【コミカライズ化!】リンドバーグの救済 Lindbergh’s Salvation

旭山リサ

4-1 ★ 私って男気あふれてる?




【第4章】は、ミミが語り手です。




 マイケル・ツルリンの人命救助は、翌日には町中の人に知れ渡ることとなった。とはいえチャールズは変装中で命を狙われている身。本人はあまり「大きなうわさにはならないで欲しい」と言う。

 チャールズが我が家に滞在して七日目。彼の夏期休暇、二週間のみ我が家にかくまうというお約束だ。残り一週間。これまでに起こった数々の事件を振り返る。悩んでいるのは、私とアルが良い感じになった時に限って、彼がいろいろやらかすことだ。

 ――どうして邪魔をするのよ、ツルリン。

 鏡に映る私は大層不機嫌そうな顔をしていた。

 ――ミミ、笑顔よ。笑顔が幸せの秘訣って、お母様に教わったでしょ? さあ、にっこり!

 無理に笑おうとすると変顔だ。「美人で優しい司祭の妻」とうわさになって欲しいのに、世論は動かそうとしても思い通りにいかないものだ。遺書をばらまいた過去と、アルが馬で法廷に乗り込む前、たった一人で裁判に臨んだ武勇伝が津々浦々つつうらうらに知れ渡り、私の評判は「男気おとこぎあふれる元侯爵令嬢」のままである。

 ――男気おとこぎって何よ、語弊ごへいがあるわ! 

「ミミ。鏡の前で何をしているの?」

 表情筋を按摩あんましていると、アルが不思議そうに顔をのぞかせた。

「アル。私の顔って、男気おとこぎあふれてる?」
「え? 朝っぱらから、何を言い出すんだ。ミミの笑顔は綺麗だよ」

 アルの言葉が嬉しくてにやけてしまう。

「そう、それ。俺が一番好きな顔」
「そ、そう? ありがとう」
「支度は済んだ? カリンさんのお見舞いに行こうよ」
「ツルリンは?」
「玄関で待っているよ」

 私、アル、ツルリンの三人は病院へ向かった。チャールズのおかげで一命を取り留めたカリンさん。疲れが見て取れたけれど、意識はしっかりしているし、口調も明るい。早ければ今週中に退院できるそうなので安心した。

「昨日はありがとう、ツルリンさん」
「どういたしまして」

 七歳の少女と握手を交わすチャールズことツルリンは誇らしげな表情だ。

「ツルリンさん、まるで絵本の中の王子様みたいだった」
「えっ……ぼ、ぼ、ぼぼぼ、僕が?」

 ――チャールズ、動揺し過ぎよ。

「ツルリンさんは王子様だわ。王子様は白い馬に乗っているけど、昨日のお馬さんは黒だった。絵本よりずっとステキ」
「あ、ああ、ありがとう。オスカルにも伝えておく」
「オスカル?」
「昨日の黒馬さ。僕や司祭様の家族だよ」

 チャールズの口から「家族」の言葉が出たことに少なからず驚いたわ。

 ――まさかこんな形でチャールズと親類縁者になるとはね。自裁に臨んだ時には想像もしていなかった。

 あの時私の頭にあったのは「死を以て無実を訴える」という愚かな考えだけ。自分を救ってくれたアルフレッド・リンドバーグが実はチャールズの腹違いの兄だと判り、事態は二転三転して現在に至る。

 ――運命って分からないわ。でも、昔のチャールズより、今の彼の方が幸せそう。

 お見舞いを終えて家路に就くチャールズの嬉しそうな顔ときたら。私と婚約している時には一度も見せなかった表情だわ。執務室のチャールズはいつも何かに苛ついていた。

 壁に囲まれた部屋より、自然豊かな田舎の方が彼の性質に合っているのかもしれない。彼に対していろいろ思うことはあるけれど、アルがチャールズに気を許し、目にかけているようなので、良しとしますか。私とアル、二人きりの時間を今度邪魔したら許さないけどね。

 ――私の顔も三度までよ。いやもうとっくに三度過ぎたわ。やれやれ。

 帰宅すると私たちは次の仕事の準備を始めた。
 一泊二日の小旅行、私、アル、ツルリンの三人は馬車で港町へ出かけなければならないのだ。チャールズが荷台とオスカルを繋げ、礼拝堂の前へ連れてきた。私たちは手分けして荷物を馬車に積む。

「こんな猛暑に出かけなきゃならないなんて」

 長袖のアルは汗だくで真夏の太陽を見上げた。

【つづく】

「【コミカライズ化!】リンドバーグの救済 Lindbergh’s Salvation」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く