話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ダンジョン・ザ・チョイス

魔神スピリット

210.突発クエスト・地上へと這い出る者共を討伐せよ

『テステス、アー、アー……これより、突発クエストを開始する』

 若干の愉悦混じりの、男の声が響く。

『突発クエストは、地上へと這い出る者共を討伐せよだ。リーダーに率いられたパラディンリザードマンの軍勢、四百体を相手にしてもらう』

「パラディンリザードマン!? 五十ステージより後に出て来るモンスターだぞ!」

 ジュリーが焦っている? それだけ厄介なモンスターということか。

『リーダーが倒されればクエストはクリア。だが、それまでにパラディンリザードマンを全滅させれば、オールランクアップジュエルを40個プレゼントさせて貰う』

「オールランクアップジュエル……どの装備アイテムでもランクアップさせられる希少アイテム。随分大盤振る舞いだね……」

 メルシュの顔が険しくなる。

 報酬が良いって事は……厄介な仕掛けがありそうだな。

『君達が村の中心地に辿り着いたとき、クエストは開始される。ちなみに、魔法の家に戻るのも建物の中に入るのも、クエストを終えるまで不可能だ』

 猶予を与えているようで、全然与えていない。

 クエストに挑まなければろくに休むことも出来ないし、せいぜい出来るのは、装備を見直すか心の準備をしておくくらいか。

「各々のパーティーリーダーは、準備が出来たら教えてくれ」
「コセ……」

 モモカが手を引いてきた?

「どうした?」
「……オシッコ」

 脚をモジモジさせている。

「ボス戦の前に行かなかったのか?」
「行ったけど……」

 小さいうちは、身体に溜められる量が少ないもんな。

「……やっぱりペドファイル」
「お前、ちょっと黙ってろ」
「ご、ごめんなさぁい……コセさん恐いでぇす」

 クリスめ……俺を嫌っていないのは分かるが、謂われのない発言をしないで欲しい!

「モモカ、これを使って」

 トゥスカが、外からは見えない簡易トイレを用意してくれる。

 魔法の家を手にしてからはあまりお世話にならなくなった、低級のチケットで交換できるトイレ。

 そう言えば、低級のチケットは貯まる一方だな……あり過ぎて困るという事もないけれど。

「他人に尿意を訴えるなんて、モモカはまだまだエレガントなレディーには程遠いわね」
「幼い子にオシッコを我慢させようとするなよ。下手したら死にかねないくらい身体に悪いんだから」

 ローゼの発言にツッコんでくれるマリア。

 俺が言ったらまたペドファイルとか言われそうだから、マリアには感謝だな。

 ……尿意や便意で誰かにからかわれたりすると、恥ずかしさで無理に身体に我慢させて、便秘体質になったり、最悪尿の我慢のしすぎで膀胱が破裂したり、便を詰まらせて死ぬことだってある。

 便通が悪くなれば鬱を誘発し、免疫能力の低下による感染症リスクも増加。

 他人にストレスやトラウマを与えるという行為は、世間的な認識よりもずっと重い。


             ★


 モモカが用を足し終える頃には、全員の準備が完了。

 村の、荒れた土地の中央へと向かう。

「パラディンリザードマンは”思念障壁”というスキルを持っていて、一度だけ武術、魔法による攻撃を完全に防ぐから注意して」

 メルシュから説明を受けながら移動していると、機械的な女性の声が響いた。

『突発クエストを開始します』

 集まったのは俺達だけ……やっぱり、この貧村に他のプレーヤーはいないんだな。

 つまり、今回も俺達のレギオンが狙い撃ちにされたわけだ。

 もしかしたら、スゥーシャの姉に挨拶出来るかもと思っていたのだけれど。

「来たようです」

 ノーザンの声が合図であったかのように、村の周りの穴から青黒い肌のリザードマンタイプのモンスターが這い出てくる。

 ただし、第一ステージなどで遭遇したリザードマンより一回り大きく、金の装飾の入った銀の鎧を身に着けていた。

 手にしている武器もバラバラで、同じ戦い方が通用するほど甘くはなさそうだ。

「予定通り乱戦は避け、この場所を防衛拠点と考えて対処! パーティーメンバーごとにまとまって行動しろ!」

 這い出てきたパラディンリザードマンから駆け出し、攻撃を仕掛けてくる。

「接近される前に一撃いれて、無効能力を消費させて! ”万雷魔法”、トワイライトスプランター!!」

「”氷獄魔法”、コキュートス!!」
「”颶風魔法”、ストームダウンバースト!!」
「”混沌魔法”、カオススター!!」
「”煉獄魔法”、インフェルノ!!」
「”光線魔法”、アトミックシャワー!!」
「”氷炎魔法”、アイスフレイムバレット!!」

 ジュリーの魔法を皮切りに、リンピョン、サトミ、メルシュ、ユリカ、アヤナ、ナオの魔法が放たれ、障壁をわざと展開させる。

 たまたま二種の魔法を浴びた個体もいたが、倒せたモンスターは一体も居ない。

「”飛王剣”!!」

 先頭のパラディンリザードマンにぶつけるも、ブラウンの大斧で防がれてしまう!

 思っていた以上に手強そうだ!

「”逢魔転剣術”、オミナスブーメラン!!」

 トゥスカが”荒野の黄昏の目覚め”を投げるも、リザードマン二体に受け止められる。

「”回転術”――ハイパワーローリング!!」

 橙のV字ブーメランを高速回転させ、威力を増強させた!?

 メルシュが言っていた、”回転術”と”転剣術”を組み合わせた強化方法って奴か!

 逢魔の暴威と組み合わせたのもあり、二体のパラディンリザードマンが両断され、光に還っていく。

「予想よりも強いぞ、コイツら!」

 黒い剣槍である”巨悪を穿て”と”レーザーソード”を同時に振るって、パラディンリザードマンを確実に葬っていくザッカル。

「”禍鎌切”!!」

 ザッカルを狙って攻撃モーションに入ったリザードマンの首を、カナが的確に狙って切り裂いた。

「サンキュー、カナ!」
「どう致しまして!」

 意外と息が合ってるな、この二人。

「思考ルーチンが想定よりも優秀だ! 初撃は確実に防がれると思え!」

 ”精霊魔法”でウンディーネを呼び出し、黒い短剣を手に戦っているフェルナンダが、注意を呼びかけてきた。

 俺も、”サムシンググレートソード”と”グレイトドラゴンキャリバー”で迎撃していく!

 持久戦になりそうな以上、文字の力に頼りすぎるわけにもいかないけれど……追い詰められる前に、俺だけ力を使って数を減らすというのも手か。

「マスター! リーダーらしき奴が出て来たよ!」

 メルシュの言葉に周囲を窺うと、機械的なヘルメットを付けた、赤黒い体表の……リザードマン?

 リザードマンにしては他の個体よりも筋骨隆々で、硬そうな鱗に覆われ、姿勢というか……基本的な骨格そのものが違うような。

 ――ヘルメットのリザードマンが跳躍し、円陣の中央に飛び込まれ――――全員の身体が、勝手に投げ飛ばされた!!?

「ダンジョン・ザ・チョイス」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く