話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ダンジョン・ザ・チョイス

魔神スピリット

251.発電室へ

『『『ウフフフフ』』』

 半裸の白眼美女達がトライデント持てぇ、通路走る私達の前に立ち塞がりまぁす。

 手脚とヒップ周りが黒いシェルっぽくなければ、ベリベリナイスビューティフルでぇすね!

 あの胸のラインがぁ、堪らんとぅですよ!

「おさらばでぇす!」

 引き金を引いて、眉間を撃ち抜きまぁした!

 二体目のトライデント、邪魔でしたので、一発撃って弾かせぇ、二発目で胸をズッバンしてやぁったよぉ~!

「クリス、MPは大丈夫?」
「まだまだ大丈夫でぇっす!」

 “甘い花弁の刹那”は“魔力弾丸”を撃ち出すため、MPを消費しまぁす。

 “砲火剣・イグニス”はTP消費なので、使い分けること可能でっす!

「“可変”」

 銃から剣の状態に戻し、“薔薇騎士の剣”と共に振るい、銛による一突きを右の銃剣で逸らして左の騎士剣で喉を切り裂きましたぁ。

「“爆走”」

 爆発的な加速力を乗せたトゥスカさんの蹴りにより、私を狙っていた深海美女の顔面が……容赦なく蹴り飛ばされまーす。

 更に、緑の風を纏う斧で、硬そうな深海モンスターを容赦なく切り潰すトゥスカさん……デンジャラスでぇす。

 アメリカ人男性ならぁ、裸足で逃げ出しそうなくらいでぇすよ。

 セフレともかく、結婚相手には選ばれなさそでぇす。

 まあ、ジョークですけどぉ。

『『『フハハハハハハ!』』』

「うるさい!! “爆走”!!」

 空中で足裏から黒煙を噴射し、見事な回し蹴りを叩き込むトゥスカさぁん……美女モンスターの首折れるの、グロでーす。

「爆裂脚!!」

 そのまま脚からボンして、三体の深海美女を爆殺しまぁした……恐ろし。

「トゥスカ……なんか怒ってないか?」
「まだ腹の虫が治まってないみたいだね」

「あんなトゥスカさん手懐けてるコセさん、マジヤバヤバでぇすね」

 インディアン以外、本当に裸足で逃げ出しそうぅです。

 そう言えば、インディアンと髪の関係性の論文を見たことがある気がしまぁす。

 確かぁ……インディアンはぁ、不思議なくらい地雷などの罠を避ける。けどぉ、髪短くしたらぁ、その能力消えた……らしです。

 コセさんが髪を切ろうとしてメルシュ達が止めたのぉ、それが理由だったりするですかねぇ?

「あちゃー」
「どうしたんだ、メルシュ?」
「モンスターから“機関士”のサブ職業がドロップしちゃった」
「「ああ……」」

 現実はぁ、中々ままなりませんねぇ。

「“深海のハープン”も手に入ったけれど、ランクはCだから微妙だし」
「メルシュ、急ぎましょう」
「そうだな。デカいのは通路には現れないみたいだが、その分小回りの利く奴が出て来た」

 空中を泳ぎ回るグロテスクな魚が、段々と増えてきている気がしまぁす。

『キシャァァァ!!』
「発電室はどこだ、メルシュ!」

 襲い掛かってきた歯茎の凄いフィッシュを、盾で壁に叩き付けながら尋ねるメグミ。

「もうすぐだよ、付いてきて!」

 私とトゥスカさんで倒した場所を通り抜け、曲がり角の前で止まるメルシュ。

 船長から受け取ったカードを溝に滑らせぇ、小さなドアを開けまーした。

「ただの模様かと思ったら、こんな所にドアがあるとは」
「行くよ」

 中に入ると……大きな機械が沢山でぇす。

「それで、どうするのですか?」
「”機関士“のサブ職業をセットすれば、復旧の仕方が分かるんだよ」

 メルシュがチョイスプレートを操作したのち、カバーを外して部品を組換え……電源が入りまぁした!

 更にキーボードを操作し、部屋の機械を稼動させていくメルシュ。

「発電機が動き出したから、直に船全体に電力が戻るよ」
「さすがメルシュだな」
「いや、サブ職業のお陰だから」

 などと言いつつ、スマイル浮かべるメルシュ。

 人間離れした愛らしさ……良いですねぇ。

「次は動力室でしたよね」
「うん、急ごう。あ、休憩するなら今のうちだよ。ここにはモンスターは入ってこれないから」
「安全エリアという奴ですねぇ……あ、宝箱でぇす」

 装置の片隅に隠れるように、クエストが始まってからたびたび見掛けたダーティーな宝箱、見付けてしまいまぁした。

「罠解除」

 宝箱を開けると……鋭い綺麗な作り物のひれが出て来た?

「“ザ・ディープシーマーメイドフィン”、Aランク。人魚専用装備だね。遊泳速度を上げてくれる珍しいタイプ」
「これ、尾鰭の部分に装備するのか?」
「そうそう。切れ味も鋭いから、攻撃にも使えるよ」

 さっきもトライデントが手に入りましたしぃ、なんだかぁ、スゥーシャさんの装備が充実しそうな勢いですねぇ。


●●●


『ゥアアアアアアッ!!』

 アンモナイトのゴリラみたいな奴が、拳を振り下ろしてくる!

「“超竜撃”!」

 カウンター狙いで腕を弾き飛ばし、隙を作り出す!

「“天使の輪っか”、“天使剣術”――エンジェルフリック!!」

 天使系のスキル、効果の威力を上げてくれる輪っかを頭上に生み出し、アンモナイトゴリラの胴体を穿ち抜いてくれるクマム。

「“伸縮”――“共振破壊”!!」

 “一輪の華花への誓い”の刀身を伸ばしてアンモナイトゴリラの巨躯を突き破り、その他のモンスターにまで突き刺し――内部から破壊した!

「“氷炎魔法”――アイスフレイムブラスター!!」

 ナオの魔法により、残っていたモンスターの大半が消失。

「ハアハア、きりがないわね」
「モンスターは無視して、あの鬼を最優先に追うべきかと」
「そうだな」

 幸いと言うべきなのか、副船長の鬼は離れた場所から俺達を眺めている。

 近付くと離れていき、モンスター達による足止めを受けてしまうというパターンを繰り返していた。

「く! 風が強いわね!」

 雨が止んだと思ったら、今度は風が強くなり始めている。

「さっきみたいに一瞬飛んで下のデッキに降りるのも、もう難しそうですね」

 あの時よりも、強烈な横風が打ち付けるようになってきているからな。

「中を行くしかないか」

 ここからなら、パーティーホールに出てエレベーターを使うのが早いはず。

 俺だけなら“壁歩き”でいけるだろうけれど、ここでバラバラに行動するのは危険だ。

「あ、電気が付いた!」

 船内から灯りが洩れてきた。

「メルシュさん達が、電力を戻してくれたようですね」

 暗がりを通るのは避けたかったから、ちょうど良い!

「こっちだ」

 デッキ横の入り口へと先導する。

「パーティーホールのエレベーターを使おう」

「凄いですね。本当に、船の内部が頭に入っているなんて」

 中に入るなり、クマムが褒めてくれる……のだが。

「いや……さすがに全部は憶えてないよ」

 船内にプレーヤーがいないか確認した際、脱出路を頭に入れようとして、その他の部分もある程度憶えているだけ。

 さすがに、動力室までの順路なんて分からない。

 発電室と違い、動力室はかなり下の後部だった気はするけれど。

「まあ、さすがに全部は無理でしょう」
「自衛隊員なら、万が一に備えて泊まるホテルの脱出路を実際に何回か歩いて、暗がりでも迷わないよう身体に憶えさせるらしいけれどな」

 その話を聞いてから、ホテルの脱出経路くらいは地図で確認するようにしていた……さすがに、実際に一通り見て確認したのは初めてだったけれど。

「――出て来たか」

 豪華絢爛けんらんなホールに入るなり、深海モンスター共が床から染み出して来た!

「ダンジョン・ザ・チョイス」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く