話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ダンジョン・ザ・チョイス

魔神スピリット

215.下等種族と劣等種

 メグミの一撃が、ドラコニアンの身体を大きく引き裂いた。

《がッ…………――あああああアアアッッッッ!!》

「あああッッ!!」

 怒りに任せるかのように、尻尾の薙ぎ払いによってメグミが地面に叩きつけられて転がっていく!!

「うぅ……」

「この!!」

《ハアハア、ハアハア、”瞬間再生”ッ!》

 傷が、一瞬で消えた!?

「”二重武術”、ハイパワーブレイク!!」

 大剣と光剣を、同時に振り下ろす!!

《――鬱陶しいィッッッ!!》

 瞬間的に身体に襲い掛かってきた見えない力を弾くも、腕には作用しなかった事でタイミングをずらされ、簡単に剣で払われる!!

《誇り高きドラコニアンが、貴様ら地球人に遅れを取るなど――あってはならないぃぃぃッ!!》

 超スピードによる、苛烈な連続攻撃!?

「”神代の盾”、ガードストップ!!」
 
 ”サムシンググレートソード”に青の盾を纏わせ、”盾術”を発動し、剣接触直前に動きを止めた!

《小賢しい真似をッ!!》

「”光輝剣術”――シャイニングスラッシュ!!」
「”金剛剣術”――ダイヤモンドスラッシュ!!」

 ――ルイーサとジュリーが、同時に左右から斬り込んだ!?


《――――下等種族がああああああああああアアアアアッッッッ!!!!》


 さっきまで以上の巨大なパワーに、俺達三人がまとめて吹き飛ばされる!!?

「六文字でもダメか」
「私は……九文字使ってたんだけれどな」

 ジュリーもルイーサも、かなり消耗している。

《ハアハア、他の奴等まで参戦してきたか!!》

「大丈夫ですか、メグミ!! ”薔薇魔法”、ローズヒーリング!」

 再びクリスがメグミに駆け寄り、魔法で癒し始める。

「さっきは……すまん、クリス」
「気にしなくて大丈夫です。ジッとしててください」

 二人を守るように立ち回らないと!

「相手は弱ってる! 焦らずに削っていくぞ!」
「分かった!」
「任せろ!」

 ――メグミの時のように、神代文字を通して三人の感覚が繋がっていく!

 ジュリーが”避雷針の魔光剣”で、ルイーサが”ヴリルの聖剣”で斬り込む!

「”竜剣”!!」

 ジュリーの背後に回ったドラコニアンに、俺が剣を飛ばし、わざと迎撃させる!

「金星球!! ”回転”!!」
《ぬお!!?》

 隙を突いて金星を叩き込み、”回転”を加えることで動きを止めてくれるジュリー!!

「”瞬足”跳躍”!!」

 ルイーサお得意の高速移動により、聖剣でドラコニアンの脇を切り裂くことに成功!

《いい加減にしろぉぉぉぉッッッ!!!》

 ――ルイーサは背後から念で弾き飛ばされ、ジュリーは跳ね返ってきた金星を回避するために上空に逃れる!

「”神代の光剣”!! ハイパワーフリック!!」

 ”偉大なる英雄の光剣”の刃を七メートル程に変え、青白い刃で突きを放つ!

「”魔力砲”!!」
「”嵐の穿風”!!」

 更にジュリーが上空から、ルイーサが”ストームブリンガー”で援護してくれる!

《がああああああああああああアアアアアアアアアアッッッ!!!》

 すんでの所で、こちらの攻撃を防ぎ続けるドラコニアン!

 だが、限界は近いはず!!

「――ジュリー、ルイーサ!! 全力で行くぞ!!」
 
「「おうッ!!」」


 ――ジュリーの翼に神代文字が九文字刻まれ――――三人の力が共鳴していく!!


「「「あああああああああああああああッッッ!!!」」」

《そんな……バカなぁぁぁぁあああああああああああッッッッ!!!!》

 ドラコニアンの見えないパワーを突き破り、ようやくまともにダメージを入れられた!

「ハアハア、ハアハア」
「もう……無理」
「……文字の力……これ以上は」

 二人が膝を付き、粗い呼吸を繰り返す。

 正直……俺もとっくに限界を超えている。

 今はハイになっているからなんとか意識を保てているけれど、気を抜いた時の反動が恐いな。

《か……がぁ……ぁぁ》

 なぜまだ生きているのか不思議なくらい酷い有様なのに、俺の勘が、まだ気を抜くなと訴え掛けている。

《――がああああああああああああアアアアアッッッッッッッ!!!!!?》

「ハアハア……なんだ?」

 身体の肉が膨れ上がって、収縮し……赤黒い光を立ち上らせていく!?

「このエフェクトは……」
「まさか……パラサイトコア? ――コセ!!」

 ジュリーの焦った声に飛びだそうとするも、身体が重い!!

「”逢魔転剣術”――オミナススラッシャー!!」
「”混沌魔法”――カオスレイ!!」

 トゥスカのブーメランがドラコニアンを両断し、メルシュの魔法が直撃した!

「……」

 一度身体の力を抜いて、”サムシンググレートソード”だけを手に立ちあがる。

「コセ?」

「まだ……終わっていない」

 俺の勘が、まだ強い危機感を訴え続けていた。


《《――オオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオォォォォォォォォォォォォッッッ!!!!》》


 アルファ・ドラコニアンの身体が一回り大きくなり、鱗が棘のように逆立ち、鋭かった眼光は亡者のように空ろで狂気的に!!

 纏う気配は、自身すら壊してしまうのではないかと言うくらい荒々しくて……猟奇的。

《《グオオオオオオオオオオオオオッ!!!》》

 赤い石の剣を手に――トゥスカ達に駆け出してしまう!!

「トゥスカ!! メルシュ!!」


◇◇◇


『く、クククククク!! ドラコニアンが……宇宙最強の戦士が……死ぬまで良いように扱き使われているぞッ!!』

 ”パラサイトコア”。コセという小僧とガルガンチュア、ダークサイクロプスと戦う映像を見て思いつき、施していたが……クククククククククククク!!

『我々を長きに渡って支配し続けたレプティリアン共の最強種が、ボロカスのように戦わされているぞぉぉぉぉッッッ!!』

 ことも知らず、憐れな奴!!

『この戦闘はライブ形式で配信されている……クククククク!! アルバートには悪いが、無理にでもオッペンハイマー様に頼んで良かった!』

 これで、このゲームの運営者として、私には盤石な地位が約束されたも同然!!

『いずれは、オッペンハイマーを追い落として、私が運営の総括を任ってくれよう! ハハハハハハハハハハハハハハハハハハッ!!』

「ダンジョン・ザ・チョイス」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く