【コミカライズ化!】リンドバーグの救済 Lindbergh’s Salvation

旭山リサ

4-3 ★ 不意打ち

「それは後でもいいんじゃない?」
「えっ」

 後ろからアルに、そっと抱きしめられた。

「馬車に乗っている時に悲しい夢を見たんだ。目が覚めたら、君にさわりたくてたまらなくなった」

 耳朶じだや首筋を、彼のくちびるで優しく愛撫あいぶされる。

「好きだよ、ミミ。愛してる」

 口付けの雨に打たれていると、全身が熱を帯び、頭がくらくらとした。後ろから抱き寄せられたままなので、こそばゆくとも逃げられない。私がじたばた暴れると、アルはくすくすと悪戯いたずらげに笑った。

「ぎゃあぁ――っ、な、なんだぁ――!」

 隣の部屋から、チャールズの素っ頓狂な悲鳴が聞こえてきた。

「い、今のって、ツルリンよね?」
「あいつは水を差す天才か?」

 私たちはチャールズのいる隣部屋へ向かう。

「ツルリン、どうした? 悲鳴が……」

 部屋の扉を開けたアルが急に立ち止まったので、私は彼の背中にぶつかってしまった。

「アル、どうしたの急に止まって……え?」
「た、たた、助けて! 兄上!」

 黒い長衣を頭からかぶった、顔の見えない怪しい人物が、チャールズの身動きを封じていたのだ。不審人物は刃物を構えている。チャールズは顔面蒼白で、口をぱくぱく動かした。

「お、おまえは誰だ!」

 アルが距離を縮めると、不審人物は「近付くな」と言わんばかりに刃物の切っ先をさらにチャールズへ近付けた。

「一体どこからこの部屋に入った!」
「お、押し入れです! 中に隠れていたんです!」
五月蠅うるさい。静かにしろ」
「ひ、ひ、ひぃい!」

 不審人物は「暴れるな」と切っ先でチャールズを脅した。

 ――ど、どど、どうしよう!

 私とアル、不審人物とチャールズ。にらみ合いが続く中。

「ふっ……アハハッ」
「え? アル? なんで笑っているの?」
「なんでもなにも。アッハハハハ!」

 抱腹絶倒する夫を、私もチャールズも、不審人物も無言で見つめた。

「なんだよその格好! 武器だって、よく見たらバターナイフじゃないか! そうだろう、ザック・ブロンテ?」

 ――ザックさんですって!

 不審人物がチャールズを解放する。黒い長衣を取り払うと、青い背広を着た、亜麻色の髪に夕日色の目の若い男性が現れた。眼鏡をかけていないので以前と印象が違うけれど、間違いなくザックさんだわ。

「ざ、ザザザ、ザック? どうしてここに? 一体何の真似だ!」
「避難訓練ですよ、チャールズ殿下。これでいつ襲われても、心の備えは完璧ですね」
「おまえのせいで僕の寿命が縮まった!」
「大丈夫。縮んでも一日か二日ですよ。はぁ、慣れないことをして疲れました」
「だったら慣れないことをするな!」
「陛下のご命令に従ったまでです」
「な、ななな、なに? ち、ちちち、父上の?」
「はい。貴方あなたには危機感がなさ過ぎるので、不意打ちをしかけなさい、と」

 唖然とするチャールズを前にザックさんは淡々と語る。

「アルには一発で見抜かれたね」
「声がザックのままだったしな。暗殺者にしては覇気はきも無い」
「これでも結構気合いを入れたんだけどな」

 ザックさんは「はぁ」と溜め息を吐いた。

「結婚式でアルがこの町に来ると聞いてさ。チャールズ殿下もご一緒だろう、と思ったら正解。アレックス主教に手紙を書いてくれた件、陛下からうかがった」
「そうだったか。結婚式の情報はどこで?」
「国教会づてにね。アルの担当教会区も、ハインツ司祭が担当するこの教会区も、アレックス主教の管轄教区だから。挙式に関する情報は全て耳に入るさ。ハインツ司祭がこの宿をアルに勧めたというのもね」

 ――流石、国教会の諜報員。何もかもお見通し、情報があちらから入ってくるみたいね。

「殿下に伝えることがあったのですが、手紙は安全でないと判断し、直接うかがいました。チャールズ殿下宛ての郵便物に開封されたあとがあったんですよ。分からないように、のり付けされてましたけどね」

 郵便物を開封されたということは、やはり王室内部に、チャールズ暗殺を目論もくろむ工作員が忍び込んでいるということなのね。怖いわ。

「それで、僕を心配もしてくれなかった薄情者はくじょうものが、わざわざ出向いて伝えたいこととは?」

 チャールズの問いにはちくちくとした皮肉がこめられていた。本当は心配して欲しかったくせに、子どものようにすねちゃって。天邪鬼あまのじゃくね。

「単刀直入に申しますと、この港町に、王子さよなら委員会の人間が来ているんですよ」
「は?」
「え?」
「うそ」

 長い長い沈黙が落ちた。

【つづく】

「【コミカライズ化!】リンドバーグの救済 Lindbergh’s Salvation」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く