【コミカライズ化!】リンドバーグの救済 Lindbergh’s Salvation

旭山リサ

9-4 ★ 近すぎて気付かないもの

「なぜそこまでして、他人の資産を頼る必要があるのですか?」

 俺は声を張り上げ、ダーシーへ問う。

 ――ミミとおまえを一緒にするな!

貴女あなたの言うように、妻ミミが強欲ごうよくならば、司祭の私と人生を共に歩むことは望まないでしょう。教会区での生活は社交界のはなやかさとはかけ離れています。それでも彼女は、私の手をとってくれました」

 俺が右手を差し出すと、ミミが左手を重ねた。

「美徳は時と場に合わせたよそおいや立ち居振る舞いに表れます。ご覧の通りミミは、潔白を主張する色をまとい、精神美を表す花で髪を飾りました。貴女はどうですか、ダーシーさん?」

 ――法廷に赤のよそおいとは。真っ赤な嘘吐うそつきにはぴったりか。

「ここは舞踏会ではなく法廷です。ご自分を鏡でよくご覧になってはいかがでしょう」

 遠回しに教養の無さをたしなめると、彼女は言い返すことができずに唇を噛んだ。

「ダーシー。その服は君が買い求めたものかい?」

 チャールズが冷たい眼差しをダーシーへくべた。

「あ、いえ……これは、その……」
「数日前……王室御用達の仕立て屋から皮肉ひにくかれたよ。〝誕生日でもないのに、婚約者に薔薇ばらのような赤い服を贈るとは流石さすが〟とね」

 ――仕立て屋、よく言った!

「ダーシー。僕は社交上、毎日のように贈り物や御礼の品を送る。これは全て秘書のザックに任せているよ。でも時には自分で選ぶことがある。女性への贈り物には人一倍気を遣うんだ。だから……あの仕立て屋の勘違いかと思った」

 ――ダーシー、完全に詰んだな。

 さあ次はどんな嘘を吐くのかと悪女を眺めていると、ドタバタと慌ただしい足音が法廷へ近付いた。

「遅れて申し訳ございません!」
「旦那様! 奥様! お待たせ致しました!」

 ロビン弁護士とナンシーは、証拠書類のかばんを抱え、法廷へ飛び込んだ。

「待っていたよ、二人とも!」
「無事に到着して良かったわ」

 俺とミミは胸をなで下ろす。想像以上に早く到着して嬉しい。馬車に乗せてくれた親切な行商が飛ばしてくれたのだろう。

貴方あなた!  心配したわよ、もう 」
「マチルダ! 来てくれたんだね」
「今、大変な状況なの、聞いて」

 マチルダ夫人がロビン弁護士に駆け寄り、口早にこれまでの経緯けいいを語ってくれた。

「ナンシー、久し振りだね」
「へ、へへ、陛下へいか!」

 突然声をかけられたナンシーは吃驚仰天びっくりぎょうてん、ずり下がった眼鏡めがねをかけなおし、背筋をぴんと伸ばした。

「今日は遠路はるばるご苦労だったね」
「とんでもございません。他でもないリンドバーグご夫妻の為ですもの」

 言葉を交わす二人は親しげで、使用人と元雇い主というよりは、まるで友人のようだ。そういえばナンシーは昔、王宮に仕えていたと聞いた。 

「キャロルは……きっと天国からこの法廷を見守っているだろうね」
「ええ。あねは本当に心配性でしたから」

 ナンシーと陛下へいかが、同時に俺を見た。
 陛下は赤髪碧眼へきがん、ナンシーは銀髪翠眼すいがん

 ――赤髪と翠眼すいがん。キャロルってまさか……。

 故郷の墓地にひっそりと〝キャロル〟は眠っている。

 ――キャロルがナンシーの姉。ああ……俺はどうして気付かなかったんだ!

 俺とチャールズが血縁だと、ミミが気付かないことが不思議だった。近すぎて気付きにくいことは往々にしてある。家政婦のナンシーと初めて会った時、懐かしい気持ちになった理由が分かった。目には見えない縁に導かれていたのだ、俺は。

「ミミの弁護士も到着したことだし、裁判の続きを始めたまえ。誰が本当の罪人か。見届けさせてもらおう」

 陛下は傍聴席の空いたところに腰掛けて、ダーシーを見た。

「こんな不公平な裁判、続ける価値なんてないわ! 国王が裁定を牛耳ぎゅうじっているもの!」
牛耳ぎゅうじる? ご覧の通り私は法に従っているよ」
ほうに従順な、制限君主せいげんくんしゅでしょう!」

 ダーシーの暴言で法廷は水を打ったような静けさに包まれた。一番言ってはいけないことを彼女は口にしたのだ。ヴェルノーン王国はかつて絶対君主制ぜったいくんしゅせいだったが、今は立憲君主制りっけんくんしゅせい。またの名を制限君主制せいげんくんしゅせいという。同じ法制度の他国と比べれば君主権限の幅は広く、公の場では国王に敬意けいいを表すのが最低限の礼儀だ。

「ダーシー、よくも陛下へいか侮辱ぶじょくしたな!」

 まず一番に怒りを発したのは、なんとチャールズだった。

「君の乱暴らんぼうな言動が、このところ疑問だった。今のではっきり分かったよ!」

 ――チャールズはダーシーの本性に薄々気付いていた? 

君主権限くんしゅけんげんほう制御せいぎょされながらも、陛下へいかがどれだけ国に心を砕いているか、君如きみごときにはかれるものか! 愛国心や陛下へいかへの忠誠心ちゅうせいしん欠片かけらも無いのだな」

 あれだけしかられても、父親である陛下へいかを尊敬する気持ちは変わらないとはな。チャールズはうまふるえるほど恐ろしい形相ぎょうそうでダーシーを指差すと、裁判長へ振り向いた。

「裁判長、争点が変わった。この法螺吹ほらふきの当事者尋問とうじしゃじんもんをすぐに始めてくれ」
「私の尋問じんもんですって! 嫌ですわ。答弁とうべんは弁護士に任せています!」
「いやいや私には無理ですよ! 尋問じんもんはご本人でないと!」

 ダーシーと弁護士が押し問答を始めた。

貴方あなたは……スタンレーさん?」

 ロビン弁護士が声をかけると、スタンレーと呼ばれた原告の弁護士は瞠目どうもくした。

「ご、ご無沙汰しています、ロビンさん。貴方あなたが……被告の弁護を?」
「はい」

 ロビン弁護士は笑顔だが、スタンレー弁護士は真っ青で全身を震わせている。この二人、何かあったらしい。

「ダーシー・ハーパーは、証言台へ」

 裁判官が証言台へうながす。ダーシーはあれやこれや言い訳を立てて登壇をこばんだが。

「ミミは一人で証言台に立ったぞ、ダーシー」

 チャールズはダーシーをひと睨みする。

「僕も一人で立つ。ただしきみ擁護ようごはしない」

 深く息を落とし、チャールズはつらそうに目を閉じた。

「僕は誰の味方にもならないよ。結局、誰も僕を愛してはくれないのだから。――さようなら」

 恋に盲目の王子はようやく悪女と手を切った。ダーシーは共犯のシモンをはじめ悪党共を道連れにして、詐欺罪さぎざい侮辱罪ぶじょくざい横領罪おうりょうざい、複数の罪状ざいじょうにより首枷くびかせをつけられた。

【つづく】

「【コミカライズ化!】リンドバーグの救済 Lindbergh’s Salvation」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く