話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ダンジョン・ザ・チョイス

魔神スピリット

249.ザ・ディープシー・カリバーン

「ナオ、広範囲に一発!」

「“氷炎魔法”――アイスフレイムバレット!!」

 コセさんの指示で、瞬時に青い炎を放つナオさん。

 海藻やコケが付着した貝殻で出来たようなモンスター達が、身体を部分的に凍らされて動きを止める。

「駆け抜けるぞ!」

 雨のせいで視界が悪い中、先陣を切ってデッキ中央を突っ切ろうとするコセさん。

 “竜剣”を飛ばしながら、二振りの大剣を流れるように操って深海モンスター達を薙ぎ払ってくださる。

「わ!?」
「ナオさん!」

 私の前を走っていたナオさんが、船の急な傾きと共に体勢を崩してしまった!

「頼む、クマム!」

 自分の彼女さんなのに、自分で助けに行こうとしないなんて!!

 ……いえ。むしろ、先頭だからモンスターを一手に引き受けている状況……助けに行きたくても動けない状況なのに……なんで、そんなことにもすぐに気付けないのだろう、私。

 ……やっぱり、コセさんに対して悪感情を向けやすくなってしまっている。

「“天使の翼”!」

 ナオさんを急いで追い、抱え、翼を羽ばたかせて支えます!

「ありがとう、クマムちゃん!」
「いえ……」

「数がどんどん増えてる、急げ!」

 至極最もな意見と分かっていながら、コセさんの言葉にまたイライラしてしまった。

 
●●●


「おぅ、宝箱でぇす!」

 船の通路の一角で、小汚く湿った黒い宝箱を見付けるなり、開けようとするクリス。

「クリス、ストップ!」

 メルシュがクリスを止め、箱に近付いていく。

○罠を感知しました。

「危ない危ない。はい、みんな離れて……罠解除」

 メルシュが”盗術”のスキルを使用すると、宝箱から白い煙が噴き出て……すぐに消える。

「高温ガスだったみたいだね。至近距離で浴びてたら、全身火傷になってたかも」
「そ、ソーリー……」

 さすがに萎縮しているクリスさん。

「宝箱は、全部メルシュに任せた方が良さそうだな」
「私は滅多にTPを消費しないからね」

 メグミの言うとおり、私達は少しでもTPを温存するようにした方が良さそうですね。

「それで、箱の中身は?」
「“ザ・ディープシー・カリバーン”、Aランク。水属性だけれど、マスターが使えば今の状況でも役に立つ武具だね」
「いきなりAランクが手に入るとは、幸先が良いな」

 大剣の高ランク……ご主人様が喜びそうです!

「ま、コセよりもルイーサ向きの剣だけれどね。効果に“聖剣”があるから」
「ああ、ルイーサの盾と組み合わせられる条件でしたっけ」

 ご主人様、どうやら新武器はお預けのようです。

「みんな、来るよ」

 通路の床から、青味のある黒っぽいコケのような物が生えてきて……貝殻の怪物に変化していく!

「“ディープシーソルジャー”に“ディープシースネーク”、“ディープシービースト”だね」

「通路を塞ぐように出現するのか! ”連射“、“竜光弾”!」

 メグミが、いち早く迎撃に動いてくれる。

「……もしかして、だからご主人様を脱出ボートの方に行かせたの?」

 メルシュに尋ねる。

「船内じゃ、得物が大剣だと不便だからね。デッキで戦うならあまり気にする必要無いし」

「後ろからも来ました! “可変”!」
 
 剣を銃に変え、対処してくれるクリス。

 遠距離が得意なこの二人が居れば、コッチは問題無さそう。

「トゥスカは片手斧でも戦えるし、戦力が必要なコッチに回って貰ったんだよ」
「なるほど」

 クマムの細剣では狭い場所で追い詰められると不利でしょうし、広範囲を攻撃できる魔法使いのナオは、広いデッキに回した方が良いと。

 ご主人様と離されたのは多少不満でしたが、仕方ありませんね。

「操舵室はすぐそこだから、ちょっと急ぐよ!」

 メルシュを先頭に、私達は船の中を駆けていく!


●●●


「ハイパワーブレイク!!」

 “グレイトドラゴンキャリバー”で、深海モンスターとやらをまとめて吹き飛ばす!

「副船長はどこだ?」

 雨と風で視界を遮られるため、この暗がりで人一人を見付けるのは困難!

「あそこです!」

 と思っていたら、クマムが指を指した方向に、制服を着た場違いな男が一人。

「モンスターだらけなのに、まったく動じていないな」

 NPCだから、当然と言えば当然なんだろうけれど。

「私が鍵を貰って来ます!」
「おい、クマム!」

 魔神・大盾亀の時と今のクマムの行動が重なり、嫌な予感が込み上げてくる。

「すみません、脱出ボートの鍵を頂けませんか?」

 副船長と思われる男の前に降り立ち、尋ねるクマム。

「はぁ?」

「――離れろ、クマム!!」
「へ?」

 モンスターを急いで薙ぎ払い、クマムのいる場所へと駆ける!

「“氷炎乱舞”!!」

 ナオが甲手から氷炎を撃ち出し、俺とクマムの間にいた深海モンスターを吹き飛ばしてくれた!

「ナイスだ、ナオ!」


「あのボートは――誰にも渡さなぁぁぁいッ!!』


 ――副船長と思われる男が、深海モンスターの特徴を兼ね備えた、鬼のような姿に変貌していく!

「な!?」


『ガァァァァぁぁぁぁぁぁあああッッ!!』


 黒い貝殻の鎧を着た青鬼の腕には、透き通るような藍色の巨斧が!!

『“深海重圧”』

 ――斧に紺色の光が宿り、そのままクマムへと振り下ろされる!

「“超竜撃”!!」

 鎧に文字を九文字刻んで身体能力を強化し、斧に強力な一撃を叩き込んだ!

「コセさん!」
「無事か、クマム!」

 かなり危なかったぞ、今の!

 メルシュが敢えて言わなかったとも思えないし……俺達が別行動したのを良いことに、後から副船長の設定を変更したって所か!

「ふざけやがって」

 怒りすら生ぬるい想いが、一本の芯のごとく形となる!

「クマムは雑魚共を頼む」
「は、ハイ!」

 ――今なら、十二文字引き出した状態でもなんとか戦えそうだな。

『ガアアアアアアアアアアアッ!!』

「――ッ!!?」

 甲板にいきなり斧を振り下ろし、一瞬の隙を突いて……逃げていっただと!!?

「クソ、あっという間に!」

 しかも、俺達が元来た方向、船の前側に向かって移動している!

 あの巨体じゃ船の中には入れないだろうけれど、巨体に似合わない俊敏な動きが実に厄介そうだ。

「ど、どうしますか、コセさん?」
「鍵が手に入らなかった以上、一度メルシュ達と合流しよう!」

 下手をすれば、メルシュ達が合流場所であの鬼に襲われる心配もある!

 四人とも、無事でいろよ!

「ダンジョン・ザ・チョイス」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く