【コミカライズ化!】リンドバーグの救済 Lindbergh’s Salvation

旭山リサ

9-3 ★ 王室の恥

「君は人の命をなんだと思っているんだ!」

 いきどお陛下へいか気圧けおされ、ダーシーは口籠くちごもった。

「自裁にまで追い詰めた女性にそれを演技だと吐き捨てられるとは。人の生死を軽んじる言葉を、躊躇ためらいなく口にできる貴女あなたならば出来ることかもしれないが、ミミはそんな人間ではない」

 陛下へいかはミミの右肩に手を置いた。

ひどいわ! 私は陛下へいかとチャールズ殿下でんかのお力になりたい一心で動いておりますのに。なぜミミの肩を持つのです?」

 ダーシーは泣きながら、不平不満を叫ぶ。

 ――俺の一番苦手な人間だ。めんどくさい女。

 ダーシーの隣にいるチャールズはというと、肩をふるわせながら父親である陛下へいかを見るばかりだ。

「ダーシー。私はね、すぐに泣きわめく女性は信用できないんだよ」

 陛下へいかはぴしゃりと言い放った。

「チャールズ殿下でんか! 殿下でんかから陛下へいかにお伝えください。私は身も心も、陛下へいか殿下でんか、この国にささげる所存でございます」

 ダーシーはさらに大粒の涙をこぼし、となりのチャールズへすがりついた。

「もう……やめてくれ、ダーシー!」

 チャールズは、ダーシーの手を振り払った。

「ミミ」

 チャールズはミミへ深々と頭を下げた。

「倒れた君のご両親に、つつしんでお見舞い申し上げる」

 これは驚いた。チャールズがみずから謝るとは。素直過ぎる馬鹿なのか? 

「なぜミミに謝るのですか! 貴方あなたなにも……」
「黙れ、ダーシー!」

 チャールズは怒鳴ると、悲しげな面持ちを上げた。

「僕は本当に……何も知らなかったんだ。裁判を昨日の今日で仕掛けたことも。僕のあずかり知らぬ所で、全て動いていたようで」

 チャールズは力なく肩を落とし、ダーシーと一人分の空間をとった。

「無知を理由にとがゆるされるわけではないぞ、チャールズ」

 陛下へいかが厳しい一言を放つと、チャールズは肩をね上げた。

「このようにおおやけの場で、子をとがめる親の気持ちがおまえには分かるまい。私が不在の時に限って、おまえは王室のはじをさらしてきたね。その一つが舞踏会でミミにかけた嫌疑の件だ。婚約破棄の理由を自信満々で私に話したが、疑いの証拠しょうこは取れたのかね?」
「ええ、勿論もちろん。取れましたとも!」
「ダーシー、君にたずねたわけではない」
「お聞き下さい、陛下へいか! アダム・アマンとの密会記録も、他の男性との仲、宝飾品の購入記録も。全て証言を取っています。ちょっと! なに、ぼけーっとしてんの! 資料のひかえはまだあるでしょう? 今すぐ陛下にお見せなさい!」

 弁護士が慌てて資料を取り出そうとした。

「ミミの不義の証拠はここにそろっていますわ!」
「ちょっとお待ちください。こちらも裏がとれていますよ」

 ダーシーの言葉を無理矢理さえぎる。嘘吐うそつきはもうたくさんだ!

「ダーシーさん、貴女あなたの宝飾品の購入記録、恋愛遍歴、アダム・アマン氏への口止め料と称した多額の賄賂わいろについて」
「なん、ですって」
「裁判長、お確かめを。こちらが我々が収拾した資料でございます」

 裁判長は無言で書類を熟読した。裁判長や裁判官が買収されていようと、確固かっこたる証拠しょうこを突きつければ良いだけのこと。傍聴席ぼうちょうせきには記者の目があるしな。

「これらの資料をどこで?」

 裁判長が、俺、傍聴席ぼうちょうせき陛下へいかを見ながら訊ねた。おいおい目が泳いでいるぞー。「聞いていた筋書きと違う」って言いたげだな。

傍聴席ぼうちょうせきにいらっしゃる記者の方々が調べてくださいました」

 記者たちは誇らしげだ。うちに不法侵入した時には、どう煮て焼いてやろうかと思ったけど、これも奇縁である。

「驚きましたよ。チャールズ殿下の新しい婚約者になった途端に、ダーシーさんが殿下のツケで宝飾品を買い求めていたこともね。結婚式の披露宴の準備にしては経費が莫大ばくだい過ぎる。記者の方々が、王室御用達の店主たちから情報を収集してくださいました」

 俺は二束の書類を裁判長へ差し出した。 

「店主たちの証言の資料はこちらです。ミミがチャールズ殿下の資金に一切手をつけていない証拠はこちら。弁護士会照会を通して王立銀行へ情報請求されたものです」

 裁判長は渋い表情で資料へ目を通す。

「チャールズ殿下の公務に関わる経費は、想像以上に大きいのですね」
「その通りです、裁判長。経費の出し入れに直接関わっていたのは、前任秘書のシモン・コスネキンです」

 批難がシモンへ集中した。シモンは書類挟みで顔を隠し、カタカタと震えた。

「火の無いところに煙は立ちません。必要経費として引き出されたものの中に、私的に流用されたものが混ざっていてもおかしくは無いでしょう。ミミは殿下の婚約者でしたが、婚前の立場では手をつけられませんし、キャベンディッシュ家の領地運営は安定しており、多額の資金を必要としていません」

「目に見えない赤字があるのですわ!」

「失礼ね! 私の実家が赤字ですって? どこにその証拠しょうこがあるのよ!」

 ミミが反論すると、ダーシーは「五月蠅うるさい!」と叫んだ。

「王立銀行にはキャベンディッシュの親戚が勤めています。ミミと両親は親戚を懐柔かいじゅうして取引記録を偽造、私腹をやしたのですわ!」

「なぜそこまでして、他人の資産を頼る必要があるのですか?」

 俺は声を張り上げてダーシーに問う。

 ――ミミとおまえを一緒にするな。

【つづく】

「【コミカライズ化!】リンドバーグの救済 Lindbergh’s Salvation」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く