【コミカライズ化!】リンドバーグの救済 Lindbergh’s Salvation

旭山リサ

7-1 ★ なぜばれたし、マイケル・ツルリン。

【第7章】は、ミミ が語り手です。



 私の遺書事件以降「ミミ」と名付けられる赤ん坊が増えたという。「アルフレッド」「アルフォンス」「アルバート」も人気急上昇だ。

 逆に「シモン」「ダーシー」「チャールズ」と名付けられる赤ん坊が減ったそうだ。名前の流行は時事に左右されるとはいえ、何ら関係のないシモンさん、ダーシーさん、チャールズさんには良い迷惑だろう。

「シモン・コスネキンのような悪人がいるせいで」
「チャールズ・ヴェルノーンのようなお馬鹿がいるせいで」
「ダーシー・ハーパーのような悪女がいるせいで」

 などなど、同名の方々の小言を直接聞いた。

 愛の伝道師でんどうしシモン、天才てんさいチャールズ、やし系ダーシーもいるだろう。悪党あくとうアルフレッド、肉食系にくしょくけいミミも世界のどこかにいる。同名の分母に応じて悪人も増えるし、その逆もあり得る。

「きっと天使のような優しいミミさんも世の中にいたりして」

 書斎で新聞を読みながらぽつりと呟くと、アルは書きものの手を止めて微笑んだ。

「誰よりもミミは聡明で、優しさと愛にあふれているよ」

「そ、そう? ありがとう、アル」

「内側からにじみ出るかしこさと心の豊かさは、我武者羅がむしゃらに学んで、無心に祈っても得られるものではない。ましてや誰かとあらそって獲得するものでもない。君の精神は数多あまた試練しれんの先にある。自分に自信を持って」

 とても高尚こうしょうな言葉を以て褒められた。「自信を持つ」ことが苦手なのは、失態を恐れているからだ。謙遜けんそんも過ぎると自己嫌悪に繋がるので、心の均衡きんこうを保つのは、今も昔も異世界でも難しい。

 突然、一階から呼び鈴が聞こえた。司祭の家は毎日来客があるけれど、夕食後の訪問者といえば危篤きとくや不幸のしらせだ。一階にいたナンシーがすぐ来客に対応してくれたようだ。私とアルも一階へ下りる。

「あら、アラベラさん。こんばんは」
「なんだか息が切れているようですが……走ってきたのですか?」

 私とアルが声をかけると、

「急ぎお伝えしないといけないことがあって。夜分にすみません」

 彼女は深々と頭を下げた。

「やあ、こんばんは。アラベラさんじゃないですか」

 吹き抜けの二階から、ツルリンが朗らかに声をかける。すると急にアラベラの表情が緊張を帯びた。

「こ、ここ、こんばんは」

 ツルリンが階段を下りてくる。アラベラは視線を右へ左へ逸らして、落ち着きの無い様子だ。この二人、何かあったのかしら。

「あの、ツルリンさん。貴方あなたにどうしても確かめたいことがあって」
「確かめたいこと?」

 アラベラは一つうなずき、こくりとのどを鳴らした。

貴方あなたは、チャールズ殿下なのですか」

 この状況をごまかす言葉が見つからない。アル、チャールズ、ナンシーも口をぽかんと開けたまま固まっている。

 ――なぜばれたし、マイケル・ツルリン。

「ぼ、ぼぼ、ぼくは、おお、王子じゃないですよ! チャ、チャチャ、チャールズ殿下なんて見たことも聞いたこともないです。だ、だだ、誰ですかぁ、それは!」

「このお馬鹿者ばかもの! おまえの名前を知らない国教会の神学生なんているか!」

「国中探したっていないわよ。まったく噛みまくりで動揺して情けない」

「カツラと散髪の甲斐もない。私の努力を水の泡にして!」

 アル、私、ナンシーに叱られたチャールズは「すみません、ごめんなさい」と身を小さくした。アラベラはチャールズに同情の視線を向けている。

「ところでアラベラさん。どうしてツルリンがチャールズだと分かったの?」
「話せば長くなるのですが」

 私たちはアラベラを応接間へ通す。アラベラは王都での経緯けいいを語った。ザビエルの浮気を疑って尾行したこと、そこでシモンと再会したこと、屋根裏からのぞき見た【王子さよなら委員会】の会議のことを。司会がトーマ殿下で、彼の叔父にあたるエリオット殿下や、イメルダ夫人、ペトロ主教、他にも名前の分からない参加者の特徴について、アラベラは事細かに語った。

「そ、それはおそらく……ルイーズ叔母に、パトリシア大叔母だ」

 チャールズはガチガチと歯を鳴らしながら、アルの腕にすがりつく。

「エリオット大叔父上おおおじうえまで僕を……親類縁者全員じゃないか。親族一同諸共もろとも集って……暗殺予告に書いてあった通りだ。ひどい、あんまりだ。血も涙も無いのか」

 チャールズは暗殺予告を書いたのがザックさんだとは知らない。ザックさんと陛下は初めから「チャールズの親類縁者が暗殺を企んでいる」ことに気付いて、わざと文言に盛り込んだと見える。

「ペトロ主教もさよなら委員会の人間だったか。弟のハインツ司祭にトーマ殿下が猫を預けた理由が分かったよ」

 兄のペトロ主教は〝暗殺派あんさつは〟でヒース殿下推し。

 弟のハインツ司祭は暗殺を望まない〝廃嫡派はいちゃくは〟でアルフレッド推し。ハインツ司祭は猫を預けられたけれど、兄のペトロ主教と違い「トーマ殿下親子を快く思っていない」という。

「やはりアレックス主教だけに手紙を出して正解だった。国教会内にチャールズが殺されることを望む、血なまぐさい聖職者がいるということが分かったよ。ペトロ主教だけではないだろう」

 アルは腕組みしてうなった。

「ザビエルが余計なことを告げたばかりに、チャールズ殿下の御身を危険にさらしてしまい申し訳ございません」
「とんでもないです、アラベラさん。この度は危険をおかしてまで、貴重な情報を得てくださり本当にありがとうございます。――おい、チャールズ、泣くのはやめろ。おまえの為に動いてくれる人がたくさんいるんだぞ」

 アルはチャールズの両肩をつかみ、うつむく彼の顔を上げさせた。

「敵におまえの正体をさとられた以上、ここに置くことはできない」

 チャールズの目から大粒の涙がボタボタとこぼれた。

「分かりました。ここを出ていきます。もしも僕が死んだら、とむらいは兄上あにうえにお願いしたい」
馬鹿野郎ばかやろう。他の安全な場所に、おまえをかくまうつもりだ。こういう事態に備えて、いくつか候補を見つけておいた。おまえのことは俺が守ってやる」
「あ、あ、あにうぇぇええ」

 兄弟愛がさらに深まったのは、まぁ感動的として、新たな問題が発生したわ。

兄上あにうえおっしゃいました? 司祭様が……チャールズ殿下の兄上あにうえ?」

 ――ほーらね、バレた。

 アラベラがいることをすっかり忘れて、チャールズが「兄上あにうえ」と二回も口走ってんだから。ダメだこりゃ、誤魔化しきれない。

【つづく】

「【コミカライズ化!】リンドバーグの救済 Lindbergh’s Salvation」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く