話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ダンジョン・ザ・チョイス

魔神スピリット

204.藍色人魚のキジナ

「試すって、いったいどういうこと!?」
「問答無用!!」

 青味を帯びた黒い銛を手に、斬り掛かってくるキジナ姉さん!!

「う!!」
「”ワッカカムイ”を使っているくせに、私よりも反応速度が遅いとはどういう事だ!」

 姉さんは、歴戦の男の人魚にも引けを取らないほど強かった!

 私が勝てるわけ……。

「弱者の目だな」

 ――銛を横に薙いだのを防ぐと、そのまま吹き飛ばされてしまう私!!

「スゥーシャさん!!」

 タマちゃんが助けに入ってくれる。

「いきなりどういうつもりですか!」
「邪魔をしないで貰おうか、獣人の娘。これは姉妹の問題だ」
「姉妹?」
「……本当です、タマちゃん」

 私達家族に、ずっとデルタに立ち向かうことを訴えていた姉さん。

「私を……私達家族を……恨んでるの?」
「……フハハハハハハハハハハハ!! スゥーシャ! まさか自分達に、恨まれる価値があるとでも思っていたのか?」
「……へ?」

 キジナ姉さんの予想の斜め上を行く反応に、困惑してしまう。

「デルタに捕まってこの世界に連れて来られたとき……私はただただお前達家族に――失望したんだよ」

 誇り高かったキジナ姉さんが、悪意を滲ませている。

「恨んだとすればそれは……お前達家族に期待していた――私自身にだ!!」

 ――――姉さんの銛に、神代文字が刻まれた!?

「いけ好かない奴等が白い人魚の話をしていたから、わざわざ待っていてやったというのに、我が妹は相も変わらずくだらぬ!」

「幾らなんでも言いすぎです!」

 タマちゃんが、”蒼穹を駆けろ”に文字を三文字刻んだ!!

「フン! スゥーシャ、お前は愛想だけは良いからな。どこぞの男に媚び諂って買って貰ったのだろうが……せめてもの慈悲だ。これ以上生き恥を晒させないでやる」


「……キジナ姉さん。今――コセ様をバカにしたの?」


「……す、スゥーシャさん?」

 ――酷く冷たく、それでいて無機質な感覚が、青い奔流となって流れ込んで来る。

「……三文字どころか、四か五を行ったり来たりか。やっぱりお前は……」

「姉さんは良いよね。後先考えずに言いたいことが言えて」
「なに?」

 タマさんの前に出る。

「お父さんとお母さんと喧嘩した後、いったい誰が場を収拾してたと思っているの? 姉さんがデルタを否定するたび、臣下の者達を動揺させぬよう誰が配慮してたと思っているの?」

 これ以上、この感覚に委ねてはいけないと思いながらも――堰を切ったように、感情を止められない!

「す、スゥーシャ?」


「――たまには、ちゃんと責任取ってよ」


 ”天の白河は流れる”を――殺すつもりで叩きつける!!

「くッ!! これがスゥーシャだと!?」

 姉さんの頬を尾びれで打ち付け、吹き飛ばす!

「ごめんね、姉さん――殺したくなって来ちゃった」

 肉親とか、友人とか――――情なんて物に囚われるのが、この世のなによりもくだらなく思えてきたから。

「ッ、”ワッカカムイ”!!」

 姉さんが神の威を借る。

「早く消えてよ、姉さん」
「やはり、睨んでいた通り……お前の方が親和性を」

 銛を引き、姉さんの身体に深々と突き刺すために集中力を高めていく。


「それ以上やるなら、私も黙ってるわけにはいかない」


 ――銀の甲冑を纏った黒紫色の有翼の馬が現れ、その上には癖っ毛をポニーテールにした黒い皮膚の女性が。
 その女性は、黒と紫の騎槍と、尖った盾を手にしている。

「ガブリエラか……」
「こんなところで、大事な仲間を失うわけにはいかない。目的を達成するまでは」
「……そうだったな」

「邪魔するなら、貴女から殺しますよ?」


「その時は、残念だけれど貴女を殺さないといけなくなる」


 黄金と赤い鎧を着た、金のメッシュ入りの黒長髪女性が、タマさんの”蒼穹を駆けろ”のように騎槍で飛行し、下に噴射させながらゆっくりと降りてくる。

 その槍には、ユイさんの刀を思わせるような刃が生えていた。

「キジナ、我が儘はここまでよ。早くアテルに追い付かないといけないんだから」

「ああ……もう用は済んだよ。付き合わせて悪かったな、ミユキ、ガブリエラ」

 あの姉さんが……他人に対して気を許している?

「――邪魔しないでって言ってるのにッ!!」
「落ち着いてください、スゥーシャさん!」

 た、タマちゃんに羽交い締めにッ!!

「は、離して!! あのバカ姉のせいで、私がこの十数年間どれだけ苦しんだ事かぁぁぁぁああああああjrd3うgfjc3いくぁgr3ッッッ!!」


●●●


「は、離して!! あのバカ姉のせいで、私がこの十数年間どれだけ苦しんだ事かぁぁぁぁああああああjrd3うgfjc3いくぁgr3ッッッ!!」

 あのお淑やかで気品のあるスゥーシャさんが、もの凄い力で暴れている!?

「タマとか言ったな。妹の事は頼んだ」
「へ!? ちょ、待ってくださいよ!!」

 この状態のスゥーシャさんを、置いて行くんですか!?

 ミユキという人の赤と黒と黄金が入り混じる騎槍を、キジナという人が掴む。

「それと、次のステージの隠れNPCであるパイレーツは、今頃アテル達が手に入れているはずだ。じゃあな」

 ガブリエラって人の天馬と共に、三人が猛スピードで去って行く。

「あ、あの人、本当にこの状態のスゥーシャさんほっぽってどっか行っちゃったし!」

 スゥーシャさんが怒るのも、無理ないかもしれない。

「クソ姉さぁあぁぁぁああああんんんいぃぃjd3fhで3rsh3いhcgッッッ!!!!」

 ――うそ、神代文字が六つも刻まれてる!

 それどころか、七つ目まで光が灯り始めてる!!

 こ、このままだとマズい!!

「た、確か、コセ様が暴走したときの対処法を聞いていた気が……へと、へとへとへとへと!」

 どうしよう! !!

「うぎゃああj3んdrsk3っdc3jtくぁfhgkッ!!!」

 ――文字、七つ目まで完全に刻まれたッ!?

「スゥーシャさん――ごめんなさい!!」


 ――――スゥーシャさんの唇を……私は奪った。


「――ん、んんッ♡♡!!」

 す、スゥーシャさん、自分から積極的に舌を絡めてき――はうっ♡

「…………あれ? 私はなにを……タマさん? なんか顔が赤い……――――ふにゅッ♡♡!!!」

 ようやく……正気に戻ってくれた……。

 スゥーシャさんの顔が真っ赤で……凄く……恥ずかしいッ…………ニャーー♡♡♡!!

「ダンジョン・ザ・チョイス」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く