閉じる

カモフラ婚~CEOは溺愛したくてたまらない!~

伊吹美香

episode 1 入籍は突然に

「納得されないかもしれませんが、そう説明するほかないですからね……。後の処理は吉崎家が何とかされるんじゃないですかね。自分の可愛い娘のした選択ですし」

けろっとした表情でそう言うものだから、有馬さんは拍子抜けしたのか、苦笑いを浮かべて頷いた。

「畏まりました。ではそのように伝えます」

通常ならば無線で伝達するのだが、ことが事なだけに、有馬さんは他のスタッフに直接説明すべく、控室を出て行った。

「月城様、本日の予定は全てキャンセルということでよろしいですか?」

一番言いにくいことを口にしてくれた杏に、私は視線で感謝を伝えた。

「あ、いや、ちょっと、菱崎さんと二人にしていただけませんか?その後、今後の予定をお話しするので」

「わかりました……」

話したところで結果は変わらないだろうに、いったい何を話すというのだろう?

杏の表情からはそんな思いが滲み出ていたが、「失礼いたします」と一礼して控室を出た。

二人きりになってしまった……。

なんと声を掛けたらいいかわからず、居心地の悪い控室で小さく溜め息を漏らした。

「由華ちゃん、俺……捨てられちゃったねぇ」

蒼空は眉を寄せて困ったように笑ったが、無理に明るく振舞っている気がして、私は胸が締め付けられた。

「新婦に逃げられました、なんてこと、どの面下げて言えるわけ?冗談じゃないよね」

大きな窓に視線を向けてそう言った蒼空の心情を思うと、声を掛けるのも憚られた。


「カモフラ婚~CEOは溺愛したくてたまらない!~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く