【コミカライズ化!】リンドバーグの救済 Lindbergh’s Salvation

旭山リサ

7-8 ★ 風を切る!

「この馬に乗ればいいんだ!」

 ――最善策はこれしかない!

 農夫のうふ、商人の女性、ナンシー、ロビン弁護士は、ぽかんとした顔で俺を見つめている。いきなり何を言い出すのか、と。

「馬に乗ればは自分一人だから、王都まで飛ばせます。俺が先に裁判所へ行って、いちから事情を説明して時間稼ぎをします。ナンシーとロビンさんはそちらの馬車で王都へ来て欲しい」

「司祭様。くら無しで馬に乗るのはおすすめしないよ」

 農夫が馬の背を指差した。

 ――そうだった、失念していたよ。

くらなら、わしが持っとるよ」

 背後から声をかけたのは、杖をついた男性だった。

「店の奥にあるから取ってくる。ここで少し待っていて」

 おじいさんは広場に面した金具屋へ入り、古ぼけたくらを持って戻ってきた。

ほこりまみれだが、まだ使えるはずじゃ」
「ありがとうございます。お代は……」
「いらんよ。気をつけてな」
「はい! ご厚意こういに感謝します」

 早速、箱形車と馬を切り離した。
 手綱たづなだけとなった馬の背にくらを取り付ける。

くらの大きさ、ぴったりですね、司祭様! 良かった」

 農夫のうふは自分のことのように喜んでくれた。

「それじゃ、壊れた車体だけあずかりますね。どうやって運ぼうかな」

 壊れた車体の前で農夫は腕組みする。
 馬は俺が乗っていくので、これを牽引する存在が必要だ。

「そうだ! うちのうしを連れてきて、納屋まで引かせよう」
「あっ、待って!」

 慌てて農夫のうふを引き留め、手帳と万年筆まんねんひつを差し出した。

「こちらにお名前と住所をいただけますか」
「こりゃ失敬しっけい。俺が車泥棒くるまどろぼうになるところだった」
「とんでもない。後日改めて御礼おれいにうかがいたいのです」
御礼おれいなんていいですよ。時間のある時に馬車を取りにきてください。――はい、住所と名前」

 手帳に【ベン】という名と住所が書かれていた。

「ベンさん、本当にありがとうございます」
「司祭様の道中の安全をお祈りします」

 俺は彼と握手を交わす。

「司祭様は王都への近道はご存じかい?」

 商人の女性が訊ねたので「いいえ」と答える。彼女は幌馬車ほろばしゃから地図を持ってきて、指でなぞりながら近道を教えてくれた。

「確かに近道ですね。ありがとうございます!」
「地図見て一発で分かるとは。土地勘とちかんがあるんだね」

 昔から養父ようふと馬車に乗る機会が多く、その都度つど地図の見方を教わった。

 ――父さんのおかげだよ。ありがとう。

「司祭様、これを! 特に重要な書類のみを集めました」

 ロビン弁護士が肩掛けかばんを手渡す。鞄には時間稼ぎに十分な書類がまとめてあった。この短時間で機転きてんを利かせてくれた彼には頭が下がる。

「残りの書類は全て私が持って参ります。それまでどうかよろしくお願いします」
「お気を付けて。旦那様ならきっと奥様をお守りできます!」

 ロビン弁護士とナンシーに励まされ、勇気がみなぎってくるのを感じた。

「ありがとう。それじゃ、先に行きます!」

 手綱を打ち、人馬一体じんばいったいとなり風を切った。


【8章へつづく】




7章を最後までお読みいただき、ありがとうございます!
8章は【ミミ】が語り手です。

「【コミカライズ化!】リンドバーグの救済 Lindbergh’s Salvation」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く