話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ダンジョン・ザ・チョイス

魔神スピリット

212.龍意のケンシVS高位騎士の爬虫人類軍団

「邪魔!!」

 指輪から出現させた金剛の巨腕を振るって、パラディンリザードマンを薙ぎ払う!

「”煉獄魔法”、インフェルノ! ”氷獄魔法”、コキュートス!!」

 特殊レギオン戦で殺した者達から入手した、二種属性魔法を同時行使!

『『ギャォォォォォォォォオオオオ!!』』

 制圧力の強い魔法でも、個体の能力が高い相手だと厄介! スタンピードラットのように一撃で倒せる方がまだマシか!!

『ギャオオオオ!!』
「くッ!!」

 巨大な鎚で金剛の巨腕を打ち付けられ、吹き飛ばされる!!

「メルシュ!」

 トゥスカが、私を庇うようにパラディンリザードマンに挑んでいく!

「コイツらの武具……随分な大盤振る舞いじゃない」

 四百体のパラディンリザードマン全てが、Cランク以上の武具を手にしている。

 今のところ、ドラコニアンの剣以外Sランク武具は見当たらないけれど、Aランクの武具はチラホラ見えていた。

 トゥスカが戦っている個体の持つ武器は、”破天の巨鎚”Aランクだし。

 今朝、件も考えると、今後のためにもB以上は全て入手したい所だけれど……アルファ・ドラコニアン相手じゃそうも言っていられない!

「マスターの援護に行きたいんだけど……暫くは無理か!」

 マスター達に近付こうとするパラディンリザードマンを牽制して、他の仲間も守ることの方が最優先。

 ――三つの武具に九文字も刻んで、激しい攻防を繰り広げているけれど……マスターだけじゃ分が悪い。

 さっさと数を減らして、ユイ辺りに援護に入らせないと!


●●●


「”光輝剣術”――シャイニングブレイク!!」

 ”パラディンストーンの剣盾”で槍を去なし、間合いを詰め、”ヴリルの聖剣”の一撃で消し飛ばした。

 その余波で、数体のパラディンリザードマンの動きを止めることに成功!

「”冥雷魔法”、サンダラスヘル!!」

 私が作った隙を突き、黒雷をお見舞いしてくれるアヤナ。

 だが、最初の一撃を無効にする能力により、雷を浴びた半数が生き残っている。

「行け、ウンディーネ!!」

 水の乙女の剣が、雷で動きが止まっていたリザードマンの首を切り落としていく。

 さすがフェルナンダだ。

「お姉ちゃん!」

 アヤナに斧で斬り掛かったリザードマンの一撃を、アオイが”ドラゴンジャマダハル”と鞭で防ぐ!

「アオイ!」
「お任せを!」

 瞬時にノーザンが、燐光振り撒く青い斧で胴を切り裂いた。

「そうか、神代文字で強化した状態で戦えば、スキル無しでも倒せる!」

 武術や魔法じゃないから、初撃を無効にされる事もない!

「ルイーサさんは文字を温存していてください! 僕が全力で数を減らすので、余裕ができたらコセ様の援護をお願いします!」

 確かに、コセが戦っている奴は、強さが桁違いみたいだけれど。

「”雪玉発射”!!」

 ”雪玉発射”のように、武術でも魔法でもない攻撃手段なら、効率的……とも言えないか。

 単調な攻撃だと、対処されてしまっている。

 サトミ達の”魔力砲”くらい威力があるなら別だろうが。

「判った! 装備セット2!」

 右手に”ストームブリンガー”、左手に”不知火の直刀”を手にする!

「”白骨火葬”!!」

 白灰の煙をぶつけ、リザードマン共の肌を焼く!

「”氷光の鎧”!!」

 青い光の、硝子のような鎧を纏って斬り込むノーザン。

「”激鞭術”、パワーラッシュヒット!!」

 アオイの鞭が、次々とリザードマンの無効化能力を誘発させていく!

「私の妹に近付くな!」

 スキルの使用で動きが止まっていたアオイを狙ったリザードマンを、今度はアヤナが、”テクニカルロッド”で操る”重銀のメタルクラブ”で打ち据える!

「やるじゃん、お姉ちゃん!」
「これでもお姉ちゃんだからね!」

「”精霊魔法”、サラマンダー!!」

 アオイが無効化能力を使わせた個体を狙って、赤い炎の蜥蜴が熱線を放っていく。

 それでも、倒しきれない個体が少なくない!

「”嵐の穿風”!!」

 元気な個体に狙いを定め、”ストームブリンガー”の効果で喉を貫き、絶命させる!

『キキェェェえええ!!』
「あああッ!!」

 ――盾を持った奴に、顔を打ち付けられたッ!!?

「”伸縮”!!」

 なにかがリザードマンの首を貫き、動きが止まった!?

「”闘気剣”!!」

 ”不知火の直刀”にオーラを纏わせ、盾持ちの首を刎ねる!

「助かった、クマム!」

 私を救ってくれたのは、少し離れた位置で、ナオやユイ達と共に戦っていたクマムだった。

「絶対に生き残りましょう! ルイーサさん!!」

 初めて会った頃に比べると、だいぶ勇ましくなったよな。

「私達が数を減らすまで、もう少しだけ耐えろよ、コセ!」

 まだ、私はあの時の返事をしてないんだからな!


●●●



「――――ハッ!!!」


 マスターユイが、”波紋龍閃の太刀”に九文字刻んで、一刀ごとにパラディンリザードマンを斬り伏せていく。

 アルファ・ドラコニアン……奴の念能力に対抗するには九文字くらいは必要だろうが、とにかく早急に数を減らさないと死人が出かねない!

 マスターはボス戦で神代文字を無理に引き出して消耗しているし、ドラコニアンと戦うのはもう無理だろう。

「”魔力輪廻”!!」

 ”輪廻の業剣”にMPを吸わせ、強化した切れ味に任せて、アタシも鎧ごと両断していく!

 Sランク武器を使っているけれど、さすがにマスターほど効率的には倒せないか。

 相手に対処させずに一振りごとに絶命させるとか、アタシのマスターは本当に規格外だよ。

 でも……だからこそ、次のステップに進めるのかが心配なんだよね。


●●●


「タマ!!」
「スゥーシャ!!」

 白い人魚と猫が、銛と槍に三文字を刻んで、淀みない連携を取ってパラディンリザードマンを着実に倒していく!

 あの二人……いつの間にか呼び捨てになってるし。

「ここまで植物がまるで無いとは……申し訳ありません、マスターユリカ。このステージでは、私は大して役に立てません」

 隠れNPCであるドライアドは、植物の有無で強さが左右される。

 荒野と言うだけあって、この地には植物がまったくと言って良いほど見当たらない。

「なら、私のサポートをお願い!」
「畏まりました。”古代魔法”、オールドスプラッシュ!」

 パラディンリザードマンに無効化能力を使用させ、動きまで一時的に止めてくれた!

「”煉獄魔法”――インフェルノブラスター!!」

 四体のリザードマンを、纏めて消し飛ばす!

「これじゃ効率が悪いわね!」

 私達が駆除するよりも、新手が穴から這い出てくるスピードの方が早い!

「……ヨシノ、ちょっと無茶するわ。守りはお願い」
「分かりました、マイマスター。御身は、必ずやわたくしがお守りいたします」

 ヨシノは固いわね。

 ――”煉獄は罪過を払いけり”にTPを吸わせ、文字を六つ引き出す。


「”二重魔法”、”星屑魔法”――スターダストシューティング!!」


 白銀の星々を神代文字で強化し、任意で操作可能なスターダストシューティングを操り、無効化能力を消費させて効率的に倒していく!

 スターダストシュートと違ってMPを強制的に半分取られることは無いけれど、その分威力は落ちる。

『ギェェェッ!!』

 パラディンリザードマンのうちの一体が飛び立ち、紫の炎の翼でコセとメグミが居る方に向かおうとする!!

「”植物魔法”、バインバインド!!」

 蔦を伸ばして、動きを止めてくれるヨシノ!

「でかしたわ、ヨシノ!!」

 すぐにスターダストシューティングの一部をぶつけ、葬り去ったcjっ3っh!!

 ――ヤバい!!

「ハアハア、ハアハア」
「お疲れ様です、マスター」

「まだ、ハアハア、六文字を維持しながら……戦うのは……ハアハア、難しい」

 背後では、そんな次元の遥か先を行く戦いが繰り広げられているのに。

 コセの背中……遠いは。

「でも……諦めないって決めたしね」

 どこまでも、食らい付いてやるんだから!!

「ダンジョン・ザ・チョイス」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く