何時何分? 心臓が何回動いた時?

神楽堂

3

ばかな!
ここには誰もいないはずだ。
誰だ、そんなふざけたことを言うやつは。
俺は病室を見渡した。


いつの間に入ってきたのだろう。
見たことのない男が立っている。

ひどく痩せていて、まるで骸骨のような顔だ。
服装は、麦わら帽子に手ぬぐい、
作業着を着て、足は長靴を履いている。
病院の敷地で草むしりしているおじさんか?
手には金属製の長い棒を持っているが、これは何だろう?
そもそも、俺に知り合いにこんな人はいない。

「誰?」

「おやおや、あなたには私が見えるのですね。
 それでは自己紹介しましょう。
 わたくし、『死神』と申します。
 お見知りおきを」

やれやれ、こんな幻覚が見えるようになるとは、
俺の死期は本当に近いのかもしれない。
出て行け、と言おうとも思ったが、
長らく家族も同僚も見舞いに来てくれず、
暇を持て余していたら俺は
死神と話してみることにした。

「死神ってことは、俺の寿命は見えている、ってことだな?」

「左様で」

「さっき、俺の心臓が何回動いた時死ぬとか言っていたような気がするが
 それは本当か?」

「もちろんでございます。
この仕事、数千年やっておりますので、
人の死期はピタリと分かるのでございます」

そうか。やっぱりそうなのか。
心臓が動いているということは生きている証。
喜ぶべきことだ。
しかし、一定の回数、心臓が動くと死ぬのであれば
心臓はあまり動かない方がいい、
ということになる。
心拍数を数えることは、
死へのカウントダウンみたいなものなのか。

コメント

コメントを書く

「ファンタジー」の人気作品

書籍化作品