話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

恋桜の魔法

星月

雪島美春編

「先輩を守るためにも、やっぱりごめんっす」
 「お兄ちゃん、流石の私もね、引いてしまうよ」

 周りで見ていた他の人は、こそこそ話していた。

 「あれが噂の、山西君かまじ引くし、気持ち悪いな」

 同じ学園の、女子生徒は聞こえるくらいの声でそう呟き、立ち去る。

 「話変えて今日、部活参加したいと、聞いたっすけど先輩には、今回のはおすすめしないっすよ」

 俺に対して、参加を拒否はしてないけれど、おすすめはしていない部長である彼女

 「もし本当に参加したいなら、今日部室へ行き、この件が終わるまでは、参加し他言無用でお願いっす」
 「軽くでいいから、今回の内容教えて欲しい」

 彼女は動きを止め、スマホを触り始める。スマホの通知音がなり確認すると、こう書かれていた。 
「雪島美春の秘密ついて」
 
 その内容に俺は、気になる気持ちや申し訳なさはあったが、彼女の人間性を知るいい機会感じ、参加することにした。

 「俺も参加させて欲しい」
  「わかったっす先輩、宜しくお願いします。先輩は一度、4時なったら部室へ来て下さい。私達の調べた情報を伝えます」

 そうやって学園の授業を受け、今日の授業が終わった。

 「今日も終わったしいきますかな」

 俺は部室へ、歩いていく。

 「ここが散歩部だな。失礼するぞ」

 ノックをし開けると、パソコンを触わってる少女に話しかけずに、俺は彼女をじっと見る

 「先輩こんにちは、すみませんがパソコンの中に、調べた資料あります。ので自分で見てくれませんか?」
 
 立て込んでる彼女の言う通り、パソコンの電源を入れ、電源はすぐに起動するも、想像いじょうのファイルの量に戸惑いが隠せないでいた。

 「パソコンは開いたが、どこのファイルかわからない」

 彼女は自分の仕事を終えたのか、エンターボタンを押し、上書き保存というボタン押し送信まで終わらせる。そしてこちらに移動する。

 「このファイルに、入ってます。」
  
 指を指す場所を押すと、そこには雪島美春の、個人情報やスリーサイズまで書かれていた。

 「初めて知った、兄弟がいたんだ」

 話ながら見ていると、何枚かの写真が添付されていた。

 「この男は、そしてこの叔父さんは一体」
  「私達はこの男と、ホテルに行った叔父さんの正体を暴くんっす」

 

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く