【コミカライズ化!】リンドバーグの救済 Lindbergh’s Salvation

旭山リサ

3-3 ★ 塩、塩、塩

 事件は現場で起こっている。
 現場は家、被害者はうちの旦那様。

 それから私たちは今まで以上に周囲へ警戒を怠らぬようにした。たとえ火の中、水の中、藪や茂みで記者が写真機を構えていたって、潜伏場所を見つけ出し、ネズミ捕りのように罠を仕掛け、ヤツラの名前と出版社を突き止めてきた。うちの旦那様に手を出そうものなら、ただじゃおかないわ。懲らしめなければ元悪女もとあくじょすたる。

「悪女の名は廃っていいんじゃないかな?」

 私の意気込みを聞いたアルは、苦笑いを浮かべていた。

悪名あくみょうは上手く利用しなければ」
美名びめいを後世に残しても……良いのでは?」
「甘い。美しさの裏には醜さがあるのです。美名びめいなんて胡散臭うさんくささ極まりないわ」
「さ……左様ですか」
「私だってそりゃぁ〝司祭の奥様は美人で優しい〟と評判が立ったら、嬉しいですけど」
「残念なことに〝司祭夫婦は破壊的味覚はかいてきみかくの持ち主だ〟ともっぱらの噂だ」
「そのおかげで、毒入り菓子の差し入れは無くなったではないですか。ちなみにどのくらいの期間、差し入れは続いていたのですか?」
「半年……かな」
「半年間、貴方に毒や惚れ薬を盛ったけれど、ちっとも効果が無かったので、あちらがあきらめたのかもしれないですね。そこに私が嫁いできて、舌が干からびそうな不味まずい菓子をしこたま作り、貴方あなたが〝美味うまい、美味うまい〟と食べたものだから、百年の恋も冷めたのでは? 大きなトドメになったのは確実でしょう」

 アルは机に突っ伏し、笑いに肩を震わせていた。

「アル。そろそろ時間では?」

 町役場の会議の時間だ。司祭は町と人とを繋げる役割を担う。司祭の口を通すことで、要望や嘆願がお役所へ届きやすい為、様々な会合や催し物に招かれていた。

「それじゃあ、行ってきます」
「行ってらっしゃい。お気を付けて、アル」

 書斎を出て行こうとしたアルが、扉の前で急に立ち止まり、私へ振り向いた。

「どうされました?」
「ああ……いや、その」

 アルは口籠くちごもり、視線を落とす。

「もう一度、言ってくれないかな」
「もう一度? 何を?」
「見送りの言葉。気丈夫なミミの言葉は何よりの御守りだから」

 アルの頬はにわかに赤みを帯びていた。

「行ってらっしゃい……で良いのですか?」
「うん」
「あっ、そうだわ。この御守りも持って行ってください」

 紙で包んだ手作りの飴玉をアルに握らせた。アルはぽかんとして飴玉を見下ろしている。

「私とナンシーの手作りです。蜂蜜、水飴、檸檬れもんをまぜて作りましたの。疲れがとれますよ」
「まぜたのは……それだけ?」
「あら、塩飴しおあめが良かったですか?」
「いえいえ、とんでもない」
「遠慮なさらず。塩飴も持っていってくださいな。嫌いな敵に差し上げて」

 塩飴を二粒、彼の手に握らせた。

しおを送ったら、敵を助けることになってしまうよ、ミミ」
「えっ、今なんて?」
「だから。塩を送るというのは、敵を助けることの例えさ」

 アルと会話をしながら違和感を覚えた。

 ――「敵に塩を送る」ということわざは、この世界にもあったかしら。生まれ変わる前の「日本」だけだと思っていたけれど。

「御守りをありがとう、ミミ。それじゃあ」
「行ってらっしゃい、アル」

 アルを見送ったあと台所へ行くと、ナンシーがお湯を沸かしていた。

「奥様。お茶の時間にしませんか」
「そうしましょう」

 紅茶を飲みながら、夕食の献立をナンシーと相談する。
 「塩をきかせるか、きかせないか」という話題になったので。

「ねぇ、ナンシー。敵に塩を送るって、どういう意味か知っている?」

 本好きのナンシーなら、ことわざに詳しいと思って訊ねてみた。

「敵に塩なら、たっぷり送ったではないですか。岩塩クッキーを」
「そうだったわね」

 ナンシーは「塩を送る」は敵対する相手を懲らしめるという意味で解釈している。

「本当は、苦しんでいる敵を助けることの意味なのよ」
「へぇ、それはなぜですか?」
「塩不足で困っていた敵に送ったのが始まりとされているの」
「奥様は歴史にもお詳しいのですね」
「そうね。昔々、遠い国の物語だけど」

 前世、日本人だった時に、歴史の授業で習ったことだ。

「ところで奥様。誠に申し訳ありませんが、私、夕時まで外出しても構わないでしょうか」
「勿論よ。何か買い物?」
「はい。友人の退院祝いの品を揃えたいのです。休日に準備をする予定だったのですが、退院の日取りが早まりましてね」
「そうだったの。ゆっくり選んでいらして」
「何か御入り用のものはありませんか。揃えて参ります」
「大丈夫よ。気を付けて。ステキな贈り物が見つかると良いわね」
「ありがとうございます」

 ナンシーも出かけてしまい、私一人が館に残されてしまった。

「一人ぼっちというのは……寂しいわね」

 一人で飲む紅茶は美味しくない。

「そうだわ」

 アルの書斎へ向かうと、棚から数冊の辞書を引っ張り出す。生まれ変わる前の日本では、インターネットですぐに検索できたが、この異世界で頼れるのは辞書のみ。

「塩……塩……塩……」

 塩に関する項目をひたすら調べ始めた。


【つづく】

「【コミカライズ化!】リンドバーグの救済 Lindbergh’s Salvation」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

  • 旭山リサ

    ★清水漱平さんへ★ 甘塩っぱいものが好きなんですよ~。塩飴とか、塩豆大福とかが大好物です。コメントありがとうございます。

    0
  • 清水漱平

    いよいよいよいよな予感がします。
    あ、塩飴

    1
コメントを書く