話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ダンジョン・ザ・チョイス

魔神スピリット

187.魔神・銛人魚

「魔神・銛人魚は、その名の通り銛を使う巨大人魚だよ。危険攻撃は“銛術”のハープーンブレイク。弱点属性は雷。有効武器は銛だよ」

 銛を使う相手なのに、有効武器も銛なのか。

「空中を自在に泳ぎ回るし、ステージの中央が水槽になってるから気を付けて」

 中央部分が水槽ってどういう感じなんだろう? 昨日のうちに図で説明されたからおおよその察しはつくけれど、イマイチ感じが掴めない。

「じゃあ、お先に」

 ジュリーをパーティーリーダーとする、サキ、サトミさん、リンピョン、メグミさん、クリスの六人がボス部屋の中へ。

 雷に特化したジュリーが居るし、もっとも楽に突破出来るパーティーだろう。

 サキが“シュメルの指輪”を装備しているため、隠れNPCが二人でもパーティーを組める。

「今回の隠れNPC、エスパーもダメだったか」

 メルシュが呟く。

「地下八階のモンスターを全滅させるんだったな」
「そうすれば、“紫の水晶玉”って言うのが手に入る予定だったんだけれど、条件的に偶然発見されててもおかしくないからなー」

 これまでの入手条件の中では、かなり楽な方だったな。

 モンスターの数も死角も多いから、大変っちゃ大変だったけれど。

 頑張ったのは、クマムとスゥーシャの居るパーティーだけれど……二人のLvは、レギオン内ではまだまだ低いからな。

「昨日はあれで時間を使いましたが、スキルカードがドロップしたから良かったじゃないですか」

 トゥスカがメルシュを励ます。

「アイツから手に入るスキル、結構便利だったからさ」

「敵として遭遇した場合の心配じゃないんだ」
「まあ、そっちも心配っちゃ心配だけれど」

 先に進めば進むほど、このゲームの先駆者と戦う事になるかもしれない。

 幾ら強い装備やスキルを手に入れても、常に引き締めていかないとな。

 例のごとく、お役目に預かれない蒼い妖精に手を合わせた。

「……マスターはなにをしてるの?」


●●●


 ボス部屋の奥で、蒼く発光し始める魔神・銛人魚。

「ワー、あんなにおっきいぃですか。ビッグ、マーメイド!」

 クリスが怯え……るどころか興奮している様子。

「クリスちゃんは、感じを掴むためにも今日は見学ね」
「ハーイ! 分かりまーした!」

 サトミさんが手綱を握っているようだから、取り敢えず安心……かな?

 ……アメリカ出身の日本留学生をわざわざ隠れNPCに……もし私の予想が最悪の方に当たってるなら……彼女はデルタ側の人間かもしれない。

 数日掛けて色々説明したとはいえ、早々に現状を受け入れている気がするし。

 確証がない以上、コセ達にはまだ秘密にしておこう。

「“二重魔法”――ヘブンスプランター!!」

 白い爪の生えた雷を二柱迸らせ、動き出した銛人魚の両肩に突き刺した。

「金星球、“回転”、“磁力”!」

 動きを止めたところに金星球を当て、壁にめり込ませながら削っていく!

「サトミさん!」
「分かったわ!」

 二人で四つのトワイライトスプランターを発射して、金星球を強化!!


『ギャアアあああああああああああああああッッッ!!!!』


 開始一分足らずで、勝負が付いた。


●●●


 ジュリー達が終わったあと、俺、トゥスカ、メルシュ、クマム、スゥーシャの五人でボス部屋に入った。

「“二重魔法”、“万雷魔法”――トワイライトスプランター!」

 開始早々にメルシュが雷を浴びせると、銛人魚が猛スピードで部屋の中央へ移動。

 次の瞬間、真ん中の溝から、一面を塞ぐ形で水が噴き出た!

「これが水槽か。スキルや武具効果の威力を半減させるんだっけ」
「どうする、マスター?」

「私が行きます!」
「私も!」

 クマムとスゥーシャが突撃してしまった!

「大丈夫かな……」
「Lv的には余裕なくらいかな」
「じゃあ、ひとまず任せてみますか」

 装備もスキルもそれなりに充実したはずだし、大丈夫かな?

 ジュリーがくれた新しいスキルを試したかったけれど、まあ良いか。


●●●


「“一角水魚”」

 数日前に殺した、人魚の腕輪を使用。

 水のカジキの背鰭に掴まり、水槽の中に飛び込みます!

 真っ白なトライデント、”天の白河は流れる”を握りしめ――突撃!

 巨大な石の人魚が、石の銛に光を纏わせて投擲してきた!

 メルシュさんが言っていた――危険攻撃!

「“渦の障壁”!」

 “天の白河は流れる”の能力で、前の持ち主よりも強化された状態で発動!

 三つ叉の石槍を押し留め、その隙に水のカジキでお腹部分に突撃!!

「”深淵槍術”――アビスブレイク!!」

 石の人魚の一部を破壊し、大きな亀裂を入れた状態で、コセ様達が居る方に水槽から押し出す!

「きゃあああああああッッ!!」

 地面にぶつかった反動で弾かれて、空中をグルグルと回ってしまう!

「スゥーシャさん!」

 クマムさんが、花のようなデザインの脚甲から竜巻を放ちながら……私を受け止めてくれた?


●●●


「“竜巻噴射”!」

 三日前に戴いた“白百合の竜巻脚甲”の靴底から緑の竜巻を発生させて、スゥーシャさんを抱き止める!

「スゥーシャさん!」

 勢いが止まったのち、スゥーシャさんを離す。

 人魚って、みんな空を泳げるんですよね。不思議です。

「ぅぅ……目が回って……」
「あとは私が!」

『ギエエエエエッッ!!』

 魔神が浮かび上がり、空中を泳いで迫ってくる!

「“疾風迅雷”、“尖衝武装”!」

 雷と風を脚から迸らせ、“伸縮のレイピア”に赤い光を纏わせ――突撃!!

「ハイパワーフリック!!」

 眉間に突き刺すと、激しく暴れられる!

「パワーニードル! “伸縮”!」

 パワーニードルで防御力を無視し、刀身を伸ばして深々と突き刺す!

 新しく手に入れたスキル、ここで試させて貰います!


「――“共振破壊”!」


 相手に突き刺した武器が深く入り込んでいればいるほど、ダメージを増加させるというスキル!


『ギャあああああああああああああああああッッッッ!!!!』

 
 レイピアが強く震え、それ以上に魔神が強く震えて――――粉々に弾けた。

「や、やった……」


●●●


「……二人とも強くね?」

 あっという間に倒しちゃったよ?

「“共振破壊”を上手く使ったね。スゥーシャも、最初はどうなるかと思ってたけれど、いつの間にか凄く強くなってる」
「神代文字もSランク武器も無しでこれですから、大した物だと思います」

 Lv差が埋まったら、俺より強いんじゃないか?

○おめでとうございます。魔神・銛人魚の討伐に成功しました。


 いつものように、チョイスプレートが出現。

○ボス撃破特典。以下から一つをお選びください。

★銛人魚の三つ叉銛 ★銛術のスキルカード
★氾濫魔法使いのサブ職業 ★遊泳の下半身


「この”遊泳の下半身”ていうのが、擬似的に人魚になれるんだっけ?」

「私達は全員、“潜水”スキルのおかげで水中呼吸出来るから必要無いけれどね」
「でも、空を泳げるんですよね?」

 クマム達が戻ってきた。

「お疲れ」
「お疲れ様」
「二人とも、やるじゃん!」

「「ありがとうございます!」」

 初めて会ったときと違い、二人とも良い笑顔を見せてくれる。

「ま、今回は好きなのを選んで良いよ」

 俺は、“氾濫魔法使い”のサブ職業にしておくか。

○これより、第十二ステージの機織りの町に転移します。

「ダンジョン・ザ・チョイス」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く