話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

年下皇帝の甘い誘惑

日下奈緒

第1話 出会ったのは皇帝陛下!?①

雨がザーザーと降るこの街で、私の居場所なんてなかった。
暴力彼氏から逃げるようにして家を出て、お金も服も持って来る事を忘れた私に、行く場所もない。

「大丈夫ですか?」
おぼつかない日本語。
直ぐに外国人だって分かった。
「大丈夫です。」
「大丈夫のように、見えない。」
放っておいてと思ったけれど、私の様子を見て声を掛けて来たこの人には、通じないだろう。

「家、どこ?」
「ない。」
「ない?仕事、何してるの?」
「料理人。でももう働けない。」
「だったら、僕の国で料理人する?」

それが、私の人生を変えた一言だった。

それから私は、時を見計らって、財布としばらく泊まれるだけの荷物を持って、空港に降り立った。
「来ましたね。」
「はい。あの、改めてお願いします。アルッティさん。」
「こちらこそ。」

自分でも馬鹿だと思う。
あの雨の日に出会ったばかりのアルッティさんに、付いていくだなんて。
でも他にいく場所もないし。
ここはアルッティさんを信じるしかない。

飛行機に乗って、向かう先はヨーロッパの方向だった。
「あの、アルッティさんの国って、ヨーロッパにあるんですか?」
「はい。と言っても、地図にも載っていない小さい国。」
「へえ。」
そんな小国の料理人なんて、日本人の私にできるかな。
なーんて。
ここまで来たら、やるしかない!
そして日本食ブームでも、起こしてやろうじゃないの!

日本を経って18時間。
飛行機を降り、小さな空港になぜか置いてある、アルッティさんの車に乗って、私はルシッカという国を見始めた。
「緑の多い国なんですね。」
「はい。あまり開発していない。自然を大切にする国なんです。」
いろいろと聞いていると、この国は少ない民族が、力を合わせて生きているという。
そういう国って、意外と好き。

「ほら見えて来ました。」
アルッティさんが指さす方向を見ると、そこには中世のお城が立っていた。
「立派なお城ですね。観光とか、皆来そうですね。」
そう言うと、アルッティさんは大笑いした。
「今でも皇帝、住んでいる。観光の為じゃない。」
「ええっ!?」
もしかして、皇帝がいるの?こんな小さな国に!?
って、失礼か。

「涼花には、お城で皇帝の為の料理を作ってもらう。」
驚き過ぎて、飲んでいた水を噴き出した。
「大丈夫なの?外国人に皇帝の料理を作らせるなんて!」
「涼花は外国人の私に、対等に話してくれた。」
「それは、あのね……頼れる人がいなかったからよ。」
「でも、涼花。信じられる人。悪い事する人じゃない。」
「それは、どうも。」

ひゃー。とんでもない場所に来てしまったと、思ったのが最後。
もうお城は目の前にあって、逃げられない。

「はい、涼花。ここ。」
車を降りたのは、お城の敷地内にある、小さな団地だった。
「料理人の為の家。涼花の家は、一番端にしておいたよ。」
「ありがとう。」
入ってみると、小綺麗なキッチンに、お洒落なダイニング。奥には可愛いベッドルームもあった。
「すごい。」

私は荷物を置くと、一通り部屋を見て周った。
部屋は2Rって、私が日本で暮らしていた時よりも、結構いいじゃない。
ベッドもフカフカだし、文句なしだ。

「涼花。仲間を紹介するよ。」
「はい。」
立ち上がってアルッティさんの後を付いて行く。
家からお城までは、5分程度歩くだけだ。

「皆、手を休めて。」
アルッティさんが、手をパンパン叩く。
「突然だが、新しい仲間が入った。」
皆が、オーッと叫ぶ。
「日本から来た、坂井涼花さんだ。」
アルッティさんがそう言うと、周りはガヤガヤし始めた。
やっぱり外国人だと、そうなるよね。
するとある女の子が、私の目の前に来た。
「レーナよ。日本語、少しできる。仲良くしてね。」


「年下皇帝の甘い誘惑」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く