【コミカライズ化!】リンドバーグの救済 Lindbergh’s Salvation

旭山リサ

8-5 ★ 巻物のような嘘八百

 法廷はお化けが出てもおかしくないくらい薄暗い場所だ。壁の高いところに採光用の窓がいくつか並んでいたが、風の通りは無い。ここで名誉を立てた人もいるだろうが、泣いた者も数知れない。念が染みついているのだろう。

 裁判官二名と裁判長は、死神のような黒い長衣をまとっている。裁判官の一段下の席に座る書記官はお通夜のような表情の男性だ。法廷右端の廷吏ていりの席には……。

 ――なんでシモンが座っているのよ!

 廷吏ていりこと事務官は、なんと執行官シモンだ。どうやら様々な役職を兼任しているらしい。王立裁判所が人手不足とは思えないけれど。この人の面をした悪魔、吐き気がする。

 被告の私は裁判長向かって右側の席、原告のチャールズ、ダーシー、弁護士は左側の席に並んで腰掛けた。双方の席は相対するように設けられている。昨夜ロビン弁護士に聞いた通りだ。ヴェルノーン王国の民事裁判の法廷は大体このような形だという。民事と刑事では法廷の席の位置が違うとも教えてくれた。

 法廷中央には証言台がある。そこに立つ自分の姿を想像していると、傍聴席から大きな話し声が聞こえてきた。

「見ろ。被告のミミだけだぞ」
「弁護士がいないようだ」
「キャベンディッシュ夫妻が控え室で倒れたらしい」
「疲労がたたったんだろう」
「まぁ、親不孝おやふこうな娘さんだこと」

 ――倒れたのは疲労じゃなくて、薬よ、薬!

 傍聴席にいるのは王族や貴族ばかりだ。

 ――空席がかなりある。やっぱり変だ。

 表に詰めかけていた記者たちは「席が取れなかった」と言っていたのに。

「答弁書を提出せず、弁護士も連れずに本人訴訟ほんにんそしょうとはな」
おっとのリンドバーグ司祭は、欠席か?」

 裁判官二人まで陰口を叩き出す。

「新聞で仲睦なかむつまじげに書かれていたが、妻の訴訟に顔も見せないとは。あきれましたな」

 裁判長の「呆れた」という言葉で怒りが爆発しそうだ。自分が後ろ指を指されるよりも、アルフレッドに批難が向けられるのが辛くてたまらない。

 ――アル……アル。一体何があったの?

 無事の到着を祈りながら待ったが。

「開廷時刻となりました。一同ご起立をお願いします」

 廷吏ていりを務めるシモン・コスネキンの号令に合わせ、その場にいた全員が起立し、一礼した。

「原告は訴状の陳述ちんじゅつを行いますか?」

 裁判長が訊ねると、チャールズとダーシーの弁護士が「はい」と肯き、席を立った。

「被告はチャールズ殿下と婚約期間中、殿下の資金を私的に流用し、自身の宝飾品の費用に充てました。また殿下の権威を損なうような根拠無きうわさ流布るふする一方で、他の男性と密かにい引きを重ねておりました。さらに……」

 ――なんて長い嘘八百! 巻物か! しかも全部読み上げるんかい。

 法廷は口頭主義だが、提出書類が重要視される。昨夜ロビン弁護士は、裁判の大まかな流れと段取りを私に教えてくれた。訴状そじょうの読み上げは「通常無い」と聞いていたが、省略どころか全文朗読されているし、聴衆の感情に訴えるような脚色きゃくしょくも多い。

「被告は王立図書館の書庫で自裁を図り、その当日に【遺書】を国中くにじゅうの公共機関、出版社に送達。チャールズ殿下ならびに婚約者ダーシー様に多大な風評被害ふうひょうひがいをもたらしました。国民から理不尽りふじんな声をかけられることも多く、お二人は心身を疲弊ひへいされておいでです。現在は医師の診断と施療せりょうを受けております」

 ――出たわね、医者の裏付け。

 医者の診断書と、施療記録というのは、案外大きな効果があるということを私は知っている。

 ――こういう時に、ヤブ医者がもうかるのよね。悪魔にたましい売っちゃって。

「チャールズ殿下、婚約者ダーシー様への名誉毀損めいよきそん、精神的損害への慰謝料いしゃりょうを請求します」

 ――私を自裁じさいに追い込んだ加害者に、法廷で慰謝料いしゃりょうを請求されるとは想像していなかった。こいつらは本当に悪魔だ!

「被告。貴女あなたからは答弁書とうべんしょの提出がされておりませんね」

 裁判長はあきれたような口調だ。

「被告は陳述ちんじゅつできますか?」

 ――できますか? 馬鹿にしないで。

 私は「陳述ちんじゅつ致します」と席を立った。

「原告の訴えを私は認めません。私への根拠無き風評は全て、原告の作り上げた嘘です。私は原告の加害行動により、精神的損害を被り、自裁じさいに臨みました。命を軽んじた行為は過ちでしたが、遺書は無実を訴える為に公表したものです。真実のみを告げています」

 法廷のすみずみまで私の主張が届くよう、堂々と声を張り上げた。

【つづく】

「【コミカライズ化!】リンドバーグの救済 Lindbergh’s Salvation」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く