷たい刃を俺の首筋へ近付ける。複数人の足音が物置へ近付き、扉の取っ手がガチャガチャと音を立てたが、急に静かになる。なんだこの静寂せいじゃくは……。嫌な予感がする。

 ――ま、まさかここも爆破するつもりじゃ……。

 予感は最速で当たった。爆音とともに物置の壁が吹っ飛び、大穴が開いたのだ。飛び散った粉塵ふんじんが目と鼻を刺激する。首筋から冷たい感触が遠のき、足元でカランッと音がした。爆発に驚いたバリーが小刀を取り落としたのだ。

 ――今だ!

 バリーが小刀へ手を伸ばした瞬間、俺はゆるめておいた拘束から脱し、彼を思い切り蹴飛ばした。横転したバリーを、突入の兵士らがうっかり踏みつける。彼らはいずれも王家の紋章が刻まれた防具を身につけていた。本当に近衛師団このえしだんだ。

「チャールズ殿下、ご無事でございますか!」

 兵は俺の顔をのぞきこみ、ぎょっと目をいた。

「ア、アルフレッド殿下であらせられますか?」

 ――また〝殿下〟と呼ばれた。

「はい……アルフレッドです」
「ご、ご無事でなによりです。さあ外へ出ましょう」

 兵とともに物置を出る。長い廊下を抜けると大きな玄関広間が現れた。元は立派な屋敷だったのだろうが、どこもかしこもほこりを被り、破壊された玄関扉から湿っぽい夜風が吹き込んでいた。

 玄関から外へ出る。屋敷を囲う塀にも大穴があけられ、庭中に瓦礫が散乱していた。夜空は相変わらずくもっていたが雨は止んでいる。

 悪党共は拘束され、近衛師団の見張りに置かれた。建物の中と外にいた兵の数を合わせると、ざっと三十名弱か。このアジトを攻撃したのは小隊のようだ。兵士らは俺を見ると、仰々ぎょうぎょうしくこうべを垂れた。先程の殿下呼びといい、彼らも俺の秘密を知っているのだろう。

 塀の外に黒塗りの馬車が一台駐まっていた。馬車から出てきたのは、なんと。

「ギョーム陛下! ザックも!」
「あ、アルフレッド? どうして君がここに?」

 陛下は血相を変え、泥濘ぬかるみを駆けてきた。

「救護兵、アルフレッドの手当てを!」

 打ち身や擦り傷程度だったが、大げさに治療されてしまう。

「チャールズがさらわれたと連絡を受けたのだが……そうだろう、ザック?」
「はい。おそらく見張りの者が、アルとチャールズを見間違えたのでしょう。狙われるのはチャールズ殿下だけだろうと我々も思い込んでおりました」
「見張り? 思い込んでいた?」
「陛下の御指示で、リンドバーグ家の外に見張りを置いていたんだ。危険が及んだら対応できるよう、アンダンテの辺境に、この小隊を組ませていた」

 水面下でとんでもない防御策が敷かれていたようだ。

「おかげで命拾いしました。ありがとうございます」

 俺は陛下とザックに事の次第を伝えた。誘拐犯がチャールズと俺を見間違えたこと。「チャールズだけを狙うよう依頼された」と話していたことを。

「ミミは……俺がいないことに気付いているのでしょうか」
「分からない。見張りは報告に飛んできたし、こちらは君の救出に専念していたからね」

 陛下はすまなそうにうつむいた。

「俺が不在の間に、もしもミミの身に何か……」
「その心配は不要だ、アルフレッド。ミミさんは大丈夫だ。トーマの〝筋書き〟によればね」

 陛下はあらかじめ、相手の筋書きを把握していたのか。一体どうやって?

「敵は事を起こした。きみをチャールズと間違えて誘拐した悪党に、トーマの息がかかっているのは間違いない」

 ギョーム陛下は縛られた悪党を見下ろす。悪党は一様に陛下から視線を逸らした。目は口ほどに物を言う。

「この好機を逃すわけにはいかない。私の考えた作戦を実行する」
「陛下。すぐに新聞社へ通達を致しましょう。自分が行って参ります」
「ありがとう、ザック。――誰か、彼に馬を」

 兵の一人が馬の手綱たづなをザックに渡す。ザックは馬の頭を優しく撫でながら、二言三言ふたことみこと語りかけた。軽々とその背にまたがり、夜を駆ける。いつぞや「自分は馬を見る専門」だとか言っておいて、ちゃんと乗れるじゃないか。あんなに急いでどこへ行くのだろう。

「アルフレッド。チャールズのことで頼みたいことがある。馬車の中で説明しよう」

 陛下にうながされるがまま、俺は馬車に乗り込んだ。馬車に吊り下げられたランタンの灯火が、暗い夜道をいていく。これから一体どこへ向かおうというのだろうか。

【つづく】


【関連のある過去エピソード】
 ザックの「自分は馬を見る専門だ」発言
   第1幕 7章-3 ★ もう一つの顔

「【コミカライズ化!】リンドバーグの救済 Lindbergh’s Salvation」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く