話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ダンジョン・ザ・チョイス

魔神スピリット

214.泰然なる高潔竜の雄叫び

「ハッッ!!」

 瞬発的な気合いの込めにより、超速で斬り掛かってきたドラコニアンの剣撃を正面から弾く!

《下等種族風情がッ!!》

「”神代の剣”!!」

 ”サムシンググレートソード”に青い刃を纏わせ、カウンター狙いで斬り込む!

《貴様ぁぁぁ!!》

 頬の辺りを、少し斬っただけで躱されてしまう!

 奴の方が圧倒的に速いため、俺はカウンターを狙うしかないって言うのに。

「その見下す発言。以前に会った、レプティリアンを名乗っていた奴等と根本的に同じだな」

《――――ッッ!!! 貴様……あんな雑種共と俺達ドラコニアを……一緒くたにしたのか? あ? ――――ふざけるなぁぁぁぁッッ!!!》

「どっからどう見ても同じだろう」

 強さだけは、理不尽なほどに違いすぎるけれどな!

「”壁歩き”――”跳躍”!!」

 足の裏を引っ付け、本来なら転んでしまうほど姿勢を低くし、”跳躍”で前へと高速で跳ぶ!

「”飛王剣”!!」
《図に乗るなッ!!》

 高速で左に移動するのが――かろうじて見えた!!

「”瞬足”!!」

 スキルを利用して急な方向転換をし、食らい付いていく!

《ッッ!?》
「ッ!!?」

 もう少しでグレートソードをたたき込めると言うところで、身体が一瞬引っ張られ、機を失う!!

 すぐに鎧の光を弾かせて吹き飛ばした物の、一瞬でも動きを阻害されると厄介だ!

《か、下等種族の身体を使いながら……ライトワーカーめ!! 本来地球に干渉が許されない貴様ら銀河連合が、薄汚い手を使ってまで、俺達の邪魔をするなッ!!》

「お前達がルールを破って、地球の原生生物に手を加えたのがそもそもの始まりだろう……私も、人のことは言えないがな」

 メグミさんが横に並ぶ。

 どうやら、クリスに治療されて、動けるまでに回復したらしい。

「コセ……色々聞きたいことはあるだろうが、今は力を合わせて欲しい」
「メグミさん……メグミなら、自然に信頼できるから問題ない!」
「……変な奴……でも、ありがとう」

 ――競馬村でレプティリアンと戦った時以来の、神代文字が共振する感覚が込み上げる!

 トゥスカの時のように、メグミの心と繋がっていく。

「これが……高次元生命体の共心能力か!」

 メグミが歓喜の声を上げると、”泰然なる高潔の哮り”に神代文字が九文字刻まれた!

《裏切り者が……高次元に至ろうと言うのか!!》

「生まれながらに隷属の因子を刻まれた、シーカー以外のレプティリアンには、決して到達できない領域。いや、たとえシーカーであっても、低周波に順応しすぎて……いずれは、滅びる運命なのだろうな」

《黙れ!! 地球人如きが、我々を蔑むなッ!! 貴様らとて同様であろうに!!》

「黙るのは貴方の方です、野蛮なるレプティリアン」

 冷徹を思わせる空気を携え、流暢な日本語で語り出す……クリス?

「世界中で子供の誘拐を助長させ、人攫いを専門とした犯罪組織を作らせた者達の元凶。これまで犠牲となった何億人もの人達の無念――ここで晴らさせて戴きます!」

 これが、クリスティーナという人間の本質。

《金髪に碧い瞳の白人……ククク、レプティリアンの遺伝子が色濃く受け継がれている証ではないか》
「雑種とやらの末裔であることは否定しません」

「クリスも、色々隠していた事が多そうだな」
「私も、メグミさんと一緒に色々話させて戴きます。オケ?」
「ああ、オーケーだ!」

 今のクリスは、信用しても良さそうだ。

 猫を被っていたから、嫌だという認識が強かったのかな?

《――ライトワーカーも裏切り者も、纏めて殺してやる――殺してやるぞッ!!》

「”薔薇魔法”――ローズフラッシュ!!」

 クリスが放った薔薇の吹雪を、赤い石剣の一閃で吹き飛ばし――突っ込んできた!

「”竜技”、ドラゴンブレス!!」

 ”ドラゴンの顎”から放たれた事で、メグミの攻撃が強化される。

《それがどうしたッ!!》

 また、見えない壁に防がれる!

「これならどうだ!」

 ”泰然なる高潔の哮り”から、神代文字のエネルギーが流れ込んで――ドラゴンブレスの威力が増強された!!

《ガアアあああああッッッ!!!?》

 障壁を破り、左肩を負傷するドラコニアン!

「”瞬足”!」

 俺は二振りの剣に九文字刻んだまま、斬り込む!

《図に乗るなと言ったぞォッ!!》

 超速の横振りを咄嗟に剣で受け――吹き飛ばされるッ!!

「”薔薇魔法”、ローズレーザー!!」
《鬱陶しい!》

 見えない壁でレーザーを防ぎながら、クリスとの距離を詰めていく!

「くッ!!」
《弱者は、さっさと消えろ!》
「”竜光弾”!!」

 メグミが、クリスを援護しようとする!

《はッ!!》

「キャアアアアあああああッッ!!」

 ”竜光弾”が不自然に逸れて、クリスのガードした剣にぶつかって吹き飛んでいく!?

「しまった!」
《さすがは下等種族! 知的生命体でありながら同族で殺し合うのは、宇宙中探しても貴様らぐらいだぞ!》
「――いい加減に黙れ!! ”竜剣”!!」

 青緑の剣を出現させ、ドラコニアンへと飛ばすメグミ。

 俺は彼女を信じて、駆け出す!


●●●


「”回転”、”大剣術”、ハイパワーブレイド!!」

《それがどうした!!》

 念能力で、”竜剣”を止めに来た!

「”拒絶の腕”、”回転”!!」

 もう一度緑の巨腕を呼び出し、叩き込む!

《いい加減にしろ!》

 拒絶の腕も止められた上、私の身体にまで力が及ぶ!

「”拒絶領域”!!」

 念能力を吹き飛ばし、踏み込んで”泰然なる高潔な哮り”の砲身を――腹に翳した!

「”竜光砲”!!」

 TPと神代文字の力を目いっぱい注ぎ込んで、ほぼゼロ距離でぶっ放す!!

 反動で、私の身体が後退した。

《がぁ……貴様ぁぁぁ》

「ハアハア、しぶとい!」

 念能力で、最大限に威力を減衰させたか。

 おかげで、腹の血肉を多少ぶちまけさせた程度に留まってしまう――だが!!

「”二刀流剣術”――クロスブレイク!!」

 コセが回り込んで、剣を交差させながら強烈な衝撃を叩き込んでくれた!

《き、貴様らはッ!!》

 左腕は損傷させたけれど、念能力とあの赤い剣で耐えきったか!!

 だけれど――コセの奮戦を見て、私の焦燥は消えている。

 宇宙最強の戦士が相手であろうと、負ける気がしない!!

《オアアアアッッ!!》

「がああッッ!!!」

 一瞬で”竜剣”と巨腕を斬り砕かれ、肉迫し、振り下ろされた剣を両腕の盾で防ぐ!!

 神代の力を発していない”ドラゴンの顎”に、罅が入っていく!?

「メグミ!!」
《引っ込んでいろッ!!》

 コセを念による衝撃波が何重にも襲い、距離を離されてしまう!

 それだけ、コセを恐れている証!

《まずは、愚かなるシーカーの転生者。貴様から死ね!! ひ弱な地球人に転生したことを恨みながらな!!》

「私は、自分が地球人に転生した事に――感謝すらしているんだ!!」

 こうして、他者と深く心を通わせ、闇の勢力最強であるドラコニアンに正面から挑んでいることを――誇らしくすら思っている!!


「かつての我が同族が生み出した罪、お前を葬ることで――少しは清算して見せよう!!」


 ”泰然なる高潔の哮り”が輝き―――細部が変化し、砲身とは真逆の位置に竜の頭の意匠が刻まれ、そこからメタリックレッドの鋭い二本の牙が生える!!

「”深淵盾術”、アビスバニッシュ!!」
《まだ抗うか!!》

 剣を弾き上げ、生まれ変わった”泰然なる高潔竜の雄叫び”を反転させ、牙の方を前面へ!!

 今なら、念能力のほぼ全てをコセに集中させているはず!

「”高潔竜の雄叫び”!!」

 竜属性攻撃を、ランダムで数倍に高める効果を使用!!

「”竜爪術”――ドラゴンブレイズ!!」

 赤々とした爪に竜と神代文字の力を結集し――アルファ・ドラコニアンの胸を、大きく引き裂いた。

「ダンジョン・ザ・チョイス」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く