話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ダンジョン・ザ・チョイス

魔神スピリット

243.目の毒と酸っぱいハチミツの味

「……50000Gもするのですか。戦闘に使えない物にこれは……なんだか勿体ない気がします」
「まあ、たまには良いじゃないか。お金は有り余ってるし」

 水着に大金を出すことを渋るトゥスカを説得する。

 ちなみに、トゥスカが選んだのはフリル付きの黒い大人なビキニだ。

 トゥスカなら白や青、赤でもピンクでもなんでも似合いそうだな。

 俺はというと、ブーメランパンツは恥ずかしいため、太股を半ばまで覆うタイプを選んだ。

「それにしても……大分筋肉が付いたな」

 鏡に映った自分を見て、妙な気分になる。

 この世界に来るまでは、ほとんど筋肉なんて無かったのに……うっすらとシックスパックっぽいラインが出来ていて、大剣を振るっているからか腕と肩のメリハリが……地味に凄い。

 脚も、膨ら脛辺りは凄く硬そうだな。

「ダンジョン探索で自然とこうなったのか、Lvアップの影響なのか」

 筋肉ダルマみたいになるのは、さすがに嫌だな。実戦向きな筋肉の付き方とは思えないし。

「お待たせしました、ご主人様」

 購入し、着替えを終えたトゥスカが声を掛けて……予想以上の爆発力だった。

 やっぱり、裸とは別の魅力があるな!

「い、行こうか」
「フフ、買って良かったかもしれませんね♡」

 なんだか、弱味を握られてしまった気分だ。

 水着売り場を出て、すぐ横の巨大プールへ。

 プールの側面も底もガラス張りで、正直怖い。

「上手いぞ、モモカ。そう、力を抜いて、水を後ろに流すように脚と腕を動かすんだ」

 メグミが、モモカの泳ぎの指導をしてくれていた。モモカはガラス張りでも平気そうだな。

 ていうか、十中八九俺が教えるよりメグミの方が上手い。

 ……メグミの……結構大きいな。

「どこを見ているのかしら、コセさんは♪」

 背中に胸を押し付けてきたのは……サトミさん。

「あの……お願いですから、そういうのやめてください」

 肌と肌を直接だと、余計に意識してしまうから!

「サトミ様、お持ちしましたよ!」

 そう言って現れたリンピョンの手には、飲み物が収められた……皿付きの小さな浮き輪?

「プールの中で飲み物を飲めるなんて、贅沢よねー♪」

 正直、そんな物必要なのかと疑問に感じるのだが……プールに溢したらどうするんだよ。

「向こうで食べ物も売ってましたよ」

 プールの横には売店が並んでいて、NPCが売っているらしい。

 ……なんか、宝石島に着くまでもう部屋に籠もっていたい。

「ヘイ! 次を寄こしな!」

 クリスはというと……水着姿でサングラスを付け、機械で撃ち出されたフリスビーを銃で撃ち抜いていた。

 アイテムの銃ではなく、俺達の世界に存在するようなライフル銃……どっかで貸し出されてるのか?

 この船、やっぱり世界観的におかしくね?

 メルシュは……売店で勝った物をテーブルでモクモクと食しておられる。

 俺も、先に軽く食べようかな。

 唐揚げが美味そう――

「あん!? ……ナオさん……その、おっぱい揉むのやめてください……ん♡」
「グヘへへへ! クマムシちゃんの生おっぱいだぜぇぇ!」

 ――――誰かに気付かれる前に、急いでプールに飛び込む!

 ナオのバカヤロウ!!

 精神を落ち着けるため、俺は暫く一心不乱に泳いだ。


             ★


「……疲れた」

 昼近くまで泳いで、身体中の筋肉が張っている感じだ。

「大丈夫か、コセ」

 目の毒から逃れるためにプールから離れ、喫煙室で休憩していると……メグミが飲み物を持ってきてくれた。

「ありがとう」

 ハチミツ風味の酸っぱい飲み物……美味しい。

「モモカ、どんどん泳ぎが上手くなってたな」
「疲れて眠っちゃったけれどな。今はクマムが様子を見てくれてるよ」

 たぶん、ナオから逃げる口実が欲しかったのだろう。

「コセと一緒に泳ぎたかったみたいだぞ、モモカ」
「ああ……それは、悪いことをしたな。まあ、三日もあるんだし、そのうち機会もあるだろう」

 正直、泳ぐ意外で有意義な時間の過ごし方が思い浮かばないし。

「……なあ、コセ……少しだけ、もう少しだけ……サトミに優しくしてくれないか」

 メグミの口から、最近少しだけ気にしていた事を言われる。

「……一応、最低限の礼儀は弁えているつもりだけれど」
「そうだな……コセの振る舞いは紳士的で、節度ある男女の関係を保とうとしているように思う」

 遠回しに褒められてる? それとも嫌味?

「ただ……サトミは、お前ともっと深い関係になりたいんだよ」

 ……サトミさんとは、そういう関係になるのは……。

「アイツは、コセが思っているほど強くない。気付いているかもしれないけれど、サトミは自分を守るために暴走する時がある」

「ボス戦直前に、リンピョンの首を絞めた時のようにか?」
「ああ……サトミは良い奴さ。ただ、抱えたトラウマに無意識レベルで翻弄されて居るんだ」

 それは、なんとなく感じていたことではあるけれど……。

「それを他人がどうにかしてあげられると考えるのは、それこそ傲慢なことだと俺は思うけれどな」
「普通はそうだろうが、簡易アセンションを成功させたコセなら、サトミのトラウマを和らげてやることは出来るはずだ」

 簡易アセンション……あの時の、彩藍色の神代文字を刻んでいた状態のことか?

「だから……もっと、サトミと向き合ってあげて欲しいんだ」
「メグミは……メグミは、俺と向き合ってはくれないのか?」

 メグミの目を見詰めながら尋ねる。

「……コセ?」
「俺にだって選ぶ権利はあるし、メグミとは向き合えると……自然に思えてるんだ」

 意識し始めていた相手に別の女を宛がわれたからか、少しムキになってしまっている自分が居る。

「わ、私は……」

 立ち上がって、彼女の腕を軽く掴む。

「何人も妻が居るような男だけれど……筋は通らないけれど…………メグミが欲しい」

 なんで俺は、こんなに積極的になっているのだろうか。

「私は……元レプティリアンだぞ?」
「その事をどう受け止めるべきかは分からないけれど、今は違うだろう?」

 我ながら、狡い言い方だと思う。

「コセ……私は……」

 メグミさんが顔を僅かに近づけてきた事で、彼女の気持ちを察した気がした。

「……ん」

 優しく唇を奪い……軽いキスをしただけで離れ――メグミの方から頭を掴んで、熱烈なキスを仕掛けてきた!

「ん……ん……んっ♡ ……ずっと……我慢してたのに……お前のせいだからな♡」

 メグミの憂い顔と荒れた呼吸に、感情が昂ぶってくる!

「責任……とって貰うんだからな♡♡」

 ポニーテールにしていた髪を解き、野獣と化したメグミに……俺は押し倒されたのだった。

「ダンジョン・ザ・チョイス」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く