【コミカライズ化!】リンドバーグの救済 Lindbergh’s Salvation

旭山リサ

7-9 ★ 愛の理由を探るのは邪推

うらみつらみつのらせていた御方おかたなら、彼の死を望んでいてもおかしくはないでしょう。その涙は罪悪感ですか?」

 悪魔は口元に仄かな笑みを湛えた。
 トーマ殿下の背後に、カツコツコツと二人分の足音が近付く。

「トーマ殿下は私の娘を疑っているのですか」
「とんでもない誤解ですわ」

 私の両親は、振り返ったトーマ殿下を真正面から見据えた。

「私は、ミミさんがリンドバーグ司祭と結婚したと聞いた時から不思議だったんですよ。社交界を退しりぞいてまで、ミミさんがリンドバーグ司祭に惚れ込んだ理由が分からなかった」
「愛に理由がいりますか」
「娘は最良の伴侶を選びましたわ」

 両親がにらみをきかせると、トーマ殿下はにわかひるんだ。

「し、新聞を読みましたよ。リンドバーグ司祭は、ミミさんの初恋の相手だそうですね。初めからチャールズ殿下に愛情は無かったようだ」

 否定する気は無い。遺書につづった通り、姉のような気持ちでチャールズに接したのは本当だもの。

「ミミさんにとっては初恋だったとしても、夫のアルフレッド・リンドバーグは本当に貴女あなたを愛していたのでしょうか、ミミさん?」

 ――本当にアルフレッドは自分を愛しているのか。

 これまで一度も不安に駆られたことがないと言えば嘘になる。

なにか下心があって自分へ救いの手を差し伸べたのではないか、と考えたことは? 例えば名声を得るために。事実彼は、悲劇の女性である貴女あなたを救ったことで、まるで英雄扱いだ」

「ミミの伴侶はんりょ侮辱ぶじょくするのはやめたまえ、トーマ」

 ギョーム陛下がトーマ殿下へ詰め寄った。

「ミミさんの伴侶である以前に、貴方あなたのご落胤らくいんでしょう、兄上あにうえ

 ――やはり知っていたのね。

 ギョーム陛下が沈黙すると、トーマ殿下は勝ち誇った表情で聖堂の者達をぐるりと見回した。

「ここにお集まりの皆さんも一度は耳にしたことがあるでしょう。陛下に隠し子がいるのではないか、と。アルフレッド・リンドバーグこそが、陛下のご落胤らくいんで、チャールズより先に生まれた腹違いの兄なのです」

 愛する夫の最大の秘密が、今この時をもって明かされた。最も忌み嫌う人間の口から。参列者の吐息だけが聖堂へほこりのように舞っては積み重なる。まばたきの音すら聞こえそうなほど続いた静寂において、参列者の百通りには及ぶだろうの表情を目にした。

「私は弟ですから、兄上あにうえのご心痛を誰より察しております。疑いたくない気持ちも、息子の行く末を心配するお気持ちも全て」

 トーマ殿下は生温かい視線を、ギョーム陛下へ注ぐ。

「私はチャールズに暗殺の恐れがあると聞いてから、彼の身を案じ、後ろ暗いところのあるリンドバーグ夫妻の身辺を独自に調査していたのです」

 ――小者こもののザビエルを使って? 笑わせるわ。

「リンドバーグ夫妻は、チャールズ殿下のことをひどく憎んでおられるようでした。当然でしょう? ミミさんの裁判で、チャールズはおとがめ無しだったのですから」

 ――それは邪推じゃすいよ。私はチャールズを許したもの。

「リンドバーグ司祭はチャールズの暗殺を目論もくろんでいたようです。妻の為、自分の為に。チャールズき後、機会を見て自分が落胤らくいんであることを明かし、悲願の玉座を手に入れようとしていたのです」

 ――とんでもないでたらめを思いついたものね。

「ひょっとするとミミさんも司祭の思惑おもわくを承知の上で、ご結婚なされたのではないですか」

 ――知るわけないわ。彼が王の隠し子だと知ったのは結婚後よ。

愛故あいゆえに、彼とちぎりを交わしました」
「けれど貴方あなたのご主人は、そばにいないではないですか」

 ――既視感きしかんがある。同じようなことを裁判でも言われたわ。

 あの時はアルがオスカルと法廷ほうていへ飛び込んできたが、同じような救いが訪れるはずがない。なぜなら彼は。

「アルフレッド・リンドバーグはどこにいるのですか。貴女あなただけが弔問ちょうもんおとずれた理由を教えて下さい」

 ――なんて愚問ぐもんかしら。

「ここにいます」

 私はひつぎを指差した。

 ――誰も一目ひとめで分からなかったの? チャールズの服を着ていたら、誰も……。人のことなんて、みんなちゃんと見ていないのね。

 
ひつぎで眠っているのは、最愛の夫です」


 私はたまらずひつぎに寄りかかった。

「アルフレッドがチャールズと間違えて殺されたんだわ」

 他にどんな理由が考えられるだろう。

 ――アルフレッドはチャールズより少し背丈が高い。

 今夏、二人が横並んで佇んでいる時に気付いた。兄弟でも特徴の異なる点は数え切れないほどある。アルの体格はチャールズよりもたくましく、肩幅も広い。

 ――この事実に気付いたのは、私だけ? ギョーム陛下も気付かなかったの? 息子の判別がつかないなんて。

 ギョーム陛下が気付かなくても、ザックさんなら分かったはずだ。

 ――そういえばザックさんが「近いうちにまた」と言った。

 港で別れ際にザックさんが残した言葉を思い出す。彼は「何が起こるか」知っていたのではないか。

 ――ザックさんはどこ?

 ザックさんは聖堂の壁際にひっそりと佇んでいた。私の視線に気付いた彼は微笑み、こちらへ一礼した。その表情に悲しみの一片いっぺんも見出せないが、彼の心が冷えていないことも、チャールズを誰より心配していたことも私は知っている。だからといってアルフレッドが身代みがわりで亡くなることを望んだはずがない。「夫婦の船出を祈って」と彼から心のこもった贈り物をいただいた。

 それなのに、なぜ今、彼は微笑んだのか。
 あの時「近いうちに会う」と知っていたのか。

 ――まさか。

 慌ててひつぎを再度のぞく。頬を伝う私の涙が遺体の唇を濡らした。すると葡萄色ぶどういろの唇から赤い舌がのぞいて、私の涙を拭った。

「死んでしまえば良かった、とまた考えているだろう?」

 彼の右手が私の左手をつかむ。あっという間に私はひつぎへひきずりこまれた。

「泣かないで、ミミ」

 花のちるひつぎの中で、愛する人と深く吐息を重ねた。

【8章へつづく】





【第7章】をお読みいただきありがとうございます。
【第8章】では、アルフレッドの視点で、ここに至るまでの経緯が語られます。引き続きお楽しみいただければ嬉しいです。

「【コミカライズ化!】リンドバーグの救済 Lindbergh’s Salvation」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く