話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

勇者デリバリー~毒舌少女と純情王子の冒険譚~

花宵

14、共に世界を救おう

 勇者を譲渡したら、あたいは今すぐ元の世界に戻れるの?


『勇者を放棄した者は、寿命尽きるまでこの世界から出る事は叶わぬ』


 ですよねー。
 そんな都合よくリタイアなんて出来ませんよねー。
 って、どっから湧いたんやファンタジックボイスさんよ。


『我は常にお前を見ている』


 え、何?  新手のストーカー?


『困った時は三回まわってワンだ、そうすればわれが道を示してやろう』


 誰がやるか!


『我が名は、チュートリアル』


 不親切設計なのは、アンタのせいか!



「シェド、悪いけどあたいは、勇者の地位を譲る気も、アンタの奥さんになる気もない。魔王倒して、一刻も早く元の世界に帰る」
「マコト様……初めて私の名前を……」
「アンタにこの世界で、大事なものがあるように、あたいにも元の世界で大事なものがある」
「そうですよね。私が依頼したばかりに、マコト様にご迷惑を……」
「アンタが今まで苦しんで来た事は分かった。力になるから、アンタもあたいに協力してもらえる?  この世界を救うため、元の世界に帰るために」
「勿論です!  共に魔王を倒しましょう」


 こうして、あたいの冒険は始まった。

「勇者デリバリー~毒舌少女と純情王子の冒険譚~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く