【コミカライズ化!】リンドバーグの救済 Lindbergh’s Salvation

旭山リサ

3-4 ★ 狂い咲きの花の記憶

 黄昏時たそがれどきの図書室は春めいていた。内庭うちにわの桜が満開だからだろう。窓辺に大小二つの人影を見つけた。良樹よしきと黒髪の女子生徒だ。少女の横顔を見た瞬間、何か冷たい感情がたちまち僕を襲った。

 ――お葬式の夢で、とむわれていた少女。これは……あの子が生きている時の夢?

 二人は楽しそうに話し込んでいる。声をかけるのがためらわれた僕は、書棚に身を隠すと、二人の様子をそっとうかがった。

不時現象ふじげんしょうってなんですか、先生?」
「桜が春以外に狂い咲くことだよ」

 良樹よしきが窓を開けると、狂い桜の花弁が降り注いだ。話したい相手は良樹だったはずなのに、不時の庭に心奪われる少女から目が離せない。

「桜、ついているよ」

 良樹よしきが少女の髪に触れる。照れた表情の二人を見て、互いに惹かれあっていると気付いた。

 ――教師と生徒が惹かれ合うなんて最低だ。

 得体の知れない嫌悪感が僕の意識を乗っ取り、固く蓋をしていた記憶の箱を解き放つ。

流石さすがあい。母たちが、良樹よしきを嫌うわけだ」

 僕の口は怨嗟えんさを吐いていた。「愛の子」とは身内がよく使う差別用語で〝混血児ハーフ〟のことだ。

 ――嗚呼ああ、思い出した。何もかも。

 僕の母は長女で、良樹よしきの母親は次女。自分より早く英国人と結婚した妹を母は妬んでいた。母は婿養子を取り、本家を継ぐ運命から逃れることはできなかったというのに。

 良樹よしき晴樹はるき従兄弟いとこの僕らに名前を付けたのは、家長の良晴よしはるである。

「おまえが本家の長男なのに。まるで二番目みたい。お父様は良樹よしきにべったりだし」

 祖父の良晴よしはるは、僕にあまり関心が無いようだ。良樹よしきは父親の影響で英語も話せるし、本好きで僕よりずっと優秀だ。「僕を見て」と、お祖父様じいさまに願い、何に励んでも評価は変わらない。

 ――「僕を見て」なんて、もう誰にも望むものか。美名みなにも。

 僕の片思いは、狂い咲きの桜とともに散った。良樹よしきに恋する美名みなの姿を見るのが耐えられなくなり、僕は足早に図書室の入り口へ戻った。
 扉の窓に僕の顔が反射していた。学ランを着た冴えない顔の中坊だ。

 ――この晴樹はるきという〝木偶でくぼう〟が前世の僕なんだな。

 激しい憤怒ふんぬの感情が、扉の窓にヒビを入れる。

 やみが僕を食らったかと思うと、線香と葬式花の香りがどこからともなく漂ってきた。

 ――この夢は。以前見た、お葬式の……。

 列を成す参列者たち。最前列の良樹よしきは棺を前に涙を流している。参列した〝僕ら〟へ振り返った良樹よしきの眼差しには、刺さるような叱責と憤怒の感情が湛えられていた。

「The devil looks after his own. 嘘吐きが沢山だ」

 良樹よしきが僕のそばをスッと通り過ぎる。嘘吐き呼ばわりされたことに周囲の生徒は動揺し、言い訳と罪のなすりつけ合いを始めた。

良樹よしき兄さん!」

 僕は彼の背中を追った。葬祭場の入り口で、良樹よしき兄さんは立ち止まった。

「加害者も傍観者も、堂々と葬式に参列とは。〝自分は悪くない〟と無罪の主張に来たのか?  〝賢くて真面目で優しかった〟と悔やむ振りをする人間もな。悪魔は嘘を吐いて自分の身を守る」

 良樹よしき兄さんが、ゆっくりと僕へ振り返る。

「でも、おまえはずっと黙っていたね。晴樹はるき?」

 探るような、責めるような眼差しに、血縁者への親愛は微塵も感じられない。

 ――僕は助けなかった。あの子が……美名みなが好きだったのに。

 僕も同罪だ。いじめの傍観者として彼女を見殺しにした。

「俺の周りは嘘吐きばかりだから、美名みなさんの辛さが分かったんだ。君のお母さんは、くちでは俺をめるけど〝良樹よしき所詮しょせん、愛の子〟なんだろう? いつの時代の言葉だよ」

 ――恥ずかしい。身内が吐いた教養の無い陰口が。

「正月にも盆にも二度と本家に行きたくない。みんな、人の一面しか見ないんだ。強そうな人も、両面を見れば本当は弱い。美名みなさんはもろくて優しい子だった」

 何を言われても反論しない美名みなは「お高くとまっている」と陰口を叩かれていた。

「どうして憎まれるヤツほど世にはばかって、優しい人間ほど早く死んでしまうんだろうな」

「それは……違うよ、良樹よしき兄さん」

 傘も差さずに駐車場へ歩き出した良樹よしき兄さんへ手を伸ばす。振り返らない彼を「待って」と呼び止めて、雨の中へ駆け出した。

「優しくない人間も、早く死ぬし、自殺もするよ」

 ――それは自分のことか。いや、違う。

 晴樹はるきには死を選ぶ狂気も度胸も無かった。

「僕は見たんだ。美名みなさんを死に追いやった人間が、自ら死ぬ瞬間を」

 視界が涙で満ち、拭っても拭っても滲む。良樹よしき兄さんの姿は暗い雨の中に消えた。

「その人は、悪魔を道連れにしたよ」

 あれは美名みなが亡くなった後、帰宅途中の駅で起こった不幸だった。
 急停止する車輪の音は、女性の金切り声と似ていた。眼鏡をかけた女子生徒が、救いを求めて僕へ片手を伸ばす。道連れにされた悪魔と目が合ってしまったのが僕の運のツキだったのだろう。

 加害者は悪魔の手を引いて列車に飛び込んだ。
 吹っ飛んだ眼鏡の硝子片がらすへんが僕のほおを切る。

 ――さようなら、奈代なよ愛琉あいる

 線路は二人分の遺体で血の海と化した。

【つづく】

「【コミカライズ化!】リンドバーグの救済 Lindbergh’s Salvation」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く