話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ダンジョン・ザ・チョイス

魔神スピリット

236.世界の港

「装備セット2」

 魔神・大盾亀が動き出す直前、私は“天雷の大杖”を主軸とした魔法特化装備に変更する。

 指輪は“雷魔の指輪”を三つ装備し、その他装備も僅かに魔法や雷属性を強化する装備に。

「”明星の翼”」

 橙の八翼を顕現させ、飛び上がる。

『ガメェェェェェェェ!!』


「“二重魔法”、“天雷魔法”――ヘブンスプランター!!」


 各種装備と“天雷の大杖”により、現時点で最高威力を誇る――二柱の白爪の雷が放たれる!!

『ガメェェェェェェェェェェェェェッッッッ!!!』

 なんとか、“大盾術”のマジックガイドを発動される前にダメージを与えられた。

 大盾亀は物理防御は高いけれど、魔法防御はさほどでもない。

 それでも、”大盾術”と甲羅盾を組み合わされると厄介なのだけれどね。

 攻略法を知らなければ大盾亀よりも厄介なボスの方が多いけれど、大盾亀は知っていても厄介なタイプのボスだ。

「早速、第二ラウンドか」

 天井から亀の甲羅が落ちてきて、地上に落ちると同時に回り出す。

「“万雷魔法”、サンダラスレイン!!」

 万雷の雨を降らせ、雷属性の攻撃により甲羅の動きを鈍らせる!

「“星屑魔法”――スターダストシューティング!!」

 ヨシノの魔法が放たれるも、魔神の盾が輝いて星屑の流星群を引き付け、防ぎきられてしまった。

「“煉獄鳥”!!」

 ユリカの紫炎の大鳥が魔神の頭に直撃――するかと思われたが、“偶発無敵”によって防がれてしまう。

「“蒼穹魔法”――アジュアダウンバースト!!」

 タマの蒼い風が大盾亀を上空から打ち付け、全身に浅い亀裂を入れる。

 蒼い風と槍を操る白猫の天使……カッコ可愛い!

「……フフ」

 タマやユリカがパーティーに居るの、なんだか懐かしいな。

「”絡め取り”」

 サキが甲羅の付いた左腕に鞭を巻き付け、魔神の盾を制限してくれる。

 私が多数の甲羅の動きを制限した隙に、接近してくれていたようだ。

「マスター、トドメを!!」

「装備セット1、“避雷針”」

 “避雷針の魔光剣”を握り締め、“天雷魔法”のサンダラスヘブンを発動し、魔光剣を放輝かせる!


「“雷光斬”!!」


 天の雷を集約し、白雷の斬撃を放って――魔神・大盾亀の首から胸を……縦に切り裂いた。

 魔神の身体が光に変わりだし、ボス戦の終わりを告げる。

「やったわね、ジュリー!」
「さすがジュリー様です!」
「みんなのお陰でしょ。過度に煽てないでよ。だから……ありがとう、みんな」

 そう言えば私達、いつの間にか同じ男の女になっているのよね。

 この世界に来る前なら……複数の女に手を出すような男に、本気で惚れるなんて思いもしなかったのに。

○おめでとうございます。魔神・大盾亀の討伐に成功しました。

○ボス撃破特典。以下から一つをお選びください。

★大盾亀の甲羅盾 ★大盾術のスキルカード
★大盾亀の甲羅の指輪 ★偶発無敵のスキルカード

「ジュリー様はなにを選ぶんですか?」
「”金星球の指輪”を手に入れる前なら、迷わず甲羅の指輪を選んでいたところだけれど」

 円の盾は“回転”と”盾術”を組み合わせられるから、上手く使えば戦術の幅を広げる事が出来る。

 メグミに合った指輪だけれど、既により優秀な”拒絶の腕の指輪”を持ってるから、今更なのよね。

「ま、指輪と盾は希少性が高いし、どちらも使わないと言うのなら”大盾術のスキルカード”で良いと思うよ」

 もう、最初の頃のように二人に強制する必要も無いんだよね……今の関係に落ち着いて、本当に良かったと思う。

○これより、第十五ステージの世界の港に転移します。

 これから先も、この関係が壊れませんように。


●●●


「世界の港……ね」

 いつもの高い祭壇の上から見えるのは、巨大な蒸気船が停泊する港と海と……その手前に、港までの道を遮るように配置された、ボス部屋の扉と壁。

 壁向こうの港は、同じ色の壁によって四つに区切られているようだ。

「世界の港という割に、とても息苦しさを覚える光景だな」
「第十五ステージも、かなり特殊なステージだからね」

 最後にボス戦に挑んだジュリー達が、祭壇の中心地に転移してきたようだ。

「詳しい事は、下の村に着いてから話そうか」
「そうだな」

 メルシュに促され、二十五人と人形二体全員で階段を降りていく。

「サトミさん、“海賊のペンダント”をクマムに渡して貰って良いですか?」
「良いわよ」

 ジュリーに言われ、サトミさんの手からクマムに船長帽子を被った髑髏マークのペンダントが渡される。

「あの……このペンダントはいったい?」
「隠れNPCのスライムを、麓の湖で仲間にするためのアイテムだよ」

 情報源を曖昧にするため、ジュリーではなくメルシュが説明を始める。

 祭壇の下は木々が生い茂っており、青い綺麗な湖が目に付く。

 青魚っぽい魚影が見える……どうやら、かなりの数の魚が居るようだ。

「クマム、湖の中へ」
「……はい」

 クマムが、ゆっくりと湖に入っていく。

「中心地まで、そのまま進んでくれ」

 ゴメンよ、クマム。メルシュとジュリーが、スライムと契約させるなら、能力的にクマムが良いと決めてしまったんだ。

「モンスターは居ないから、襲われる心配は無いそうですよ」

 俺とトゥスカもクマムに指示を出すことで、隠れNPCの情報源をより曖昧にする……あんまり意味ないかもしれないけれど。

「へと……ここで良いんですか?」
 
 クマムが中心地に辿り着くも、なにも起きない。

「ペンダントは光ってるかー?」

 クマムに尋ねる。

「光ってませーん!」
「どうやら、隠れNPCのスライムは誰かに取られた後みたいだな」

 スライムの隠れNPC……どんな感じだったんだろう。

「まあ、癖が強い奴だから、仲間にしても扱いに困っただろう。固有スキルも、プレーヤーが使うにはイマイチだし」
「確かにそうだね」

 フェルナンダの辛辣な評価に、同意してしまうメルシュ。

「敵として出て来られると、かなり厄介だとは思うけれどね」
「隙を突いたプレーヤーキルを狙われると、確かに面倒そうだな」
 
 二人して、物騒な話をしている。

「あの……私、いつまで湖の中に居れば良いんでしょうか?」

 あ……忘れてた。

「ダンジョン・ザ・チョイス」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く