【コミカライズ化!】リンドバーグの救済 Lindbergh’s Salvation

旭山リサ

4-6 ★ 秘書ブロンテの不慣れな模倣

「本当にアルになついていますね、驚いた」
「フリルエプロンを通して兄弟愛が深まったらしいわ」
「あの、意味が分からないのですが」
「二人とも大好きなんですって」
「へ、へぇ。意外です」
「あんなにぴったりのエプロン、特注としか思えないわ」
「特注? 奥様のエプロンを?」
「私のじゃなくて、アルのエプロンよ」
「はい?」

 私はザックさんに、フリルエプロンの悲劇を語った。

「奥様、アルは自分でわざわざ着る変態じゃありませんよ。……多分」
「じゃあ、チャールズに女装癖じょそうへきは?」
「殿下の衣装箪笥いしょうだんす女物おんなものはありませんでした。毒針どくばりは山ほど見つかりましたけどね」
「ど、毒針ですって!」
「取り除きましたよ。一本残らず」

 チャールズは気付かないところで、ザックさんに助けられていたのね。

鈍感どんかんで、危機感の無い彼には何度もきもが冷えました。暗殺予告と芋虫いもむしの夕食が出ても、すぐには逃げようとしない。彼はしろ以外の安全な場所を知らなかったんです」

 ――すぐに逃げようとしない? もしかして、この人……。

「チャールズは自分で行き先を決めたように言ったけど、貴方あなたが彼をたくみに誘導したのではなくて? 私たちの教会へ来るように」

 聖職者の多くは他者の心理を見抜くことにけている。人を説得・納得させることに関して、修辞学しゅうじがくきわめたアルは他の追従ついじゅうを許さない。

 ザックさんは表情が顔に出ないけれど、別のやり方で心理をあやつることのできる人間なのではないかしら。チャールズが〝心配もしてくれない薄情者はくじょうもの〟と言っていた。薄情はくじょうともとれる淡泊たんぱくな態度こそが心理誘導だったのでは。

「教会へ助けを求めては、と安全な場所の候補をさとしたのは確かに俺です。奥様とアルの住むアンダンテ教会区について、普段から度々たびたび話していました」
「やっぱり。そうだと思ったわ」
「チャールズ殿下は最善の選択をしましたよ。実はアレックス主教にてられたアルの手紙の全文を読ませていただいたんです。やっぱりアルは優しいですね。あいつの美しい言葉は真似まねしようと思ってもできない」

 ――真似まねしようと思ってもできない?

 ザックさんの言葉にかすかな違和感を覚えた。
 とても〝ザックさんらしくない〟のだ。

「アルが、学生時代に論文を真似まねされたと話していたわ」
「はい、何度も。論破ろんぱされる盗作者とうさくしゃを目の前で見ました」
「文章をぬすむ人の特徴ってある?」
「はい、あります」
「教えてくれる? 私も真似まねされたみたいなの。遺書の文体や、国中にばらまいた手口を、今回の暗殺予告にね」

 彼のまぶたがぴくりと痙攣けいれんした。

「私の遺書のように、暗殺予告を国中にばらまいた理由が分からなかった。怪盗気取りじゃあるまいし、悲願を達成したいのなら、わざわざ予告せず実力行使に出れば良いのに。計画をおおやけにしたことで、さよなら委員会は難航をきわめている。そうじゃない?」

「奥様の言う通り。国中にばらまかれた駄文だぶんによって、さよなら委員会の愚かさと低脳さが世間に周知されましたしね。新聞では、痛快な皮肉をもって、あの予告文が笑いのたねにされています」

 ザックさんは目を細める。

 ――へぇ。なかなか言うじゃない、この人。おろかさと低脳ていのうさが世間せけん周知しゅうちされた、か。

「私……暗殺予告を出した人間は、さよなら委員会の人間ではないと考えているの」

「なぜ委員会の部外者が、わざわざ暗殺予告を出すのです?」

「チャールズのためよ。チャールズは暗殺予告が出る前から変なことが起こっていたと話したわ。そして貴方あなたは私にこう言ったわ。一つにチャールズは鈍感どんかん。二つにチャールズはすぐに逃げようとしなかった。三つに人の言葉を真似まねするのは難しいってね」
「なにかおかしなことを言ったでしょうか?」
「最近〝真似まねするのが難しい〟と思った人がいたの? おそらく貴方あなた真似まねたのは、普段から書き慣れているものと傾向が違ったんじゃない?」

 私はザックさんに視線を合わせたまま、こうもたたみかけた。

「私の遺書にせて、あの暗殺予告を書いたのは貴方あなたかしら、ザックさん」

 ――チャールズに気付かせて、逃がす為に。

「あんなの模倣犯もほうはんの書いた駄文だぶんですよ。俺ならもっと上手に書きます」

 目の前の〝模倣犯もほうはん〟は薄ら笑った。

「学生時代、アルの文章を盗んだ同期生たちはかしこくありませんでした。〝盗作とうさく〟に共通点があるかと奥様はたずねましたね?」
「ええ」
「文章の下からけて見える、下敷きにされたモノの残りを消せない気持ち悪さでしょう。同じ神智しんちに至り、論文が似通にかようのとは別です。例えば、俺とアルみたいにね」
「確かに、貴方あなたとアルには似ているところがあるわ」
かれた神智しんち哲学てつがくが同じだったからですよ。けれどもアルの文章をすすんで真似まねようとは思いません。俺が読書についやした時間も、筆をった時間も、それは長い探求だったからです」

 ――ザックさんは自分の内側から出た言葉を大事にする人なのだわ。自己探求でたものが彼の財産なのね。

「私感ですが、あの暗殺予告は模倣もほう不慣ふなれな人間の駄文だぶんです。誰かに言われるがまま書いたのかもしれませんよ」
「誰かに?」

 あの暗殺予告がチャールズのために書かれたものなら、指示者は一人しか思い当たらない。

「まさか……」

 ザックさんは自分の唇に人差し指を添えた。

「頼まれたら筆をる。仕事はそういうものだ。自分のような秘書ひしょも」

 これ以上私が何をたずねようとも、彼は決して秘密ひみつくちにはしないだろう。

「ただいま! ミミ、ザック!」
「二人にお土産みやげがあるよ。はぁ……なんかつかれた」

 喜色満面のチャールズと、やつれ顔のアルフレッドが戻ってきた。二人は露店で買い求めた肉や菓子の紙袋を抱えている。長椅子に四人並んで腰掛け、夜の海を眺めながらお土産を味わう。

「楽しいなぁ、夜の海はにぎやかで良い。最高だ」

 私の気苦労は、チャールズの脳天気な一言で溜め息に変わった。確かにこの王子は、自分の命がねらわれているという危機感が無い。

「昼間はあまりうろちょろしたらダメですよ、殿下」
「心配は無用だ、ザック。この変装のおかげで、なんとか……」
貴方あなたの声は潮騒しおさいでも変えられません。昼間は猫のように大人しくしていてください。いいですね?」
「そうだぞ、ザックの言うことをちゃんと聞け」
「はい、分かりました」

 ――声?

 アルフレッドは〝声〟だけでそれがザックさんだとすぐに気付いた。

 ――さよなら委員会の人間は、チャールズの声を聞き慣れている知り合いなのだわ。


【つづく】

「【コミカライズ化!】リンドバーグの救済 Lindbergh’s Salvation」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く