話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

病気の私に舞い降りた突然の恋 〜実録恋物語〜

アイナ

思わなぬ出会い〜第1話〜

私の名前は吉田 由奈よしだ ゆな、26歳。
うつ病持ちの無職で
毎日つまらない日々を送っている。
家族は母だけ。

そんなつまらない毎日の中で
私の唯一の楽しみがある。

それは顔出し配信アプリで毎日配信をして
ファンの子とお喋りすることだ。

4年半付き合っていた彼氏に振られ
なんとなく配信アプリを始めてみようと思った。

ある日、いつものように生配信をするために準備をして夜の22時になり

「よーし、今日もやるか〜!」

そうやっていつも通り配信をつけ
ファンの子と楽しくお喋りをしていた。

半年ぐらいやっているけど
毎回決まった5人しか来ない、私はいわゆる過疎配信者だ。

それでも、仲のいいファンの子達と話してる時間はとても楽しかった。

「あはは、本当そうだよね〜」

なんて、他愛もない話を続けてる中
ポン、と見たことのないアイコンのSEROセロという男の人からコメントが来た。

「初見です。」

と、一言。

「あ、初見さんいらっしゃい。どこから見つけてくれたの?」

そう言葉を発すると

「おすすめに流れてきて可愛いかったのでコメントしちゃいました。」

そう、これが彼との初めての出会いだった。

何分か彼と話をしていると
どうやら彼も別のアプリで配信しているようで
これから配信する、とのこと。

SEROセロくんも配信やってるんだ、じゃあこのあとみにいくよ。」

と、約束して

「ありがとうございます。では、これから配信の準備をするのでこの辺で。待ってますね、またあとで」

そう言って彼は私の配信から抜けた。

30分ほどファンの子たちとお話して

「今日も来てくれてありがとう!楽しかったよ!おやすみなさい。」

と言って配信終了ボタンを押した。

「ふぅ〜今日も楽しかった。あ、そういえばSEROセロくんの配信行く約束してたな。」

SEROセロくんがやっている配信のアプリをインストールして
名前を調べて、ちょうど配信をやっていた。

彼の枠に、入ってコメントをした。

「やっほー、由奈だよ。さっきは私の配信来てくれてありがとう。」

「由奈さん本当に来てくれたんですね。ありがとうございます。」

声は、高いと低いの間の声で
話し方も優しく、明るく話してくれて
正直、とても私の好きな声でした。

色々とお話しをする間に仲良くなり
配信も終わる頃に
私が、

「良かったらSNS交換して話そうよ」

ダメ元で言ってみたら

「いいですよ。」

と、即答

それからSNSを交換して彼は配信を切り
すぐに私からメッセージを送った。





はじめまして、作者のアイナです。最後まで読んで頂き本当に嬉しいです。
今回投稿した作品は私が体験した実話を元に書いていますが、小説を投稿するのが初めてな為、書き方にぎこちなさや読みずらさがあるかもしれないですが何卒、暖かな目で見守ってください。

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く