話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

病気の私に舞い降りた突然の恋 〜実録恋物語〜

アイナ

あなたと出会った場所〜第4話〜

私には密かに想いを寄せている人がいる。

行きつけの音楽が流れている立ち飲みのBARバーに友達と行ってそこでその人の友達が私の友達と2人で盛り上がっていてどうしようかな〜と思いながら後ろを振り向いてみると少しうつむいて退屈そうに壁に寄りかかって携帯をいじっている彼を見つけた。

暇だし、はなしかけてみようかなと思い、肩を軽くとんとんと叩いて私は口をひらいた。

「ねえ暇なの?一緒に飲もうよ」

そうすると彼は顔をあげ

「ああ俺もちょうど暇だったしいいよ」

そう言って携帯をポケットにいれた。

彼の名前は裕太ゆうた

私は彼に一目惚れだった。
高身長で細身で少し目にかかる前髪からちらっと見える綺麗な瞳に私は一瞬で恋に落ちたのがわかった。

お酒を飲みながら色々と楽しく話していると彼の年齢は24歳で年下なこと、飲食店の仕事をしていること、彼女が居ないことがわかった。

「ねえ連絡先教えてくれたりしない?」

少し緊張しながらも聞いてみると

「別にいいけど仕事忙しくてそんなに連絡返せないよ」

それでも良いと思った。それでも少しでも彼と繋がっていられればそれでもいいと思った。

基本クールで無表情でたまに見せる笑顔に私は完全に釘付けになっていた。

喫煙所で2人でタバコを吸っている時に彼が

「メンソールじゃん!俺も昔それ吸ってた!ちょっと吸わせて〜」

そう言いながらタバコを持っている私の手に顔を近づけて前かがみになり私のタバコを1口、吸った。

顔が近くて髪からシャンプーのようなふわっといい匂いがしてきた。
この人絶対に女慣れおんななれしてるよな〜と思っていたら

「俺のタバコも吸ってみ」

そう言いながら吸いかけのタバコを私の口元に持ってきてドキドキしながらやられるがままにそのタバコを吸った。

そのあと友達のところに戻って4人でしばらく楽しくお酒を飲んでいて裕太ゆうたはだいぶ酔っている様子だった。

私の友達はまた裕太ゆうたの友達と盛り上がって話をし始めて必然的に彼と2人きりの空間になった。すると彼は私の顔をじーっと見つめてきて

「なに!?なんでそんな見てくるの!」

「いや〜俺は綺麗系が好みだけど由奈ちゃんみたいに童顔の顔も可愛いな〜と思って。なんてね」

目をトロンとさせながら顔がほんのり赤い彼がクスっと微笑みながら私のほっぺをつんとしてきた。

それと同時に私の顔が熱くなるのを感じた。

ああ、どうせ色々な女の子にもこういうことしてるんだろなと思いながら泣きそうになり、でもそんなことどうでもよくなるくらい彼のことが好きだと思った。

そろそろ閉店の時間になりお店をあとにした。
彼と彼の友達とは駅で解散して友達と始発の電車に乗って帰宅。

私は自分の部屋に入りすぐに彼に

「今日は楽しかったよありがとうまた飲もうね」

とメッセージを送って携帯を充電し、化粧を落とすついでにシャワーを浴びて眠りについた。





最後まで読んで頂き本当に嬉しく思うのと同時に感謝の気持ちで胸がいっぱいです。
今後も続けて行こうと思います!
初心者投稿者なので、何卒暖かな目で見守ってください!




「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く