話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

婚約破棄だと殿下が仰いますが、私が次期皇太子妃です。そこのところお間違いなきよう!
恋愛

完結:7話

更新日:

婚約破棄だと殿下が仰いますが、私が次期皇太子妃です。そこのところお間違いなきよう!

  • あらすじ

     カロリーナは『皇太子妃』になると定められた少女であった。
     そのため、日夜、辛く悲しい過酷な教育を施され、ついには『完璧な姫君』と謳われるまでになった。
     ところが、ある日、婚約者であるヨーゼフ殿下に婚約破棄を宣言されてしまう。
     ヨーゼフ殿下の傍らには綿菓子のような愛らしい少女と、背後に控える側近達。
     彼らはカロリーナがヨーゼフ殿下が寵愛する少女を故意に虐めたとまで宣う。這いつくばって謝罪しろとまで言い放つ始末だ。
     会場にいる帝国人は困惑を隠せずにおり、側近達の婚約者は慌てたように各家に報告に向かう。
     どうやら、彼らは勘違いをしているようで。
     カロリーナは、勘違いが過ぎるヨーゼフ殿下達に言う。
     「ヨーゼフ殿下、貴男は皇帝にはなれません」
     意味が分からず騒ぎ立てるヨーゼフ殿下達に、カロリーナは、複雑な皇位継承権の説明をする羽目になった。帝国の子供でも知っている事実を、何故、成人間近の者達に説明をしなければならないのかと辟易するカロリーナであった。
     
     彼らは御国許で説明を受けていないのかしら?
     
     小説家になろう、アルファポリス、カクヨム、にも投稿しています。

「婚約破棄だと殿下が仰いますが、私が次期皇太子妃です。そこのところお間違いなきよう!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品