【コミカライズ化!】リンドバーグの救済 Lindbergh’s Salvation

旭山リサ

2-2 ★ 根こそぎ抜こうくん

 不安に思っていることの大半は起こらないという。
 チャールズがちゃんと自己紹介できるのか、カツラがずれないだろうか、正体がバレないだろうか、と礼拝の間は不安で仕方無かったが、

「私は、神学生のマイケル・ツルリンと申します」

 全ては杞憂きゆうだった。チャールズは俺の渡した紹介文をちゃんと暗唱したのである。しかも一言一句間違えずに。なぜこういう才能を他で発揮しなかったのだろうか。王国一の謎である。

 信徒さんたちから拍手が送られる。これでひとまず「教会に怪しい男がいる」「一体誰だ」と訊ねられることはないだろう。礼拝後、信徒さんたちが帰った後。

「なかなか良い挨拶あいさつだったぞ」
「本当ですか! 貴方あなたに褒められるなんて……僕、嬉しいです!」

 一言褒めただけで、満面の笑顔。

 ――本当に素直だな。そういえば陛下が〝素直さだけが取り柄〟だとおっしゃっていたっけ。こりゃ騙されるよ。

「それじゃあツルリン、早速だが庭の草むしりをしてもらう」
「任せてください」
「現場はこっちだ」

 俺は家の庭に案内した。納屋の周囲に雑草が繁茂はんもしている。

「この使い古した麦わら帽子をさずけよう」
「使い古し……」
「年季が入っている方が使いやすいものだぞ」
「なるほど! そういうものですか、分かりました!」

 弟は嬉しそうに麦わら帽子をかぶった。

「これもおまえに進呈しんていする」

 俺の差し出した軍手を、チャールズはじっと見た。

「この軍手も、ボロボロですね」
「年季が入っている方が使いやすいと言っただろう」
「はい、分かりました!」

 チャールズは軍手を装着した。

「まず、そこの雑草一本を抜いてみてくれ」
「これですか? はい、こんな感じでしょうか?」

 弟の抜いた雑草を前に、俺は腕組みして首を横に振った。

「おまえは草むしりを全く分かっていない」
「えっ」
「地上に出ているものだけが敵だと思うな。諸悪の根源は地中に根を張っているんだ」
「つまり……葉っぱだけでなく、根こそぎ抜けということですね」
「そうだ、やってみろ」

 ――よし、今度はちゃんと抜けたな。

「雑草を根っこから抜くにはコツと力の加減が必要なのですね、知りませんでした」
「そう言うと思った。そんなおまえに、雑用を極めた司祭の俺から、伝家の宝刀を授ける」
「宝刀?」
「ちょっと待ってろ」

 俺は納屋から秘密兵器を持ってきた。
 のこぎりのようにギザギザとした刃が特徴的な道具だ。

「これは、根こそぎ抜こうくん。これをこうして雑草の生えた地中に差して、そのまま上げると」

 雑草がこの刀一本で根っこから引き抜けた。

「す、すす、凄い! 素晴らしいです! 世の中には、こんな便利な道具があるのですね!」
「おまえもやってみるんだ」
「分かりました」

 言われたとおりの手順に従い、彼はちゃんと雑草を根元から抜いた。

「とっても使いやすいです!」
「この調子でここに生えている雑草を、夕飯までに全部抜いてくれ」
「ぜ、全部ですか?」
「全部だ。最近忙しくて、俺もミミもナンシーも手が回らなかった場所だ。頼んだぞ」

 庭を弟に任せ、礼拝堂へ向かうと。

「アル。礼拝堂のお掃除、終わったわよ」

 ミミがちょうど礼拝堂から出て来た。

「ありがとう、ミミ」
「そうだ、ツ……ツルリンさんは?」
「庭の草むしりを任せたところだ」
「ああ。あそこね。いつの間にやら、夏草がぐんぐんのびて困っていたのよ」
「草むしりは彼に任せて、休憩しようか」
「そうね」

 ――やったぞ。ミミと二人きりになれる。

 弟は草むしり、ナンシーは買い出し、夫婦水入らずで午後のお茶会をしよう。
 俺たちは居間の長椅子に腰掛け、お茶会を始めた。

「昨日のお葬式、奥様の弔辞ちょうじで泣いてしまったわ」
「本当に仲の良いご夫婦だったようだね」
ひつぎの中の旦那様を見つめる奥様の姿が忘れられないの。愛し、愛された人生だったのね」
「俺がひつぎに入ったら、ミミは泣く?」
「当たり前じゃない。悲しすぎて生きていられないわ」
「ミミ……」

 紅茶を受け皿に置き、ミミへ向く。

 ――ああ、本当に綺麗な人だなぁ。

 眼差しが近付くと、お互いから紅茶の香りがした。

「た、たた、大変だあぁぁ――! 兄上あにうえ、大変ですぅぅ――!」

 勝手口からの叫び声で、椅子からずり落ちた。

【つづく】

「【コミカライズ化!】リンドバーグの救済 Lindbergh’s Salvation」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く