【コミカライズ化!】リンドバーグの救済 Lindbergh’s Salvation

旭山リサ

7-7 ★ こんなの嘘よ

 日が高く昇るにつれて、朝焼けの小道から夜の影が消えていく。
 昨夜降り続いた大雨で、王都への道は泥濘ぬかるんでいた。

 ――これが夜なら、どこで事故が起こってもおかしくないわ。

 フォルテ川は泥色の濁流だ。河川の上流と下流、どこで事故があったのだろう。こんな川に馬車が落ちたと思うとぞっとする。

 橋を渡り、道なりに進むこと、しばらく。長い森を抜けると、巨大な塀に囲まれた王宮と、山の裾野のように広がる城下町が見えた。

「着いた、王都だ!」
「ここまで本当にありがとう、チャールズ」
「どういたしまして。さあ、大聖堂へ急ごう!」

 王都に入った途端、人も馬車も急に多くなる。先程のように馬車を飛ばすことができず、チャールズはゆっくりと慎重に手綱を操った。

「ねぇ、あれ見て。ミミさんだわ」
「隣にいる女性は誰かしら?」
「ご友人のアラベラさんよ。新聞に載っていたわ」
「あの馬、オスカルくんじゃない?」
「司祭様と法廷に飛び込んだっていう?」
「オスカールくーん」
「ヒヒーン!」

 沿道の人々から声をかけられた。オスカルは子供にも大人気だ。

「ねぇ、手綱を引いている男性は誰かしら?」
「さあ? ミミさんの知り合い?」
「使用人じゃないの?」

 本当だったら一番目立つ人が、地味じみな反応である。

「ミミ、もうすぐ大聖堂だ!」
「とうとう着いたわね」

 大聖堂の双塔には至るところに極彩色の硝子窓がはめ込まれ、階層ごとに天使と聖人の像が飾られている。双塔の中央の足元に設けられた大扉は開放されており、衛兵が警備にあたっていた。黒塗りの馬車が数台、大聖堂の入口に停まっており、喪服の者が次々に入場する。訃報を聞き、大聖堂に駆けつけた貴族たちだろう。

 馬車をつなぎ場に駐めると、私、チャールズ、アラベラは急いで大聖堂の玄関へ向かった。参列者を確認していた衛兵の一人と目が合う。

「ミ、ミミ様? 予定よりも随分お早いご到着ですね?」
「予定? 私がここへ来ると、誰かがおっしゃったのですか?」
「陛下がお迎えの馬車を出したと、うかがっていたもので」

 私たち三人は顔を見合わせた。

「陛下が直々じきじきむかえを? いいえ、来ていませんわ。チャールズ殿下の訃報ふほうを知り、我が家の馬車でここに到着したばかりです」
「左様でしたか。行き違いになったのかもしれませんね。ところでミミさん、後ろの御二方おふたかたはどちら様ですか」
「こちらの御方おかたは、おっとの教会で研修中の神学生マイケルさんです。さる貴族のご出身ですわ。チャールズ殿下には恩義があるそうで、是非にも弔辞ちょうじを申し上げたいと。彼女は、アラベラ・スチュワートさん。私を心配して付き添ってくださったの」
貴女あなたがミミ様のご友人のアラベラさんですね。新聞を読みました」

 アラベラは物腰柔らかに会釈した。

「ミミ様。先程、キャベンディッシュ夫妻がご到着されましたよ」

 ――両親が先に到着しているのね。中に入りやすいわ。

 幼い頃、訃報を聞いたら後回しにせず、すぐに動きなさいと両親に教わった。

「衛兵さん。弔問者ちょうもんしゃは、チャールズ殿下の御尊顔ごそんがんをうかがうことは可能でしょうか」
「は、はい。陛下へいかの特別なはからいでひつぎふたを開けております。ただし右目のお傷がひどくて、その……」
「右目を負傷されたの?」
「はい。お傷があまりに痛々しいので、弔問ちょうもんの皆様が驚かれないよう、眼帯をとりつけております。――さあ、どうぞ中へお進み下さい」

 薔薇窓の光が降り注ぐ回廊を抜けて、聖堂の奥へ入る。長椅子には既に王侯貴族が着席しており、私の姿を見ると途端にざわついた。

「ミミ嬢よ」
「隣にいるのは、弁護士の娘じゃないか?」
「あの男は誰だ? リンドバーグ司祭ではないな」

 社交界のひそひそ話が嫌いで嫌いでたまらなかったけど、久しぶりに聞くと虫唾むしずが走るわ。苛立いらだっていると「ミミ」とあたたかい声で名前を呼ばれた。ひつぎに花を手向け終えたばかりの両親が、こちらへ近付いてくる。

「ミミも弔問ちょうもんに来たのだね?」
「ええ。チャールズ殿下にお別れの言葉をと」
「ミミなら来ると思っていたわ。そちらにいらっしゃるのは……アラベラさんね?」
「私が動揺していたから、心配して付き添ってくださったの」
「まぁ、そうだったの。ありがとう、アラベラさん」

 アラベラはお辞儀をした。

「ミミ。その御方おかたは? おや? きみをどこかで……」

 父がツルリンことチャールズをじっと見る。

「わ、我が家で研修中の、神学生ツルリンさんよ」
「そうかい。ところでアルフレッドくんは?」
「少々……事情があって。主人の代わりに私が先にお別れを、と。――あっ、私としたことが、慌てていておやみの花を失念していたわ」
「故人をいたむ気持ちが何よりも大事だよ。心からの言葉をひつぎに手向けなさい」

 ひつぎに一歩近付くごとに葬式花の香りが濃くなる。

 ――どうか、どうか、間違いであって欲しい。

 恐る恐るひつぎの中をのぞく。

 故人は軍服をよそおっていた。赤髪は花のつゆでしっとりと濡れており、右目は黒い眼帯で覆われている。眼帯の下から、あざと切り傷がのぞく。外傷および内出血だろう。

 哀愁漂う青ざめた死に顔を見つめていると、私の世界から音が消えた。ひつぎに収められた、一つの重大な事実に気付いてしまったからだ。

 ――こんなの嘘よ。

 亡骸なきがらから目を逸らし、棺の前に膝をつく。浮世うきよはかなさと残酷な現実に今はただ打ちひしがれる。近くにいながら助けられなかった、非力ひりきな自分をさばきたい衝動が胸の奥から突き上げた。
 
【つづく】

「【コミカライズ化!】リンドバーグの救済 Lindbergh’s Salvation」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く