話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ダンジョン・ザ・チョイス

魔神スピリット

228.無自覚な二面性のパイレーツ

 扉を潜って進んだ先に広がっていたのは……洞窟の中の船着き場?

 巨大な帆船が二隻も止まっている。

 てことは、どこかから海に出られるのかな?

「いきなり、人数が減っちゃいましたね」

 俺の今回のパーティーメンバーは、トゥスカとメルシュ、ナオとクマムの五人。

 カナの加入で人数が二十五人になったため、五人一組のパーティー、計五組に別れて攻略を開始する事になった。

 ……まさか、モモカがクリスにくっ付いていってしまうとは……サトミさんのパーティーで大丈夫かな?

 安全面もそうだけれど、教育面で特に心配だ。

「じゃ、早く行こうか」

 船を無視して、滑らかな石の道を右に進もうとするメルシュ。

「あの船、本当に見に行かなくて良いの?」

 ナオが尋ねる。

「あっちは隠れNPCのパイレーツの獲得イベント以外、なにも無いからね」
「そうなんだ」

 一分も歩かないうちに、木製の正方形の床が。

 近い方の船の側面と、洞窟の奥に進む道との別れ道でT字路になっているようだ。

「あれ? なんか、扉の前に居た人達に似た集団が近付いてきますよ?」

 三方向から、男達が迫ってくる。

「お前ら、許可証を持ってねーな。つまり、村の奴等に食いもんを恵んでやらなかったってわけだ。薄情な奴等だぜ!」
「人情の欠片もねークソ野郎が!」
「身包み剥いで海に捨ててやら!」

 口汚く罵られてるし。

「メルシュ……もしかして、食材を売ってたら」
「一定数の食糧を売っていれば、襲われずにここを通れたよ」

 やっぱりか。

「コイツら、確立は低いけれどランダムに武術スキルのカードをくれるし、“パイレーツのスキルカード”も貰えるから」
「もしかして、だからサトミさんに買わせたのか?」

 モモカが居るパーティーだけ、人間そっくりな敵と戦わせないように。

「本人の前で言うのは、出来るだけ避けた方が良いかなって」

 かなり気を遣ってくれていたらしい。

「来ますよ!」

 サーベルやカットラスを手にした海賊達と、武器を交える。

「“荒野の風”!」

 トゥスカが“荒野の黄昏の目覚め”から風をぶつけ、船側から来た海賊達を足止めする。

「お願い、ナオ!」

「“竜拳”――ドラゴンパニッシャー!!」

 訓練中に変化したという甲手で“ドラゴンナックルバスター”を掴み、突き出した腕から竜属性の光を放って一網打尽にしてくれるナオ!

「“天使剣術”――エンジェルブレイド! “伸縮”!!」

 光の威力を宿した剣を伸ばし、列になっている海賊達を串刺しにして始末してくれるクマム。

「混沌の剣」

 メルシュが黒白の巨剣を出現させ、クマムを援護。

「“神代の光剣”――ハイパワーフリック!」

 “偉大なる英雄の光剣”から七メートルを超える刃を生成し――一突きで洞窟側から来た海賊を全滅させた。

「なんか……弱いな」
「三方向に同時に対処出来れば、大した敵じゃないよ」
「つまり、人数が少なかったり、三方向に上手く対処出来なきゃ危険って事か」

 みんなは、上手く切り抜けられたのかな?


●●●


「その貝殻……ありがとうな、ここの奴等に食糧を恵んでくれて」

 さっき、お肉と金塊を交換したおじさんから貰った”首掛けの青い貝殻”を見て、船乗りらしき人が声を掛けてきた。

「ありがてぇな! 本当にありがとよ!」
「俺達の稼ぎだけじゃ、全員を食わせてやれなくてな……」

 扉の前に居たのと同じ格好をした人達が、私達に駆け寄ってくる。

「うまいもんは食わせてやれないが、ほんの気持ちだ。受け取ってくれ!」


○”海賊のペンダント”を手に入れました。
○“蒼穹魔法のスキルカード”を手に入れました。
○“颶風魔法のスキルカード”を手に入れました。
○“天雷魔法のスキルカード”を手に入れました。
○“氷光魔法のスキルカード”を手に入れました。
○“暁光魔法のスキルカード”を手に入れました。


「俺達海賊は全員戦士だから、魔法は使えねー」
「だから、遠慮無く受け取ってくれ!」

 “颶風魔法”は、私にとっては最高ね!

「ありがとう、海賊さんたち♪」

 魔法のカードを五枚も貰えたのは、私のパーティーが五人だったからかしら?

「早く行こうよ、サトミ」

 モモカちゃんは人が苦手なのか、少し怯えているように見える。

「そうね」

 洞窟の方に向かって歩くと、登ったり下ったりを何度か繰り返し……私達は洞窟の中の花畑にたどり……着く。

「あれ? 花畑があるなんて聞いてましたっけ?」
「私は聞いていないな」

 リンピョンちゃんとメグミちゃんの二人まで聞き逃してるなんて……ありえない。

 私もメルシュちゃんから聞いた覚えが無いし、また観測者側がなにか仕掛けて来たのかしら?

「わあ、お花だ~!」
「ちょっと、モモカ!」
「おい、待て!」

 モモカちゃんが、花畑に勢いよく駆け込んでしまう!

「なにかいまぁす!!」

 クリスちゃんが叫ぶと、花畑の一角から花びらが舞い上がり――花をカラフルに纏った巨大蛇のようなモンスターが、私達を余裕で呑み込めそうな程大きな顔を突き出した!?

「メグミちゃん!」

 両腕の盾から撃ち込んで貰えれば!

「ダメだ、近すぎてモモカに当たる!」

 ローゼちゃんとマリアちゃんが持ち堪えているうちに、前に出るしかないか!

「待ってください! 気配が複数あります!」

 リンピョンちゃんが教えてくれた瞬間――モモカちゃんを囲むように同じサイズの花蛇が次々と出現した!!?

「“可変”」

 クリスちゃんが“砲火剣・イグニス”の柄部分を逆手に持つと、刀身部分が下側になるようにL字に変化し、刀身部分に付いていた持ち手が動いて、掴めるように!


「“火炎大砲”――ファイア!!」


 両手で構えた赤黒の剣の先端部分から、炎の弾丸をドン!! ドン!! ドン!! と撃ち込み、全て頭を撃ち抜いて、一発で光に変えてしまうクリスちゃん!!

「……フー、全部片付いたみたいでぇす」
「さすがクリスちゃん」

 訓練でもフリスビーみたいなのを次々と命中させていたけれど、あの状況でも百発百中だなんて凄いわね!

 私だったらテンパっちゃいそう。

「モモカ……私が言いたいことは分かるか?」

 メグミちゃんが駆け寄って安全を確認したのち、モモカちゃんに声を掛けた。

「勝手なことしてごめんなさい……」
「分かってるなら、わざわざ私から言う必要は無いな」

 モモカちゃんの言葉を聞くと、すぐに屈んで頭を撫でてあげるメグミちゃん。

「なんか……羨ましいな」
「サトミ様?」

 私が幼い頃、私がなにかミスをするたびに母が豹変し、つんざくような声で怒鳴られ、口汚く罵られた。

 その異常とも取れる態度は、癌により余命宣告を受けていたから故だったと……私は後から知ったのだけれど……。

 私の記憶の中の母は、優しさを取り繕ったいびつで情緒不安定な女でしかない。

 ……そんなんだから、感情的になると私も変な行動を取ってしまうのかもしれないわね。

 あの……弱い女の娘だから。

「サトミさぁん、リンピョンさぁん……これ見てくださぁい」

 クリスちゃんが、恐る恐るチョイスプレートを見せてくる?


○“甘い花弁の刹那”を手に入れました。


「「……あ」」

「ダンジョン・ザ・チョイス」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く