【コミカライズ化!】リンドバーグの救済 Lindbergh’s Salvation

旭山リサ

8-3 ★ 貴方が裏切られる前に

「お父様! お母様! オパール!」

 両親は長椅子に寄りかかり、ぐったりと横たわっていた。女中のオパールは椅子から転げ落ち、仰向けに倒れている。三人のそばには茶器が砕けており、牛乳の混ざった黄土色の液体が飛び散っていた。

「一体どうして? 何があったの!」

 倒れた三人に屈み、呼びかける。呼吸と脈はあるようだが意識が無い。

「誰か、誰か!」

 私は控え室を飛び出すと、近くにいた衛兵を呼んだ。

「お医者様を! 早く病院へ。早く!」

 衛兵がすぐに仲間を集める。両親とオパールは担架たんかにのせられた。

「発見時は、どのような状況でしたか?」
「私が控え室に戻ってきたら、全員気絶していました。原因があるとしたら……」

 床にこぼれた紅茶と、割れた茶器を見下ろした。

貴女あなたは紅茶を飲んでいないのですか?」
「ええ。控え室を出ていましたから」

 ――変だわ。茶葉や茶器はオパールが実家から持ってきたもののはず。考えられるとしたら。

 オパールが台所からもらった、お湯と牛乳だ。

 ――まさか薬を盛られたとか?

 オパールは台所で職員から私の様子を探られたと話していた。彼女が目を離したすきに、お湯の器か牛乳に何か入れられたのではないか。他に考えられない。

「ご家族と女中の方は、王立病院へ運びます。この様子から察するに、急性の食中毒ではないかと思いますが」

 ――食中毒ですって?

 私は薬を盛られたのではないかと考えたのに「食中毒」と断定する衛兵に違和感を覚えた。

 担架たんかにのせられた三人が控え室から運ばれていく。先程の衛兵が「こっちだ」と裁判所の裏口へ案内しようとしたので、彼の進行方向に立ち塞がった。

「お待ちなさい。なぜ裏口から出ようとするのです?」
おもてには、貴女あなたの裁判を取材する記者が大勢いますので。見世物みせものになってしまいますよ」

 ――見世物みせものですって? 他人の親に対して、なんて言葉を使うの!

「人命がかかっています。記者に道をけさせなさい」
「ですが、裏口ならば人だかりがいませんので、すぐにお通しできますよ」
「裏口からでは病院へ遠回りになります。王立病院は、裁判所の目と鼻の先ではないですか。おもてから出なさい」

 衛兵はギリッと両の歯を噛みしめた。

貴女あなたの指示に従う義理は、我々にはありません」
「無いでしょうね。私は王子の元婚約者です」

 もう貴族の令嬢ではない。
 何の権限も持たない、司祭の妻だ。

「私の家族のいのちがかかっているんです!」

 ――この世界の誰よりも干渉かんしょうする権利があるわ。

「裏口から出ることで、裁判所で私の両親が倒れたことを秘密になさりたいの? まさか貴方あなたが紅茶に薬を盛ったんですか!」
「ま、まさか、そんなこと!」
「裏口から私の家族を運び出せば、貴方あなたの名前は必ず世間に出ますよ。裏口に記者きしゃが一人もいないと思って?」

  衛兵の目に焦りの色が浮かんだ。

「記者もとより民の目を意識すればこそ、表から出なさい。裏を通れと指示した人に、貴方あなたが裏切られる前に、さあ!」

 衛兵は、ごくりとのどを鳴らすと、

「は、はい。承知しました」

 方向を転換し、表玄関へ向かった。
 担架たんかにのせられた両親とオパールが裁判所の玄関に現れると、写真機の閃光が一斉に焚かれた。

 ――見世物か。この状況は確かに。

 けれども裁判所で誰かに「薬」を盛られたことは世間に明るみに出る。

「ミミさん、ご両親はどうされたのですか」

 正面玄関にたむろしていた二十名弱の記者が私を取り囲む。

「私が席を外している間に、控え室で倒れたんです。何者かに薬を盛られたようですわ」
「なんだって!」
「詳しく聞かせてください!」

 記者達は一斉に質問を浴びせかけた。我慢だ。今は彼らを利用するのだ。

「ミミさん! ミミさん!」

 記者の中から小さな女性の声が聞こえた。
 誰かが背伸びをしながら手を振っている。

 ――見間違えでなければ今のは。

 私は「通して! 道を空けてください!」と記者をかきわけた。

「アラベラ?」

 彼女は深々と私へ一礼した。

【つづく】

「【コミカライズ化!】リンドバーグの救済 Lindbergh’s Salvation」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く