話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

勇者デリバリー~毒舌少女と純情王子の冒険譚~

花宵

16、変態王子を倒したらレベルが上がった

『神秘の水着』

 神秘の布で作られた聖なる水着。想いの通じあった相手の前では大事な部分が透けるという優れもの


「最高でしょう、マコト様!  是非この私だけにその神秘のベールに包まれた部分をお見せくだ……」
「このド腐れ変態王子がぁぁあああ!!」


 私の右ストレートが、変態の鳩尾に華麗にクリーンヒット。

 タタタータータ、タッタターン

 その時、私のレベルが3から15に上がった。

 スキル「とんずら」を覚えた。
 スキル「みやぶる」を覚えた。

 流石は盗賊、戦闘じゃ役に立たないスキルばかり。
 敏捷と器用さの数値は上がりやすいねんけど、他はザル。

 ここは防具と武器で補うしかあらへんな。
 あたいが扱える武器は、投擲と短剣か。

 仕込み武器として、小型の苦無。
 メイン武器として、ポイズンダガーを購入。

 ポイズンダガーは攻撃時、確率で相手を毒状態にする。
 攻撃力の低いあたいには、状態異常が伴う武器はありがたい。

 防具は敏捷を生かすため、なるべく身軽なものやろな。
 耐性効果があるのが理想的やねんけど。

「勇者デリバリー~毒舌少女と純情王子の冒険譚~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く