話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

勇者デリバリー~毒舌少女と純情王子の冒険譚~

花宵

3、転生がハードモードすぎる

 目覚めると、あたいは薄汚い小屋に横たわってた。
 穴のほげた天井、すきま風ビュービューの壁。
 お天道様がそのほげた穴からビームを発射してきやがった。


『望み通り、究極の盗賊スキルを授けてやった』


 そして、響くファンタジックボイス。
 ビーム暑いわ、風は前髪ぼさぼさにして鬱陶しいわ。

 いささか、感覚リアル過ぎやしやせんか?


『この世界を救う事が出来たら、お前の希望を何でも1つ叶えてやろう』


 3つじゃだめ?
 そしたらあたい頑張れる。


『お前の希望を何でも1つ叶えてやろう』


 あんさんケチやな。
 じゃあ2つでどうや?


『お前の希望を何でも1つ叶えてやろう』


 あーあかん、これはあれね。
 壊れたラジオみたいなもんやろ?
 だって同じことしか言わへんもん。


『では行くがよい、勇者よ』


 勝手に話進めちゃってるよ。
 これ、完璧面倒くさがってるよ。
 てか、勇者に盗賊スキルってマジで与えんなよ!


『行くがよい、ユニーク勇者よ』


 そして言い直してんじゃねぇよ!
 ほんとに世界救う気あるんか?
 ファンタジックボイスさんよ。

「勇者デリバリー~毒舌少女と純情王子の冒険譚~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く