乙女ゲームの悪役令嬢になったから、ヒロインと距離を置いて破滅フラグを回避しようと思ったら……なぜか攻略対象が私に夢中なんですけど!?

猪木洋平@【コミカライズ連載中】

212話 イザベラ様-1【アリシア視点】

 わたしの名前はアリシア。
 ただの平民の娘です。
 物心がついた頃には既にパパはいませんでしたが、その分ママから大切に育てられました。
 このまま村人として、平和な日々が過ぎていくことでしょう。
 そう思っていたわたしですが、十歳を過ぎたある日のこと、ママから信じられない話を聞かされました。

「……実はね、あなたは貴族の血を引き継いでいるの」

「……えっ!?」

「私はウォーカー男爵家で使用人として働いていたことがあってね……。その時に、ご当主様との間に子供ができてしまって……」

「じゃあ、もしかしてそれがわたし!?」

「えぇ、そうなの」

「えぇ~!?」

 思わず叫んでしまいました。
 まさか、自分が貴族の血を引いていたなんて。
 しかも、ウォーカー男爵家といえばこの村の領主様じゃないですか。

「でも、どうして今まで黙ってたの?」

「ご当主様に口止めされていたからよ。十分なご支援もいただいているし、本当ならこのまま村で暮らしてもらうつもりだったわ。平穏で幸せな人生を送ってほしいと思っていた。けれど――」

「けど?」

「王立学園へ推薦されてしまったの」

「王立学園って……あの有名な!?」

「……えぇ」

「……」

 絶句してしまいます。
 だって、王立学園ですよ?
 貴族や王族の子息令嬢が通っているっていう、超エリート校です。

コメント

コメントを書く

「恋愛」の人気作品

書籍化作品