乙女ゲームの悪役令嬢になったから、ヒロインと距離を置いて破滅フラグを回避しようと思ったら……なぜか攻略対象が私に夢中なんですけど!?

猪木洋平@【コミカライズ連載中】

230話 イザベラとカインの魔法開発-3

「だろ? それなのに、防御にばかり重点を置いているのは勿体無いって話だ」

「むむむ……。そう言われても……。これは防御魔法なんだから、攻撃の要素を組み込むわけにはいかないわ」

 私は渋面を作る。

「俺は馬鹿だから、難しいことは分かんねぇけどよ。別に、完全に防御オンリーにする必要はないんじゃねぇのか?」

「え……?」

「そうだな……。例えば――闇の瘴気を鋭い魔力で切り裂くイメージはどうだ? それで攻撃して闇の瘴気をパワーダウンさせつつ、残りカスを防御すればいい」

「えええ!?」

 私は驚愕した。
 まさか、そんな発想があるとは思わなかったのだ。
 だが、言われてみれば当たり前のことかもしれない。
 攻撃は最大の防御なり、ってことね。

「そ、そのアイデア、頂くわ!!」

「おう、頑張れ」

 新しい防御魔法の方向性が定まってきた。
 これもカインのおかげだ。
 私は、カインに感謝の言葉を述べる。

「ありがとう、カイン! あなたのおかげよ!!」

「いや、大したことは言ってねぇけどな……」

「そんなことはないわ! 本当に助かったの! 何かお礼をしなくちゃね!!」

 はしゃぐ私に対して、カインは冷静に答える。

「お礼? ……いいのか? 遠慮なく言わせてもらうぜ?」

「うん! 私にできることなら何でもするわ!!」

 私は意気込んで言う。
 すると――彼の口からとんでもない要求が飛び出してきた。

「じゃあ、俺と結婚してくれ」

 …………はい??
 一瞬、何を言われたのか分からなかった。

コメント

コメントを書く

「恋愛」の人気作品

書籍化作品