乙女ゲームの悪役令嬢になったから、ヒロインと距離を置いて破滅フラグを回避しようと思ったら……なぜか攻略対象が私に夢中なんですけど!?

猪木洋平@【コミカライズ連載中】

10話 お前を俺の婚約者にしてやろう!

「ふうむ。まさかイザベラの畑があれほどのものだったとはな……」

 畑から屋敷への帰り道で、エドワード殿下が感慨深げに呟いた。

「恐れ入ります」

「あの作物には驚かされた。それに、ポーションの質も素晴らしい。イザベラは本当に何者なのだ?」

「侯爵家に生まれたただの娘です」

「ただの娘か。ふっ、面白いことを言う」

 私の答えを聞いて、エドワード殿下が笑みを浮かべる。
 何か言いたげだなあ。
 おそらく、普通の貴族令嬢は畑仕事やポーションの調合なんてしないと言いたいのだと思う。
 でも、私は普通じゃないからいいのだ。
 私達がそんな会話をしながら歩いている時だった。
 ガサガサッ!
 草むらの方から音が聞こえてきた。

「ん?」

 エドワード殿下がそちらを見る。
 すると、そこから魔獣が現れた。

「ガルルル……!」

「殿下! お下がりに!! お前達、殿下をお守りしろ!!」

 護衛の騎士達が前に飛び出して、剣を構える。
 エドワード殿下や私達アディントン侯爵家の面々に万一のことがないよう、護衛達は必死の形相で身構えている。
 次の瞬間、魔獣は騎士達に襲いかかってきた。

「グオオオッ!!」

「うわあっ!」

「なんだ、こいつは……ぐえぇ……」

 魔獣は護衛達の体を軽々と吹き飛ばす。
 結構な実力者が揃っていたはずなんだけど……。
 かなり強い魔獣みたいだ。

「殿下、危ないのでお逃げください。ここは我々でなんとかしますゆえ……」

「何を言っている。私は王家の人間だぞ? 臣下を見捨てて逃げるわけがあるまい。むしろ、私が奴を倒す」

「なりません。危険すぎます」

 エドワード殿下とお父様がそんなやり取りをしている間にも、魔獣はどんどん近づいてくる。
 このままでは、いずれ私達まで襲われてしまうかもしれない。
 それはまずいな。

「殿下、お待ち下さい」

「イザベラか。女のお前は下がっていろ」

「いえ、そういう訳には参りません。あの魔獣は相当に強いようですから」

「なおさらだろう。女に守られるほど、この俺は弱くないぞ!」

 エドワード殿下は強気だ。
 まあ、実際のところ彼はかなり強いはず。
 本人の努力もあるが、何より王族だけに適用される特別なスキルを持っているからだ。
 ああ、そういえば『ドララ』でもこんな展開があったような……。
 魔獣の襲撃を受けたイザベラ達を、エドワード殿下が颯爽と助けるんだよね。
 もちろん、イザベラはエドワード殿下に惚れる。
 そして二人は恋仲になるのだ。
 ……いや、ダメだよ?
 私は、今回の時間軸ではバッドエンドを回避する。
 エドワード殿下と恋に落ちたりなんかしたら、予知夢で見た断罪イベントが発生しちゃうもん。
 私はそんなの絶対に嫌だ。
 だから、ここは私が頑張らないといけない。
 私は、エドワード殿下に言った。

「殿下、ここは私にお任せを」

「イザベラに? バカなことを言うな。女を前に出させ、自分が後ろに隠れるような真似ができるか」

「……分かりました。では、私が前に出なければいいのですね?」

 私は彼の返答を待たず、一歩前に出る。
 そして、魔法を唱える。

「大地よ、我が呼びかけに応えよ。その力をここに示し、敵を穿つ槍となれ。【ストーン・ジャベリン】!」

 ドシュッ!

「ギャイン!?」

 私の放った魔法が魔獣に命中した。
 魔獣は悲鳴を上げて地面を転がる。
 だが、まだ死んではいないようだ。
 魔獣はすぐに起き上がると、私に向かって唸り声を上げる。

「グウゥー!!」

「ふうん、まだまだ元気そうだね。それじゃあ、もう一発いっとくかな?」

 私は手をかざし、再び詠唱する。

「水よ、我に仇なす者を貫く弾とならん。【ウォーター・ショット】!」

 バシッ!
 今度は水の魔法を放った。
 先程の魔法よりも威力は劣るものの、それでも魔獣を仕留めるのには十分なものだった。
 魔獣は地面に倒れ伏す。
 しばらく痙攣した後、動かなくなった。
 どうやら死んだらしい。

「ふぅ……これでよしっと。さすがに強かったけど、何とか勝てましたよ」

「イザベラ、お前……」

「殿下、大丈夫ですか? 怪我などされてはいませんか?」

「あ、ああ。お前のおかげで助かった。だが、今のは一体なんなのだ? どうして、あんな魔法が使える?」

「あれはただの土魔法と水魔法ですよ。攻撃魔法としては、大したことありません」

「そ、そうなのか? しかし、俺が知る限り、普通の魔法士ではあれほどの魔法は使えないはずだぞ?」

 あれ?
 そうだっけ?
 『ドララ』では、もっと強い魔法があったような……。
 いや、あれは主人公アリシア視点のゲームだからか。
 一般的な魔法使いの感覚では、今の私ぐらいの魔法でも十分過ぎる威力なのだ。
 うっかりしていた。

「畑仕事の副産物ですね。土魔法と水魔法だけは得意なのです」

 とりあえずこう誤魔化しておこう。
 実際には他の属性も使えるけどね。
 あんまり目立ってしまったら、エドワード殿下に目を付けられる。
 バッドエンドを回避するために、できるだけ彼には関わりたくない。

「……ふむ。よし、決めたぞ!」

 エドワード殿下が何かを決意したように言う。

「何をでしょうか?」

「お前を俺の婚約者にしてやろう! 感謝しろよ、イザベラ!」

「えぇ!?」

 何を言い出すんだ、この王子様は。
 私は思わず叫びそうになるのを必死に抑える。
 落ち着け私。
 冷静になるのよ。
 ここで取り乱してはダメだ。
 まずは状況を整理しよう。
 私はエドワード殿下に尋ねる。

「それはつまり、私と婚約したいということですか?」

「そういうことだ。喜べ、俺の妻になれば贅沢な暮らしができるぞ」

「申し訳ございません。お断りします」

 私はそう断言する。

「なにぃ?」

「そもそも、なぜ急にそのような話になったのでしょう?」

「それはお前が『面白い女』だからだ」

「はい?」

「俺はお前のような変わった奴を見たことがない。お前なら退屈しないで済みそうだ」

 なんということだ。
 『面白い女』ポジションは、『ドララ』における主人公アリシアのポジションなのに。
 そこからエドワード殿下とアリシアは愛を育んでいき、それに嫉妬したイザベラがアリシアに嫌がらせを行っていくのだ。
 そのポジションが私に置き換わった……?

「私を玩具にしようとなさっているのですね」

「別に取って食おうというわけではない。ただ一緒にいるだけでいいのだ。俺と一緒にいれば、それだけで箔が付くだろう?」

「私は箔になんて興味ありません。この話は……」

 エドワード殿下からの申し出を改めて断ろうとした私だったが、お父様がそれを遮った。

「待ちなさい、イザベラ。エドワード殿下のお気持ちを無下にすることは許さん」

「ですが……」

「エドワード殿下、娘は確かに非凡な才を持っております。社交術やマナーも、これから覚えていけば良いことでしょう。しかし、まだまだ子供。婚約相手として相応しいかどうか、じっくりと時間をかけて判断するべきではありませんか?」

「ほう、貴殿は俺の考えを否定すると?」

「否定するつもりはありません。ですが、もう少し時間をいただけないでしょうか。今すぐ返事をすることはご勘弁を。それに、陛下への相談も必要でしょう?」

「……わかった。今日のところは引き下がらせてもらうことにしよう。俺が王都に帰還して父上に相談した後、正式に答えを聞かせてもらうぞ」

 エドワード殿下がそう言う。
 とりあえずこの場は乗り切った。
 その後は一度アディントン侯爵家の屋敷に戻って支度を整え、彼は馬車に乗って王都へと戻って行ったのだった。

コメント

コメントを書く

「恋愛」の人気作品

書籍化作品