【コミカライズ化!】リンドバーグの救済 Lindbergh’s Salvation

旭山リサ

3-5 ★ 敵も馬鹿ではないらしい

 非力な自分が憎い。
 手弱女たおやめと言えば聞こえは良いが、非常時には何の役にも立たない。
 円形の机を前に、私はおんぼろの椅子に縄で縛られていた。

 ――ここはどこかしら?

 葉擦れの音と鳥のさえずりだけが聞こえる。
 どうやら森の中の古びた小屋のようだ。

 ――気絶させられた後、夢の中でガラガラと車輪の音を聞いた気がする。

 妙な薬を嗅がされ、視界を塞がれた後、荷台か何かでここへ連れてこられたのかも。

 ――誰か目撃者はいないかしら。まぁ、犯人たちは目の前にいるんだけど。

 縛られた私を見ながら、アラベラとエロイーズは薄ら笑っていた。

「さあ、どうぞ」

 エロイーズが私の前に受け皿ごとカップを置く。腐った魚のような臭いを放つどす黒いお茶だった。

「砂糖はいかが?」

 白い小瓶を差し出す。これは砂糖ではなく塩ね。絶対、塩。

「お茶菓子はいかが?」

 アラベラは、干からびた魚を皿にのせてカップの横に並べた。めざし? あら美味そう。前世が日本人だからね。お茶菓子というよりは酒の肴に良さそうだわ。

「私をどうなさる気かしら。殺すつもり?」
「そんなまさか。物騒なこと」

 エロイーズが呆れたように笑った。

「あなた達、こんなことして、ただじゃ済まないわ。誘拐、拘束、罪状は多いわよ」
「でも証拠が無いとねぇ? 誰が信じるの。私達はお茶会に招待しただけよ」

 アラベラは「ね?」とエロイーズに同意を求めた。

「そうよ。美味しいものを召し上がって欲しいだけ。フフッ」

貴女あなたの話なんて誰が信じるものですか。王子の元婚約者が、また被害妄想を垂れ流していると噂されるだけよ」

 アラベラの言葉に、思わずうつむいてしまう。

 遺書事件の後、私を精神障害だの、被害妄想だのと悪口を載せた記事は多かった。精神障害には違いない。私は自裁を図ったのだから。けれども「被害妄想」は違う。私がダーシーの策略により冤罪えんざいを着せられたことは事実なのだ。

「失礼ね。加害者と被害者の区別くらいはつきますわ」

 アラベラ、エロイーズを順ににらみ付けた。

「加害者が被害者面をして、よくそんな口を叩けるわね」

 エロイーズが吐き捨てた。

「私達に食べさせたお菓子、わざとでしょ?」
「何のことでしょう」
「とぼけないで! 甘くて辛くて苦くて酸っぱい、ゲテモノ料理よ!」

 わめきちらすエロイーズの唾が頬に飛ぶ。手が縛られていて拭えない。

「ああ……皆さんに手作りのお菓子を召し上がっていただきましたね」
「わざとあんな味にして、作ったんでしょ」

 アラベラが眉をつり上げた。

「誤解です。旦那様だって、美味しいとおっしゃってくださったんですから」
「し、司祭様は、独特の舌を持っていらっしゃるだけよ」

 エロイーズの言葉に「そうよ」と相槌を打つアラベラ。

 ――あぁ、はいはい、なーるほど。好きな人のことは否定したくないのね。

「司祭様にはちゃんとしたものを渡して、私達には不味まずいのを食わせていたんじゃないの?」

 ――大当たり! 敵も馬鹿ではないらしい。

「言いがかりですわ」

 私は大嘘吐きだ。しかしそれがどうした。

「それこそ、どんな証拠が? 私がお菓子を作るところを誰か見ていたとでも言うのですか」

「……。いたのよ」

 エロイーズの返答に間があった。

「それは貴女では? 我が家に不法侵入して台所をのぞいていたんですか? 怖いんですけど~、気持ち悪いんですけど~、暇なんですか~」

 わざと棒読みで火に油を注いでみた。コイツは真犯人を知っているかもしれない。

「私じゃないわよ!」

 エロイーズは真っ赤な顔で否定すると、背後を勢いよく振り返る。

「いい加減出て来なさいよ。あんたも、この女に言いたいことがあるんでしょう!」

 小屋の奥のカーテンが、もぞもぞと揺れる。そこに人が隠れているとは思っていなかった。灰色の長い髪がカーテンの隙間から揺れる。垂れ目で憂鬱ゆううつそうな面持ちの少女はもじもじしながら現れた。

「貴女……見覚えがあるわ」

 礼拝堂の隅っこにいつも腰掛けている女性だ。おそらく私達と歳は変わらないだろう。目が合った瞬間、彼女は私からぷいっと顔を背けた。

 ――あの長い灰色の髪。

 家の中で不審な物音がした時、一瞬見えた犯人と同じものだ。

「パム! あんた見たんでしょう!」

 アラベラが声を荒げると、パムと呼ばれた女性はこくりと肯いた。


【つづく】

「【コミカライズ化!】リンドバーグの救済 Lindbergh’s Salvation」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く