何時何分? 心臓が何回動いた時?

神楽堂

2

この説には賛否両論あるようで、
現代でも答えが出ていないらしい。
だが、俺には何となく説得力があるように感じた。

俺は再び、モニターを見た。
モニターは相変わらず、俺の心拍数を
文字通り機械的に表示している。

この数字を足していけば
俺の心臓が何回動いたのかが分かるというわけだな。

そんなことを考えていたら、
ふと、小学生の時に言っていた
こんな言葉を思い出した。


「それいつのこと~?
 何時何分何秒?
 地球が何回回った時~?」

誰もいない病室で、俺はクスっと笑った。

「俺が死ぬのはいつのこと~?
 何時何分何秒?
 心臓が何回動いた時~?」

そうつぶやいてみた。
この病室は個室だ。
答えてくれる者は誰もいない。

ピッ ピッ ピッ ピッ ……
機械の音がさっきから無情に鳴り続いている。

「〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇回ですよ」
どこからか、そんな声が聞こえてきた。

コメント

コメントを書く

「ファンタジー」の人気作品

書籍化作品