【コミカライズ化!】リンドバーグの救済 Lindbergh’s Salvation

旭山リサ

4-6 ★ あなたは私、私はあなた

 ミミと並んで早足で森を抜ける。遠くから獣の遠吠えが聞こえてくると、俺達は同時に駆け出した。ようやくアラベラの家に着く。屋敷の裏にまあるい明かりが浮かんでいるのが見えた。アラベラの母親がランタンを携えており、その周囲で娘と友人達は互いへ小言をかけあっていたが、俺達の姿を見るなり、ぴたりと話すのを止めた。

「奥様!」
「ご無事だったのですね」
「心配したんですよ。お怪我は?」
「大丈夫ですか?」

 先ほどと打って変わり、善良そうな態度でミミを囲うアラベラ、マチルダ、エロイーズ、ガメラ。俺は先ほど彼女らの修羅場を目撃したので、全てが胡散臭く見える。

「あの……奥様」

 おずおずと声をかけたのはアラベラだった。

「昼間は……その……私達……」
「ああ、もう気にしていませんわ」

 ミミは朗らかに笑んだ。

「お茶会を退室した後、森を散歩して頭を冷やしましてね。私は、なんてくだらないことでカッカッしていたのかしら、って。怒って飛び出したは良いものの、森の中で道に迷ってしまって。疲れて仮眠をとっていました。そうそう、道中こんなものを見つけたのよ」

 上着のポケットからミミが何かを取り出した。

「ミミ。それはなんだい?」
「薬草よ。良い香りがするの。アラベラさん達がくださったお菓子からも同じ香りがしたわ。この辺りの森によく生えていたのね」

 見ればアラベラ、エロイーズは顔面蒼白で、紫色の唇が震えていた。

「初夏に小さな花が咲くのよ。花言葉は〝あなたは私、独占、嫉妬〟だったわね」

 ――恐ろしい。呪いの花じゃないか。

「昔は惚れ薬に使われたらしいの。貴女にあげるわ」

 ミミはアラベラの手に薬草を握らせた。

「あなたは私。私はあなた。だから水に流しましょう。私だって嫉妬することはあるもの」

 ミミは俺の方をちらりと見た。

 ――嫉妬? ミミが……俺に?

「それでは私達はこれで。おやすみなさい」

 ミミは会釈すると、俺の腕にそっと右手をかけた。月光に照らされた家路を、ゆっくりとした歩調で進む。

「月が綺麗ですね」

 ミミが夜空を仰いだ。

「愛している、の意味だと受け取っていい?」

 するとミミは、ひどく驚いた顔をした。

「そう受け取って構わないわ」

 俺の左腕に添えられた、ミミの右手をすくいとる。
 彼女の指先にキスをすると、薬草の微香がした。

【5章につづく】

「【コミカライズ化!】リンドバーグの救済 Lindbergh’s Salvation」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く