話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

病気の私に舞い降りた突然の恋 〜実録恋物語〜

アイナ

彼の様子が、、?〜第3話〜

『♫♩〜〜♬♪〜〜♫』
『まもなく、14時37分発杉並行き各駅停車が参ります黄色い線より内側にお待ちください』

15時に待ち合わせなのに少し早すぎたなと思っていると電車が来た。

私はイヤホンで好きな音楽を聴きながら電車に乗りゆらゆら揺られていると
待ち合わせが最寄り駅の隣の駅なので3分くらいで駅に到着した。

早めに着いたので改札口の前の壁に寄りかかり緊張をほぐすために好きな音楽を少し大きめの音で聴いている。

私は極度の人見知りなので内心すごく緊張していて、心臓がばくばくしているのを感じた。

どんな人なんだろうな、怖い人だったらどうしよう、でも写真はかっこよかったな、など
色々と考えていると、一通のメッセージ。

「駅に着いたよ」

彼からのメッセージだった。

ドキドキしながらキョロキョロして彼を探しているとこちらに向かってくる男性が1人。

もしかしてあれが涼太くんかな?
そう思いながら見つめていると、片手を振っている涼太くんだった。

第一印象は、見た目が思ってた人と違う。
写真は好みのタイプだったのに面食いの私からしたら正直、髪型や服装や特に顔が私の好みとは真逆だった。

「由奈ちゃん?遅くなってごめんね、はじめまして!」

「どうも、はじめまして」

声は確かに配信や電話で聞いた彼の声だった。

カラオケに着くまでの間に2人並んで歩きながら他愛もない話をしていた。

「昼間に用事があってこの服買ったんだけど、どう?」

彼は今日のために服を買ったらしい。
好みの服装ではなかったけど私は

「いいじゃん!似合ってる!」

と一言。

そんなこんなで会話をしていたらカラオケに着き、受付を済ませた。

そこのカラオケはタバコを吸えるところだったのですが、彼もタバコを吸うみたいでしかも同じ銘柄で偶然だね、なんて話しながらカラオケの選曲を選んでいた。

お互い2〜3曲歌ったあと、私が前にこの歌好きだから覚えてといったデュエットできる曲を一緒に歌わない?と言ってみたら

彼はまったく知らない曲だったはずなのに予想とは裏腹に覚えてきていて少し驚いた。

「この日のために覚えてきたの?」

と冗談まじりに笑って言うと

「由奈ちゃんが好きって言ってた曲だから何回も聴いて頑張って覚えてきた!」

彼は少し照れながらそう言ってきた。

それからカラオケを普通に楽しんで、そろそろ帰りたいなと思い

「そろそろお母さんが心配するから帰らなきゃ」

と嘘をつき早く帰るように促した。

すると彼は

「もう帰るの?早いよ〜もうちょっと一緒にいたい」

私は困ったが、実際に帰りたかったので、ごめんねまた今度ねと言うと彼はとても寂しそうな顔をしてわかったと一言。

また今度、なんて言ったけど私は正直もう会う気はなかったのに。

カラオケの部屋をでる際に立って扉をあけようとした時、急に頭をぽんぽんしながら

「由奈ちゃんちっちゃくて可愛いね」

ちょっとびっくりした。会う前からちょくちょく思っていたが彼の言葉は本当に、どストレート。

「ああ、ありがとう」

と少し冷たくあしらって部屋を出てお会計を済まし改札口を通って、2人とも方向が逆だったのでじゃあまたねと言ったら彼が急に腕を掴んできて

「まだばいばいしたくない寂しい」

人がたくさんいる中で5分程そのままで、どうしようと思ったが少し強引に腕をほどいてまたねと足早に電車のホームへ向かった。

ホームについて前を向くと彼も真向かいに立っていてその時に私がメッセージで

「寂しい?」
「離れたくない?」

と少し意地悪な文を送ったらすぐに既読がつき彼からメッセージの返信がきた。

「うん寂しい離れたくない泣きそう」

その反応がなんかおもしろくて私のいたずら心でメッセージを続けていたときちょうど私の方のホームに電車が来た。

なんとなく電車の窓から彼を覗いてみたら
すぐに私を見つけて悲しそうな顔した彼が
手を振っていた
私はなんだか笑ってしまい微笑みながら手を振り返した。

かなり一目惚れしやすい私だが今回は一目惚れの、ひの字もなかった。

楽しかったけどまた会う気は1ミリもなかった。

自分でも言うのもなんだが男性と付き合った経験は割とあるのでこの人は私のこと好きだなとすぐに分かった。まあ今回はただの勘だけどね。まだどんな人かも分からないし。

そんなことを思いながらイヤホンを耳につけ音楽を流して彼のメッセージを返しながら電車に揺られ私はそのまま家に帰った。




最後まで読んで頂き本当に嬉しく思うのと同時に感謝の気持ちで胸がいっぱいです。
今後も続けて行こうと思います!
初心者投稿者なので、何卒暖かな目で見守ってください!


「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く