話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

病気の私に舞い降りた突然の恋 〜実録恋物語〜

アイナ

まさかの急展開〜第2話〜

私からメッセージを送ったら
すぐに彼から返信が来た。

「今日由奈さんのことを見つけて、こんなに早くSNSを交換すると思いませんでした!」

「そうだよね、ごめんね。突然。仲良くなりたくてさ。」

「俺も同じこと思ってたので嬉しいです。」

「そうなの?それは良かった。ところで年齢と名前聞いてもいい?」

「名前は涼太です。佐々木 涼太ささき りょうた。年齢は20歳になったばかりです。」

私は正直驚いた。
割と大人びた声だったので同じ歳くらいかなと
思っていたからだ。

6つも年下なことにびっくりした。

何を思ったか電話で話したくなって、勝手に文字を打っていた。

「なんか声聞きたいな。電話しようよ。」

もう夜中なのに迷惑かなと思いながらも
聞いてみた。

「いいですよ。俺も声聞きたかったし」

この人さらっとドキッとすること言うなと
自然に笑みがこぼれていた。

すると、突然

「♬〜♪♪♬〜♪♪♬♪」

「やばい。本当に電話かかってきた。」

緊張しながら恐る恐る電話に出た。

「もしもし、、、」

「もしもし。」

配信とはまた少し違うちょっと低めの優しい声が聞こえてきた。

色々と他愛もない話をしていて
彼も自然とタメ語になるくらい
自然と話せるぐらいお互い緊張は、ほぐれていた。

話が楽しくなって、実際に会って遊んでみたいという感情が心に芽生えた。
そこで突然私はある言葉を切り出した。

「あのさ、良かったら直接会ってみない?」

自分でも驚くぐらい自然に言葉がでてきた。
そんな中、彼はすぐに二つ返事をくれた。

「いいよ。遊ぼう。来週の月曜日空いてる?」

「うん。空いてる。」

そのあと少し話し合っているとお互い、カラオケが好きということが分かり
カラオケに行くことになった。

だが、私はうつ病のほかにパニック障害も持っていて長時間電車に乗ることができないので
どうしようと思っていた矢先、彼が口をひらいた。

「俺が由奈ちゃんの地元に行くよ。」

そう言ってくれた。

彼とは隣の県だが彼の地元から私の地元まで
電車で片道1時間は、かかる。

「遠いのに本当にいいの?」

と私が聞くと

「由奈ちゃんに会いたいし全然大丈夫だよ」

彼の優しさに甘えさせてもらって、地元の安いカラオケボックスを予約した。

そのあとは、お互い他愛もない話に戻り話を続けると気がつくともう朝の6時をまわっていたことに気づいて話を切り上げてお互い寝ることにした。

「おやすみ。また連絡する。」

彼はそう言って電話を切った。

遊ぶ当日までたまに連絡を取り合う生活をしていたら気がつけばもう遊ぶ日にちになっていた。

私は配信者で彼はリスナー
こんな形で会っていいのかと疑問を持ちながらも服を適当に選び軽く化粧をして
私は待ち合わせ時刻より少し早めに家を出た。




最後まで読んで頂き本当に嬉しく思うのと同時に感謝の気持ちで胸がいっぱいです。
今後も続けて行こうと思います!
初心者投稿者なので、何卒暖かな目で見守ってください!

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く