乙女ゲームの悪役令嬢になったから、ヒロインと距離を置いて破滅フラグを回避しようと思ったら……なぜか攻略対象が私に夢中なんですけど!?

猪木洋平@【コミカライズ連載中】

112話 危ないっ!

 義弟フレッドの暴走を止めるため、私も参戦した。
 これで四対一だ。
 さすがに優勢になるだろう。

「【アイスブレード】」

「【ライトニング・ボルト】」

「いくぜっ! うおおおぉっ!!」

 オスカーとエドワード殿下が畳みかけるように魔法を放つ。
 さらに、身体強化魔法を発動したカインも剣で攻撃を加える。
 それらは全て、フレッドの植物の壁によって防がれてしまうのだが……。

「そろそろ、かな?」

 私は小さく呟いた。
 三人の攻撃に気を取られ、フレッドの注意力が散漫になっているのを感じる。
 今ならいけるかもしれない。

「【聖光よ。闇を――」

「【ウッド・クレイドル】」

 だが、呪文を唱え終わる前に、フレッドは魔法を放ってきた。
 それは、植物の壁ごと、私たち全員を飲み込もうとしてくる。

「くっ! こんな魔法もあるのか!?」

「きゃあっ! なにこれ、動けない……っ」

「これは厄介ですね……」

 私達は、植物の蔦に囚われてしまった。
 なんとか脱出を試みるが、上手くいかない。
 それどころか、どんどん魔力を吸われていく。
 このままでは、全員が衰弱死してしまいそうだ。

「へへっ。俺の出番ってわけだな」

 そう言って、不敵に笑うカイン。
 身体強化魔法の恩恵で、一人だけ蔦を回避していたらしい。
 確かに、彼ならばこの状況を打破できるかもしれない。

「カイン。頼むわ」

「おうよ。任せておきなって」

「…………」

 カインとフレッドが睨み合う。
 そして次の瞬間、フレッドはカインに向けて手を突き出した。
 その手のひらから放たれるのは、土の魔法。

「おっと! そんなもの当たるかよ!」

 しかし、それはカインにあっさりと避けられてしまう。
 カインはそのままフレッドに接近していき、その首元に剣を当てた。

「チェックメイトだぜ」

「……ちっ」

 フレッドは悔しそうな表情を浮かべたあと、観念して両手を上げた。
 彼がただの賊なら、カインは容赦なく首をとばしていただろう。
 最低でも、腕や足を切り付けて行動不能にしていたはずだ。
 でも、フレッドは私の義弟だから、穏便に収めてくれたようね。
 いずれにせよ、これで解決――

「危ないっ! カイン!!」

「なにっ!?」

 だが、フレッドはまだ諦めていなかったようだ。
 彼は密かに練り上げていた魔力を開放する。
 それは、一瞬の出来事だった。

「【ダーク・スピア】」

 フレッドの手のひらから黒い槍のようなものが発射され、それがカインのお腹を貫いていたのだ。

「ぐあぁあああっ!!!」

「カ、カイ……ン……」

 腹部を貫かれたカインは、そのまま膝をついた。
 傷口からは、ドクドクと血が流れ出しており、致命傷を負っているのが分かった。
 すぐにでも治療しなければ、間に合わないだろう。
 これは非常にマズい状態だ。

コメント

コメントを書く

「恋愛」の人気作品

書籍化作品