乙女ゲームの悪役令嬢になったから、ヒロインと距離を置いて破滅フラグを回避しようと思ったら……なぜか攻略対象が私に夢中なんですけど!?

猪木洋平@【コミカライズ連載中】

237話 エドワード王子の来訪

(やっぱり、私は悪役令嬢のイザベラなのね。闇堕ちは何とか回避したけど、体の発育まではコントロールできなかったみたい)

 そう思いながら、私は鏡の前に立つ。
 自分で言うのも何だけど、結構かわいいと思う。
 それに、胸も大きい。
 物凄い巨乳という程ではないが、少なくとも平均よりは遥かに上回っている。

(ふふ……。この美貌があれば、素敵な王子様が見つかるはず……。待っていてね、私の王子様……)

 私はうっとりとした目で、鏡の自分を見つめる。
 すると――
 バーン!!
 突然、私の部屋の扉が開かれた。

「イザベラ! この俺、エドワードが来てやったぞ! 今日はお前に話しておくことが……っ!?」

 入ってきたエドワード殿下の顔色がみるみると青くなっていく。
 そして私の姿を見た瞬間に、今度は真っ赤になった。

「い、イザベラ! 何だその不埒な制服は!?」

 エドワード殿下に言われて、私はハッとする。
 今の私は、小さめの制服を着ていた。
 特に胸の部分はキツく、ボタンが今にも弾け飛びそうだ。

「え、エドワード殿下こそ……! 乙女の部屋に入る時はノックぐらいなさってください!!」

「俺は婚約者だから良いんだ! それより、その淫らな制服を――ごふっ!?」

「あ……ボタンが……」

 タイミングの悪いことに、私の着ていた服の一番上のボタンが飛んでしまった。
 そしてそれは、エドワード殿下の顔面に直撃する。
 彼はそのまま倒れ込み、ピクピクと痙攣していた。

「え……? ちょっと、エドワード殿下? しっかりしてください!!」

 私は慌てて駆け寄る。
 彼は気絶していた。
 ボタンが当たっただけなのに、どうしてこうなった。

コメント

コメントを書く

「恋愛」の人気作品

書籍化作品